香港旅行記 その5 ウォールアートを中心に上環・中環散策

香港 ウォールアート アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。11月末に4泊5日で5年振りに香港へ旅行へ行きました。香港は以前と変わらない風景がある一方で、新しいスポットや発見もあり、改めて香港の魅力に気付きました。この記事では2日目の上環・中環について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 香港へ
* 1日目: 尖沙咀
* 1日目: 尖沙咀(ライトアップ)
* 2日目: 香港大学・堅尼地城
* 2日目: 上環・中環[今回の記事]
* 2日目: ピークタワー・中環(ライトアップ)
* 3日目: 海洋公園
* 3日目: 海景樓・北角・銅鑼湾
* 3日目: 銅鑼湾・湾仔(ライトアップ)
* 4日目: 黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏
* 4日目: 旺角・油麻地・佐敦
* 4日目: スカイ100・尖沙咀(ライトアップ)
* 5日目: 帰路へ

【旅行日】
2017年11月26日-30日

【本編】

蓮香居で飲茶

前回の続きで、堅尼地城(ケネディタウン)からトラムで上環・中環方面に向かい、上環西側のibis Hotel付近で降りました。香港 トラム1

上環の中心部まではまだ少し距離があるのですが、香港の飲茶レストランの有名店の一つ「蓮香居」がこの付近にあることに気付き、ここでお昼にしようと慌てて下車しました。

中の様子。午前11時過ぎなのでまだそんなに混んでいないと思ったのですが、この繁盛振り。香港 蓮香居1

最近ではオーダーシート式の飲茶レストランが主流となっている中、この蓮香居では昔ながらのワゴン式です。

売り子の人が点心名を連呼しながら回っているのですが、広東語のわからない自分にはワゴン式は結構難易度が高く、蒸篭を開けて中を確認し、適当にピックアップしました。香港 蓮香居2

香港 蓮香居3

香港 蓮香居4

ちなみに蓮香居では、お店の常連と思われるご高齢の女性と相席となりました。最初席を見つけられずに右往左往していた時に同じテーブルの空いている席に招いてくれ、このほか自分がお箸を落とした時にすぐに店員に替えのお箸を依頼してくれたり、手が汚れないようにとティッシュペーパーをくれたりと色々親切にしてくれました。今回の香港旅行では「あれ、前回訪問した5年前に比べて、香港の人冷たくなった!? サービス業に従事するなら、もう少し愛想よくてもいいんじゃない!?」という場面に何度か遭遇したため、この方の優しさがより一層際立ちました。

ウォールアートを中心に上環・中環散策

昼食後、上環から中環にかけて散策していきます。近年「HKwalls」という企画で荷季活道(ハリウッド・ロード)から嘉咸街(グラハム・ストリート)にかけてウォールアートが展開されており、そこを中心に見ていきます。

まずはトラムの写真を何枚か。香港 トラム2

背景の建物は西港城(ウェスタンマーケット)。香港 トラム 西港城(ウェスタンマーケット)1

西港城(ウェスタンマーケット)は1906年建築の香港で最も古いビルの一つだそうです。香港 トラム 西港城(ウェスタンマーケット)2

香港のトラムはデザインの種類がバラエティ溢れていて、見ていて飽きません。香港 トラム3

荷季活道(ハリウッド・ロード)付近にやって来ました。香港 荷季活道(ハリウッド・ロード)1

ウォールアート第一弾は、こちらのブルース・リーの作品を。香港 ウォールアート ブルース・リー

近くには文武廟という道教のお寺もあります。香港 文武廟1

文武廟の中の様子。香港 文武廟2

荷季活道(ハリウッド・ロード)に交わる路地は坂道になっていて、お店の看板なども含めて通り全体がアートな感じです。香港 荷季活道(ハリウッド・ロード)2

香港 荷季活道(ハリウッド・ロード)3

香港 坂道1

香港 坂道2

香港 坂道3

牛バラ麺が有名な「九記牛腩」。以前一度訪れたことがありますが、相変わらず人気ですね。香港 九記牛腩

こちらは2014年開業の商業施設「PMQ」。香港 PMQ1

アーチストやデザイナー、クリエーターたちのショップが入っています。香港 PMQ2

荷季活道(ハリウッド・ロード)と嘉咸街(グラハム・ストリート)が交わる辺りには、ウォールアートが点在しています。例えば、ハリウッドの看板。香港 ウォールアート1

この女性をモチーフとした壁画なんか個人的に好きです。香港 ウォールアート2

周辺のウォールアートで恐らく一番有名なのが、こちらの九龍城砦を描いた壁画。香港 ウォールアート3

ウェディングフォトを撮りに来たカップル。香港 ウォールアート4

常にどこかしらのスペースで観光客が写真を撮っていました。香港 ウォールアート5

嘉咸街(グラハム・ストリート)の坂の上を上がると、こんなお洒落なお店もありました。香港 ウォールアート6

嘉咸街(グラハム・ストリート)を後にして、ブラブラと。有名なミッドレベル・エスカレーター(ヒルサイド・エスカレーター)。香港 ミッドレベル・エスカレーター(ヒルサイド・エスカレーター)

ミッドレベル・エスカレーター(ヒルサイド・エスカレーター)沿いには、坂道をうまく利用して壁画を描いたお店がいくつもあります。香港 坂道 ウォールアート1

香港 坂道 ウォールアート2

香港のナイトスポットといえば、蘭桂坊(ランカイフォン)。昼間は静かな感じです。香港 蘭桂坊(ランカイフォン)

中環の中心部にやって来ました。香港 中環1

香港 中環2

中環の駅に直結し、世界の有名ブランドが揃っている百貨店「ザ・ランドマーク」。香港 中環 ザ・ランドマーク

こちらはMTRの中環駅に隣接し、エアポートエクスプレスの始発駅である香港駅に直結する「IFCモール」。香港 IFCモール

ちょっとお天気がよくないのですが、この後ピークタワーに上ってみます。

【まとめ】

という訳で、4泊5日の香港旅行のうち2日目の上環・中環の記事でした。

近年「インスタ映え」という言葉も広く浸透してきていますが(→インスタグラムについては、ブームに乗り遅れて始めるきかっけを逸しましたw)、今回散策した上環から中環にかけて展開されるウォールアートはまさにうってつけかと。ウォールアートといえば、2年前に訪れたマレーシアのペナンのウォールアートも素敵ですので、よろしければそのちらの記事もご覧頂けたらと思います(関連記事)。

""

次の記事では、2日目のピークタワーと中環のライトアップについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 蓮香居
2 西港城(ウェスタン・マーケット)
3 荷季活道(ハリウッド・ロード)
4 文武廟
5 九記牛腩
6 PMQ
7 嘉咸街(グラハム・ストリート)
8 ミッドレベル・エスカレーター
9 蘭桂坊(ランカイフォン)
10 ザ・ランドマーク
11 IFCモール

[関連リンク]
Discover Hong Kong(日本語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。