九州ふっこう割で熊本へGo!その1 出発

熊本空港 くまモン アイキャッチ画像

【はじめに】

九州ふっこう割を使って熊本へ行ってきました。11月の「ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ」で見たくまモンのエンターテイナーぶりに感銘し、「一度は熊本の復興の様子を見に行こうと」と旅行の10日ほど前に半ば勢いで手配しました。この記事では、1日目の出発の様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目:出発[今回の記事]
*2日目:熊本城
*2日目:桜の馬場 城彩苑
*2日目:くまもんスクエア
*2日目:熊本夜景散策
*3日目:水前寺成趣園
*3日目:熊本駅周辺
*3日目:熊本城再訪
*3日目:熊本城の夕景

【旅行日】
2016年12月22日 – 24日

【本編】

新シリーズのスタートです。記事のタイトルにもある通り、「九州ふっこう割」を使って熊本へ旅行してきました。まずは行くまでの経緯などについて書いていきます。

くまモン@ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ

最初に「熊本に行ってみよう」と意識したのは、先月の「ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ」でくまモンの圧巻のステージを見て。

ゆるキャラグランプリ1日目より(関連記事)。くまモン ゆるキャラグランプリ1

くまモン ゆるキャラグランプリ2

ゆるキャラグランプリ2日目より(関連記事)。くまモン ゆるキャラグランプリ3

くまモン ゆるキャラグランプリ4

くまモンのステージを生で見たことがある方であれば納得頂けると思うのですが、くまモンのエンターテイナーぶりはとにかく凄いの一言。

最近読んだ『沈黙のWebライティング』(松尾茂起著)の中で、エンターテイメントの本質について「人々を感動させる音楽・マンガ・小説などは一見作者の感情の赴くままに作られているように見えるかもしれないが、実際は徹底した論理的思考(ロジカルシンキング)の上で作られている」といった内容が書かれていて、くまモンのステージ上でのパフォーマンスを見てまさにこのことだなと思いました。

ステージでは4月に起きた熊本地震に対する全国からの支援や励ましに対する感謝の言葉も述べていて、この時「来年辺りに一度熊本に行ってみよう」という考えが浮かびました。

九州ふっこう割

そんな中で軽くチェックしたのが「九州ふっこう割」。九州ふっこう割

「九州ふっこう割」は、熊本地震により大きな影響を受けた九州の観光産業早期復興のため、政府が創設した九州観光支援のための割引付旅行プラン助成制度。既に第1期(7-9月の旅行分)は終了していて、第2期(10-12月の旅行分)も年内一杯が期限のため、慌てて検討することに。

楽天やじゃらんなどの旅行予約サイトのほか、各航空会社での「航空券+宿泊」のパッケージなど「九州ふっこう割」が使える旅行商品は色々あり、いくつか比較した結果、JALのダイナミックパッケージで申し込むことにしました。九州ふっこう割 JAL

今回申し込んだのは、熊本までの往復の航空券代と宿泊2泊分がセットになったもので、総額50,800円から20,000円分のクーポンが適用となり、実質的な支払いは30,800円。スケジュールの都合上、12/22(木)に仕事が終わってから最終便で熊本に移動し、24(土)の夜に東京に戻ってくるのが年内旅行可能な唯一の選択肢で、熊本には実質2日しか滞在できませんが、これなら十分過ぎるくらい元が取れると思い、旅行10日前の12/12(月)に申し込みました。

いざ熊本へ

という訳で、ここからが旅のスタートです。まずは羽田空港へ。羽田空港1

マイレージの関係でANAがメインのためターミナル2の利用が多いですが、今回はJALのためターミナル1を利用。羽田空港2

普段あまり利用しないターミナルに来ると「へえ〜、こんな店もあるんだ」という感じで面白いですね。羽田空港 ローズベーカリー1

そんな中から「Rose Bakery」にて軽食を。羽田空港 ローズベーカリー2

出発ゲートへ。""

機内へ乗り込みます。JAL 羽田空港1

いかんせん出発の10日前に旅行の申し込みをしたため、予約時点では2-3-2の機材で真ん中しか席が空いていませんでしたが、直前に改めて確認したらキャンセルになったのか左側の2席分が続けて空席となっており、当然のごとく変更しました。ほぼ満席に近い搭乗率の中で、隣りに人が座らずラッキーでした。

窓側の席なので、離陸前に軽く一枚ほど。JAL 羽田空港2

行きは約2時間のフライトで、熊本空港(阿蘇くまもと空港)に到着。熊本空港(阿蘇くまもと空港)

空港では早速くまモンがお出迎え。熊本空港(阿蘇くまもと空港) くまモン

空港からリムジンバスで熊本交通センターまで移動し、そこから数分歩いて今回宿泊する「ドーミーイン熊本」にチェックイン。ドーミーイン熊本

1日目は移動だけですので、これにて終〜了〜。

【まとめ】

という訳で、九州ふっこう割を使った熊本旅行の中から1日目の出発の記事でした。記事本文でも触れている通り、今回の自己負担は30,800円で、これって東京と熊本の往復の航空券代だけ既にお釣りがきて、さらにドーミーイン熊本での宿泊2泊分(朝食付き)が付いてくるので、とてもお値打ちだったなあと思います。我ながらいい買い物したなと。

さて、次の記事では、2日目最初に回った熊本城の様子について書いていきます。

[地図]

[関連リンク]
九州ふっこう割お知らせサイト
熊本県観光サイト なごみ紀行 くまもと
熊本市観光情報サイト-満遊!くまもと
ドーミーイン熊本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。