美瑛 パッチワークの路〜マイルドセブンの丘、北西の丘展望公園

美瑛 パッチワークの路 アイキャッチ画像2

【はじめに】

2ヶ月ぶりに北海道の美瑛に行ってきました。前回初めて富良野・美瑛を訪れた時には美瑛の方がお天気に恵まれず、リベンジの旅です(→関連記事:富良野編美瑛編)。しかも、今回は美瑛のみで3泊4日です。この記事は1日目後半で、「パッチワークの路」散策(マイルドセブンの丘、北西の丘展望公園)が主な内容となります。

【旅程】
★1日目:羽田→旭川空港→美瑛(パッチワークの路)→美瑛泊前半後半
☆2日目:美瑛→美馬牛(パノラマロード)→美瑛泊[前半後半
☆3日目:美瑛(青い池・ルベシベの丘)→美瑛泊[前半後半
☆4日目:美瑛(駅周辺散策)→旭川空港→羽田[前半後半

【旅行日】
2014年9月21日〜24日

【本編】

セブンスターの木から次の目的地へ向かうのですが、前回の記事で出てきた「Guided Cycling Tour 美瑛」のスタッフの方から「あまり一般的ではないけど、このルートで行けば景色がいい」と秘密のルート(?)を教えて頂いたので、その通りに行ってみます。すると、確かに素晴らしい景色に出会うことができました。以下、何枚か。

美瑛 パッチワークの路 写真1

美瑛 パッチワークの路 写真2

美瑛 パッチワークの路 写真3

美瑛 パッチワークの路 写真4

美瑛 パッチワークの路 写真5

目的地の「親子の木」に着きました。美瑛 親子の木 写真1

ただ、時期のせいもあるかもしれませんが、間近で見ると有名な木の割にはちょっと形があまりよくないなあという印象がありました。もしかしたら、もう少し遠い位置から見るべきだったのかもしれません!?

いずれにせよ、次の目的地へ。ここでの道中も中々いい風景に出会えました。

例えば、トラクター。美瑛 パッチワークの路 写真6

ちょっとアップで。美瑛 パッチワークの路 写真7

一本目立つ木。美瑛 パッチワークの路 写真8

「ザ北海道」みたいな雄大な景色。美瑛 パッチワークの路 写真9

ちょっとアップで。美瑛 パッチワークの路 写真10

同じく、これまた「ザ北海道」みたいな雄大な景色。美瑛 パッチワークの路 写真11

「雲ドーン」みたいな。美瑛 パッチワークの路 写真12

目的地の「マイルドセブンの丘」に着きました。こちらもケンとメリーの木やセブンスターの木と同様に、1970年代のCMに使用されたことが名前の由来だそうです。美瑛 マイルドセブンの丘 写真1

別の角度から。美瑛 マイルドセブンの丘 写真2

さらに別の角度から。美瑛 マイルドセブンの丘 写真3

本日最後の目的地へ。その途中、このように見事に茶色がかった田畑を見かけました。美瑛 パッチワークの路 写真13

目的地の「北西の丘展望公園」が見えてきました。美瑛 北西の丘展望公園 写真1

こんな感じでピラミッド状の建物です。美瑛 北西の丘展望公園 写真2

展望台を上がってみます。美瑛 北西の丘展望公園 写真3

午後4時過ぎですが、この時期の美瑛では夕暮れ近しという感じです。美瑛 北西の丘展望公園 写真4

別の方向でも。美瑛 北西の丘展望公園 写真5

花の向いている方向がアレですが(苦笑)、向日葵とか。美瑛 北西の丘展望公園 写真6

美瑛駅近くに戻ってきました。美瑛駅周辺 写真1

美瑛については、美瑛の丘もさることながら、こうした通りの景観も絵になるなあと思います。美瑛駅周辺 写真2

自転車を返して、駅の反対側というか本来こちらがメインエントランスの美瑛駅の入り口です。美瑛駅 写真1

美瑛駅は美瑛軟石を使った石造の駅舎で、「ふるさとの駅100選」にも選ばれているそうです。

駅前の様子とか。美瑛駅 写真2

宿泊は素泊まりなので、明日の朝食用にこちらの「麦菓堂」でパンを調達。美瑛 麦菓堂 写真

で、今回宿泊する「民宿 たきかわ」。実は前回の美瑛もここを利用しており、勝手がわかっているのでこちらにしました。美瑛 民宿 たきかわ 写真

夕食は駅前の「戀や」というレストラン。美瑛 戀や 写真

注文したのは、地元の食材を使った「美瑛カレーうどん」。美瑛 カレーうどん 写真

お店を出たのが午後6時前ですが、すでに日没後でした。美瑛 メインストリート 写真

【まとめ】

という訳で、リベンジの美瑛旅3泊4日の1日目後半の記事でした。今振り返ると、1日目は全行程お天気に恵まれて、この日に限って言えば100点満点に近い満足度です。が、2日目以降は必ずしもそうではなく、特に2日目は結構天候に振り回されます!?

[参考]
美瑛町観光情報サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。