飛騨高山の朝市&白川郷の合掌造り見学

白川郷 アイキャッチ画像

【はじめに】

以前より興味のあった岐阜県の飛騨高山と白川郷に2泊3日で旅行に行ってきました。この記事はこのうち2日目前半のもので、飛騨高山の朝市と白川郷の合掌造り見学が主な内容となります。

【旅程】
☆1日目:新宿→高山(陣屋・さんまち散策等)→高山泊[前半後半
★2日目:高山(朝市見学)→白川郷(合掌造り見学等)→白川郷泊前半後半
☆3日目:白川郷(朝の散歩)→高山(寺社・町家建築見学等)→新宿[前半後半

【旅行日】
2014年9月12日〜14日

【本編】

2日目の朝です。この日は、高山の朝市を見ることからスタートです。

高山の朝市は2カ所で開催されており、まずは規模の大きい宮川朝市から見て回ります。飛騨高山 宮川朝市 写真1

売っているものは、地元の野菜や果物、郷土の味、お土産等々になります。ちなみに、天気予報では晴れだったのですが、ご覧頂いておわかりの通り、最初はしばらく曇りがちでした。

開いているお店の中で、さるぼぼのお店に立ち寄りました。飛騨高山 宮川朝市 写真2

お店の女主人(飛騨弁で「かかさ」)に聞いたところ、手作りだそうです。飛騨高山 宮川朝市 写真3

せっかくなので、ここでさるぼぼのグッズを何点か購入しました。飛騨高山 宮川朝市 写真4

お次は、もう一つの朝市である陣屋朝市に立ち寄りました。飛騨高山 陣屋朝市 写真1

何となくですが、宮川朝市は観光客向けの色が相対的に強い感じであるのに対して、陣屋朝市の方はより地元のお客さん向けという印象がありました。飛騨高山 陣屋朝市 写真2

宿泊したホテルには朝食が含まれていないので、朝食をとります。食事をしたのは、陣屋朝市からすぐそばにある「細江屋」というお店です。飛騨高山 細江屋 写真1

中の様子です。「ザ・地元の食堂」な雰囲気です。飛騨高山 細江屋 写真2

注文したのは、「飛騨牛肉入 朴葉みそ定食」です。飛騨高山 細江屋 写真3

飛騨牛のアップです。飛騨高山 細江屋 写真4

全体的にリーズナブルな値段設定の中、唯一観光客向価格設定のお料理でしたが、高山名物の朴葉みそは是非食べておきたかったので、満足です。

この後、いよいよこの日のメインである白川郷へ向かいます。高山から白川郷まではバスで50分くらいです。

白川郷に着きました。やはり、さるぼぼがお出迎えです。ただ、残念なことに白川郷に着いても、お天気は曇りです。白川郷 さるぼぼ 写真

ガイドブックに真っ先に取り上げられるいわゆる合掌造りの集落は、バス停から橋を渡った向こう側にあるのですが、その前に「野外博物館 合掌造り民家園」に立ち寄りました。ここでも岐阜県の重要文化財指定建造物9棟を含む全25棟の建造物が保存公開されています。白川郷 民家園 写真1

水車小屋です。白川郷 民家園 写真2

水車をアップにしてみます。白川郷 民家園 写真3

県の重要文化財の一つである旧中野義盛家住宅です。白川郷 民家園 写真4

このように中の暮らし振りがわかる展示になっています。白川郷 民家園 写真5

屋根裏部屋まで上がることができます。白川郷 民家園 写真6

さて、ここでちょっとした事故(?)が起こりました。最上階の屋根裏部屋から下の階に戻る途中、階段で足を滑らせ転倒した時に、リュックのサイドポケットに入れていたカメラの望遠レンズが階段の下まで落ちて、思いっきり「ガシャーン」と割れる音がしました。

「ああ~、レンズが割れた ((((;゜Д゜))))」

と恐る恐る確認してみると、割れたのはレンズそのものでなく、保護フィルターでした。この時にレンズキャップも壊れて、再購入費用は合計で約7,000円程度かかりましたが、レンズ自体を買い換えることに比べると遙かにマシです。

それと、自分が転倒した時に即座に駆け寄り、粉々になった保護フィルターのガラスの掃除を手伝ってくれた若いご夫婦がいるのですが、本当にお世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます m(_ _)m

気を取り直して、散策再開です。先ほどの旧中野義盛家住宅の反対側には、同じく県の重要文化財の一つである旧山下陽朗家住宅です。白川郷 民家園 写真7

コスモスがあるので、ちょっとぼかしてみたり。白川郷 民家園 写真8

小さな鳥居と小さな小屋。白川郷 民家園 写真9

こんな感じで水を汲み入れている小屋もあります。白川郷 民家園 写真10

最後は、旧中野長治郎家住宅の中を見てみます。白川郷 民家園 写真11

中野家の中の様子。白川郷 民家園 写真12

民家園を後にして、「であい橋」を渡って荻町合掌集落へと向かいます。白川郷 荻町合掌集落 写真1

橋の向こうに着きました。白川郷 荻町合掌集落 写真2

ここからまず向かったのは、荻町合掌集落の中でも定番中の定番と言える「城山城跡展望台(城山天守閣展望台)」です。行きは上りなので、シャトルバスを利用しました。

展望台に着きました。まだこの段階では引き続き曇りです。白川郷 城山城跡展望台 写真1

ちょっとアップで。白川郷 城山城跡展望台 写真2

天気がイマイチですが、一応縦構図でも撮っておきました。白川郷 城山城跡展望台 写真3

ちなみに、超有名観光地ということで、こんな感じで写真を撮ってくれるサービスがあります。白川郷 城山城跡展望台 写真4

一つ面白いのが、写真を撮る時の合図がよくある「はい、チーズ」ではなく、「しらかわー、GO!」となっていて、旅行気分を盛り上げるものでした。

それとコスモスがあったので、白川郷 城山城跡展望台 写真5

こんな感じでぼけてみました。白川郷 城山城跡展望台 写真6

まとめ】

という訳で、飛騨高山・白川郷2泊3日旅行の2日目前半でした。後半も白川郷散策が続きます。

[参考]
飛騨・高山観光コンベンション協会
高山市公式観光サイト
白川郷観光協会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。