香港旅行記 その10 黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏

香港 黄大仙祠 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。11月末に4泊5日で5年振りに香港へ旅行へ行きました。香港は以前と変わらない風景がある一方で、新しいスポットや発見もあり、改めて香港の魅力に気付きました。この記事では4日目の黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 香港へ
* 1日目: 尖沙咀
* 1日目: 尖沙咀(ライトアップ)
* 2日目: 香港大学・堅尼地城
* 2日目: 上環・中環
* 2日目: ピークタワー・中環(ライトアップ)
* 3日目: 海洋公園
* 3日目: 海景樓・北角・銅鑼湾
* 3日目: 銅鑼湾・湾仔(ライトアップ)
* 4日目: 黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏[今回の記事]
* 4日目: 旺角・油麻地・佐敦
* 4日目: スカイ100・尖沙咀(ライトアップ)
* 5日目: 帰路へ

【旅行日】
2017年11月26日-30日

【本編】

澳門茶餐廳

4泊5日の香港旅行4日目です。まずは朝食から。この日はホテル近くの「澳門茶餐廳(Macau Restaurant)」で朝食を取りました。澳門茶餐廳1

「澳門茶餐廳(Macau Restaurant)」は名前が示す通り、マカオ料理(ポルトガル料理)がメインのカジュアルレストラン。自分が訪れたのは尖沙咀の店舗ですが、このほか上環、銅鑼灣など香港内にいくつかお店があるそうです。

店内の様子。澳門茶餐廳2

香港に来てから基本的にずっと中華で少し飽きてきたので、マカオ(ポルトガル)テイストの食事はちょっとした気分転換になりました。ただ、本当はエッグタルトも食べたかったのですが、この時間は提供していないということで、そこは残念。澳門茶餐廳3

マカオについては日帰り又は1泊程度で今回の旅行に組み込もうかと考えましたが、じっくり時間をかけて回りたいなと思いまたの機会に。

黄大仙祠

香港旅行4日目は少し遠出して、今まで行ったことのないエリアに足を踏み入れます。まずはMTR観塘線(Kwun Tong Line)の黄大仙駅を降りてすぐの黄大仙祠を訪れました。香港 黄大仙祠1

黄大仙祠は1915年創建の道教寺院で、火災を契機に1921年に今の場所に移ってきたそうです。

境内へと進みます。""

中に入ると、顔が動物で首より下が人の姿をした像がお出迎え。""

「わが生涯に一片の悔いなし!」みたいな(←ラオウかw)。""

ちょうどビルの隙間から太陽の光が差し込む感じで雰囲気がありました。香港 黄大仙祠2

さらに奥へと進みます。香港 黄大仙祠3

ここが本堂のようです。""

香港で最も有名な道教寺院の一つということで、信仰心の熱い地元の方がたくさん訪れていました。香港 黄大仙祠4

普段は16-35mmの広角レンズメインですが、たまには90mmの中望遠のマクロレンズでも。""

""

その他スナップ。""

黄大仙祠を後にして、次の目的地へ向かいます。""

南蓮園池

MTR観塘線(Kwun Tong Line)で一駅東の鑽石山駅に移動し、そこから歩いて数分の南蓮園池にやって来ました。""

南蓮園池は唐時代の建築様式で造られた香港政府管轄の回遊式庭園。""

一番の目玉は、こちらの「蓮池・圓満閣」。金色の塔、朱色の橋、緑の松と配色のバランスがいかにも昔の中国の建築様式っぽいなあと思います。香港 南蓮園池1

奥に見えるのは「松茶榭」という茶室などがある建物で、その手前の池ではたくさんの鯉が泳いでいました。""

池に面した休憩スペース。""

グルッと一周して、最後再び「蓮池・圓満閣」を反対側から撮って、南蓮園池を後にしました。香港 南蓮園池2

ランタオ島 天壇大仏

MTRを乗り継ぎ、東涌線(Tung Chung Line)の終点で、ランタオ島(大嶼島)にある東涌駅にやって来ました。""

ランタオ島(大嶼島)は、大小200以上の島からなる香港で最大の島。香港国際空港や香港ディズニーランドなどもランタオ島(大嶼島)にあります。今回ランタオ島(大嶼島)を訪れたのは、天壇大仏という巨大な大仏を見るため。

天壇大仏までは「昂坪360」というロープウェイを使って向かいます。香港 昂坪360

昂坪360には「Standard Cabin」という通常のロープウェイと「Crystal Cabin」という足下がガラス張りのロープウェイがあり、「とりあえず窓越しに景色が見ることができれば十分かなあ」と思い、料金の安いStandard Cabinにしました。""

窓からの景色はこんな感じ。""

香港国際空港の滑走路も見えます。""

橋のうねり方が京都の天橋立を連想させますね。もっとも天橋立は訪れたことがありませんが(←オイw)。""

約25分のロープウェイ乗車を楽しんだ後、山頂側の昂坪駅に到着。""

ロープウェイの駅降りてしばらくは「昂坪ビレッジ(昂坪市集)」と呼ばれるレストランやお土産さん等が建ち並ぶ通りが続きます。香港 昂坪ビレッジ(昂坪市集)

ずんずんと奥へ。""

牛が放し飼いされているようで、観光客に慣れているせいかこちらが近づいても逃げたりしませんでした。""

奥に見えるのは「寶蓮寺」という禅寺。香港 寶蓮寺1

熱心な参拝客を多く見かけました。香港 寶蓮寺2

お寺近くには4本の石柱でできた牌坊が立っています。そしてこの奥に天壇大仏があります。
""

下から台座まで268段ある階段を登ります。写真は終盤戦ですが、まあまあシンドイ(苦笑)。""

いよいよ天壇大仏とご対面。台座を含めた高さは34メートルにも及び、まあ大きいです。香港 天壇大仏1

後ろから。""

横から。香港 天壇大仏2

斜め前から。香港 天壇大仏3

大仏の台座の周りには、天母像が左右に三体ずつ配置されています。""

その他スナップ。""

""

この後来た道を戻りロープウェイ(昂坪360)に乗り、ランタオ島を後にして次の目的地へ向かいました。""

【まとめ】

という訳で、4泊5日の香港旅行のうち4日目の黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏の記事でした。

今回回った3箇所は、尖沙咀や中環などの香港の中心地からは離れているため、香港を初めて訪れる方は予定の組み込みずらいかもしれませんが、既に何度か訪れたことがある方にとっては、いいのではないでしょうか。特にランタオ島については、今回天壇大仏を訪れただけですが、島には他にも観光スポットが点在しているので、今度はランタオ島に1泊くらいしてじっくり回ってみたいなという気持ちもあります。なお、大仏といえば、昨年訪れた台湾高雄の佛光山佛陀紀念館の大仏もかなりの迫力でしたので、ご興味ある方はそちらの記事もどーぞ。

台湾高雄旅行 その8 エンタメ要素満載の仏教施設!佛光山佛陀紀念館

台湾 高雄 佛光山佛陀紀念館

次の記事では、4日目の旺角・油麻地・佐敦について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 澳門茶餐廳
2 黄大仙祠
3 南蓮園池
4 MTR東涌駅
5 ロープウェイ東涌駅
6 ロープウェイ昂坪駅
7 昂坪ビレッジ
8 寶蓮寺
9 天壇大佛

[関連リンク]
Discover Hong Kong(日本語)
黄大仙祠(英語)
南蓮園池(英語)
昂坪360(英語)
寶蓮寺(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。