クアラルンプールのイスラムの世界:国立モスクとイスラム美術博物館

クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、5日目の国立モスクとイスラム美術博物館について書いていきます。多民族国家マレーシアにおいて、一番のマジョリティを占めるイスラムの世界を実感しました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
☆2日目③ブキッ・ビンタン(関連記事
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
☆3日目③チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)(関連記事
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
★5日目①国立モスク、イスラム美術館(今回の記事)
☆5日目②チャイナタウン(関連記事
☆6日目①ロイヤル・レガリア(関連記事
☆6日目②オールドモスク(関連記事
☆7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(関連記事
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

マレーシア・ブルネイ旅行の5日目。この日は夜に友人の結婚式があったため、昼間はエリア的にも近い「クアラルンプール駅周辺→チャイナタウン→ムルデカスクエア」をサクッと回りました。この記事ではそのうちクアラルンプール駅周辺を。

クアラルンプール駅

まずは宿泊したホテルの最寄りのKLセントラル駅から、マレーシア国営鉄道(KTM)のKTMコミューターにて1駅隣りのクアラルンプール駅へ。クアラルンプールを観光で訪れる際には、LRT(KLCC等)やKLモノレール(ブキッ・ビンタン等)を利用する機会が多いと思うですが、クアラルンプール駅はシンガポールとバンコクを結ぶイースタン&オリエンタル・エクスプレスなど長距離列車も停まるためか、ちょっと雰囲気がそれらの駅と異なりました。

クアラルンプール駅の様子。クアラルンプール駅 プラットホーム1

クアラルンプール駅 プラットホーム2

クアラルンプール駅 プラットホーム3

1910年完成のクアラルンプール駅の駅舎。クアラルンプール駅 駅舎

こちらはそのすぐ近くにあるマレーシア鉄道公社ビル。マレーシア鉄道公社ビル

国立モスク

国立モスクは、1965年完成の東南アジア最大のモスクでおよそ8,000人収容可能とのこと。

建物外観。クアラルンプール 国立モスク1

クアラルンプール 国立モスク2

高さ73メートルのミナレット(光塔)。クアラルンプール 国立モスク ミレット

国立モスクというだけあり、荘厳な雰囲気です。クアラルンプール 国立モスク3

女性には肌と髪を隠す紫色のローブを貸し出してくれます。クアラルンプール 国立モスク4

クアラルンプール 国立モスク5

クアラルンプール 国立モスク6

クアラルンプール 国立モスク7

礼拝堂。ここはイスラム教徒以外は立ち入り禁止。クアラルンプール 国立モスク8 礼拝堂

クアラルンプール 国立モスク9 礼拝堂

幾何学的な形が印象的。クアラルンプール 国立モスク10

クアラルンプール 国立モスク11

クアラルンプール 国立モスク12

クアラルンプール 国立モスク13

クアラルンプール 国立モスク14

クアラルンプール 国立モスク15

国立モスクを後にして、次の目的地へ。

イスラム美術博物館

国立モスクの次に訪れたのは、そこから歩いて5分くらいのところにあるイスラム美術博物館。クアラルンプール イスラム美術博物館 建物外観

イスラムに関する美術品や文化を紹介する美術館ですが、とりわけコーランの展示があることを『NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.04クアラルンプール』(高城剛著)を通じて知り、興味が沸き訪れました。

という訳で、コーラン。クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン1

クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン2

クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン3

クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン4

クアラルンプール イスラム美術博物館 コーラン5

そのほかの展示。クアラルンプール イスラム美術博物館 展示1

クアラルンプール イスラム美術博物館 展示2

最後は天井の壁。クアラルンプール イスラム美術博物館 天井

【まとめ】

という訳で、クアラルンプール駅周辺として国立モスクとイスラム美術博物館の記事でした。マレーシアはお隣シンガポールと同様に多民族国家ですが、中華系の多いシンガポールに対して、マレーシアがマレー系がマジョリティを占めています。そのためマレーシアはイスラム国家と言えるのですが、そうしたことを実感できる2ヶ所でした。

この後は少し歩いてチャイナタウンに向かいましたが、それについては次の記事で。

[関連リンク]
マレーシア政府観光局(クアラルンプール)
イスラム美術博物館(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。