香港旅行記 その2 尖沙咀散策(ネイザンロード&ガーデン・オブ・スターズ)

香港 尖沙咀 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。11月末に4泊5日で5年振りに香港へ旅行へ行きました。香港は以前と変わらない風景がある一方で、新しいスポットや発見もあり、改めて香港の魅力に気付きました。この記事では1日目の尖沙咀散策について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 香港へ
* 1日目: 尖沙咀[今回の記事]
* 1日目: 尖沙咀(ライトアップ)
* 2日目: 香港大学・堅尼地城
* 2日目: 上環・中環
* 2日目: ピークタワー・中環(ライトアップ)
* 3日目: 海洋公園
* 3日目: 海景樓・北角・銅鑼湾
* 3日目: 銅鑼湾・湾仔(ライトアップ)
* 4日目: 黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏
* 4日目: 旺角・油麻地・佐敦
* 4日目: スカイ100・尖沙咀(ライトアップ)
* 5日目: 帰路へ

【旅行日】
2016年11月26日-30日

【本編】

彌敦道(ネイザンロード)

前回の続きで、宿泊先の「YMCA of Hong Kong」から繰り出し、尖沙咀エリアを散策していきます。

まずは尖沙咀の目抜き通りといえる彌敦道(ネイザンロード)及びその周辺を見ていきます。""

下記の写真ではいまいち伝わりづらいかもしれませんが、ネイザンロードは観光客を中心にまあ人が多い。ただ、この人混みが香港にいるんだなと実感できる部分でもあります。""

そしてネイザンロードといえば、重慶大廈 (重慶マンション)。香港 重慶大廈 (重慶マンション)1

重慶マンションはショップやレストラン、バックパッカー御用達の激安ゲストハウスなどがある雑居ビルで、沢木耕太郎の『深夜特急』やウォン・カーウァイ監督の『恋する惑星』などにも出てくるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

自分にとって「香港のイメージ = ネイザンロードの重慶マンション」という感じで、香港に来る度にここを訪れるようにしています。今回も真っ先に訪れたかった場所で、重慶マンション前の交差点付近で何枚も写真を撮りました。香港 彌敦道(ネイザンロード)1

香港 彌敦道(ネイザンロード)2

香港 重慶大廈 (重慶マンション)2

流し撮り風に(→単にピントが合わなかっただけw)。香港 彌敦道(ネイザンロード)3

とにかくたくさんの人で、この雰囲気が香港らしいなと思ったり。香港 重慶大廈 (重慶マンション)3

重慶マンションの向かいに建つのが、「i SQUARE」というショッピングセンター。香港 i SQUARE1

古めかしい重慶マンションの向かいに若者向けの「i SQUARE」があるというコントラストが素敵です。香港 i SQUARE2

香港 i SQUARE3

その他周辺スナップ。香港 尖沙咀1

香港 尖沙咀2

""

ネイザンロードを少し北上してみます。尖沙咀には「i SQUARE」以外にもいくつかショッピングセンターがあり、こちらの「K11」はアートな雰囲気です。香港 K11

""

さらに北上してみます。香港 九龍清真寺 モスク1

九龍清真寺というモスクがありました。香港 九龍清真寺 モスク2

もう少し北へ。""

「The One」という別のショッピングセンター。香港 The One

リラックマとコラボしたイベントが行われているようです。香港 リラックマ

ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)

ネイザンロードをいったん離れて、「ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)」にやって来ました。""

香港の尖沙咀といえばビクトリア・ハーバー沿いのプロムナード及びアベニュー・オブ・スターズ(星光大道)を思い浮かべる方も多いと思いますが、2015年から改装工事のためアベニュー・オブ・スターズを含むプロムナードの大半が閉鎖されています。改装工事は2018年末まで続くそうで、その間アベニュー・オブ・スターズにあった香港映画スターの手形や銅像などは尖沙咀の東側にある「ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)」に移管されています。従来の景色が楽しめないのは残念ですが、新しい場所でアベニュー・オブ・スターズの展示物がどのように設置されているか見てみたく訪れてみました。

一番有名であろうブルース・リー像は公園のど真ん中に置かれ、周りには記念撮影する観光客がたくさんいました。香港 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園) ブルース・リー

香港のアカデミー賞である『香港電影金像奨』のブロンズ像は、背景のビルとの組み合わせが絵になります。香港 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)1

そのほか奥にはビクトリア・ハーバーを見渡すことができるスペースが。香港 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)2

段々と日が傾いてきました。香港 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)3

初めて来た場所ですが、雰囲気ありますね。""

最後は船のアップを。香港 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)4

この後地下道を経由して、尖沙咀西側のスターフェリー乗り場近くへ行き、夕景・夜景を撮っていきます。""

【まとめ】

という訳で、4泊5日の香港旅行のうち1日目の尖沙咀散策の記事でした。

何度か訪れたことのある国であれば「ここに行くと、その国に行ったことを改めて実感するんだよね〜」という場所や通りがあるのではないでしょうか?自分の場合、シンガポールならオーチャード・ロードであったり(関連記事:その1その2)、ニューヨークでいえばタイムズスクエアであったり(関連記事:その1その2)。そして香港については、尖沙咀のネイザンロードがまさにそんな場所です。観光客を中心に人が多くちょっと動きづらく窮屈な面もありますが、そうした混沌を含めてこれが香港らしさなのかなあと改めて思いました。

次の記事では、引き続き1日目の尖沙咀散策で夕方以降の様子について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 彌敦道(ネイザンロード)
2 重慶大廈 (重慶マンション)
3 i SQUARE
4 K11
5 九龍清真寺
6 The One
7 ガーデン・オブ・スターズ(星光花園)

[関連リンク]
Discover Hong Kong(日本語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。