ペナンのブルーマンションことチョン・ファッ・ツィー・マンション

ペナン ブルーマンション アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、3日目のペナン島のチョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)について書いていきます。鮮やかなインディゴブルーの建物は、時間が経つのを忘れるくらい素敵でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
☆2日目③ブキッ・ビンタン(関連記事
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
★3日目③ブルー・マンション(今回の記事)
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
☆5日目①国立モスク、イスラム美術館(関連記事
☆5日目②チャイナタウン(関連記事
☆6日目①ロイヤル・レガリア(関連記事
☆6日目②オールドモスク(関連記事
☆7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(関連記事
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)とは

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 入口

チョン・ファッ・ツィー・マンションは、1880年に「東洋のロックフェラー」と呼ばれた大富豪チョン・ファッ・ツィーが建てた邸宅です。鮮やかなインディゴブルーを基調とした外観から「ブルーマンション」とも呼ばれ、2000年にはユネスコ文化遺産建築保存賞を受賞するなど世界的にも価値が評価されています。現在はホテルとして使用されており、ビジターは1日3回の有料のガイドツアーでのみ内部の見学が可能となっています。このチョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)は、今回ペナン島に行こうと決めた大きな要因の一つでもあり、じっくり時間を取って写真を撮りたいと思ったので、ペナンでの宿泊は迷わずここにしました。

ホテルロビー

ペナン国際空港からホテルに直行して、まずはチェックイン。元は邸宅ということで、ホテルのロビーもその名残があります。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ロビー1

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ロビー2

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ロビー3

レストラン

着いたのはちょうどお昼前だったこともあり、せっかくなのでホテルで昼食をとることに。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) レストラン1

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) レストラン2

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) レストラン3

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) レストラン4

建物正面外観

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 建物正面

改めてホテル館内をくまなく見ていくことに。まずは建物正面の外観から。ここには、展示用の人力車(トライショー)が置かれていて、ガイドブック等でも頻繁に載っていることから自分もバシバシ写真を撮りました。正面入口左側にある3台の人力車。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)1

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)2

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)3

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)4

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)5

こちらは建物正面右側にある2台の人力車。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)6

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)7

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)8

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)9

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)10

さらにその右にはもう1台の人力車が。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)11

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 人力車(トライショー)12

1階客室

ロビー奥は客室になっています。元が邸宅ということで客室の数は18と多くなく、また他の宿泊客もあまり見かけることがなかったため、自由に写真を撮ることができました。建物の構造は左右に1棟ずつ部屋が並ぶ感じで、まずは左側の棟から。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下1

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下2

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下3

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下4

こちらは右側の棟。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下5

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下6

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下7

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下8

2階への階段。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下9

2階客室

2階も同様に客室になっています。こちらは廊下があったり、資料の展示があったりと1階とは違う作りになっていました。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下10

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下11

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下12

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下13

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下14

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室廊下15

宿泊した部屋

参考に宿泊した部屋の様子も。チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)の客室は、それぞれテーマの異なる6つのカテゴリーが存在します。ホテルのウェイブサイトにあるギャラリーの写真を見て、”HAN”というカテゴリーの部屋を予約しました。

ベッドルーム。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室 HAN1

バス・トイレ。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室 HAN2

ホテルのサイトに載っていたこのリビングの写真が、HANを選んだ決めてです。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室 HAN3

リビングの窓の隙間からの眺め。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) 客室 HAN4

夜のライトアップ

また、夕方以降は建物の明かりが灯り、昼間とは違った雰囲気になります。ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ1

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ2

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ3

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ4

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ5

ペナン チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション) ライトアップ6

【まとめ】

という訳で、ペナンのチョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)の記事でした。冒頭にも書いた通り、1日3回の有料のガイドツアーでも建物内部の見学は可能ですが、どうせならじっくり見たいと思いここに宿泊しました。ペナンのホテルにしてはやや高めの料金設定ですが、個人的には満足です。

次の記事では、ペナン観光2日目として、民族色豊かなジョージタウンの宗教建築について書いていきます。

[関連リンク]
チョン・ファッ・ツィー・マンション(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。