クアラルンプールのチャイナタウンにあるヒンドゥー寺院と中国寺院

クアラルンプール 関帝廟 アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、5日目のチャイナタウンについて書いていきます。有名なヒンドゥー寺院や中国寺院を回りました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
☆2日目③ブキッ・ビンタン(関連記事
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
☆3日目③チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)(関連記事
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
☆5日目①国立モスク、イスラム美術館(関連記事
★5日目②チャイナタウン(今回の記事)
☆6日目①ロイヤル・レガリア(関連記事
☆6日目②オールドモスク(関連記事
☆7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(関連記事
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

前回の国立モスクやイスラム美術博物館のあるクアラルンプール駅周辺から、少し歩いてチャイナタウン方面へと向かいました。

チャイナタウン

クアラルンプール チャイナタウン1

クアラルンプールのチャイナタウンはメインストリートのプタリン通り(Jalan Petaling)を中心に形成されています。昔からの古い町並みの隙間に迷路のように細い路地が入り込み、屋台や露店が軒を連ねます。ここでの目的はチャイナタウン全体を散策すると共に、有名なヒンドゥー寺院と中国寺院を訪れることでした。

通りの様子。チャイナタウンとは言いつつ、マレー系やインド系の方も結構目に付きました。クアラルンプール チャイナタウン2

南香(ナム・ヘオン)というお店でランチを。クアラルンプール チャイナタウン 南香1

海南チキンライスで有名なお店です。クアラルンプール チャイナタウン 南香 チキンライス

昼食後、早速目的の2つの寺院に向かいました。

スリ・マハ・マリアマン寺院

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院1

スリ・マハ・マリアマン寺院は、1873年に創建されたクラルンプール市内最古のヒンドゥー寺院の一つ。ヒンドゥー寺院ですが、なぜかチャイナタウンにあります。一番の特徴は、ゴープラムと呼ばれる高さ22メートルの塔門。

中に入ってみます。ヒンドゥー寺院らしく全体的に極彩色が用いられています。クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院2

ヒンドゥーの仏像。クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院3

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院4

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院5

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院6

ヒンドゥー版の狛犬?クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院7

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院8

クアラルンプール チャイナタウン スリ・マハ・マリアマン寺院9

ちょうど自分が訪れた時は、欧米からの団体旅行のグループもいて、ガイドの説明に熱心に耳を傾けるとともに、物珍しそうに写真を撮っていました。そんな感じでスリ・マハ・マリアマン寺院を後にして、次は関帝廟という中国寺院へ。

関帝廟

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟1

関帝廟は、三国志で有名な関羽を祀る中国寺院(仏教寺院)。関羽と言えば武神としてのイメージが強いのですが、商売繁盛の神様としても信仰を集めているそうです。ここでは観光客のほか、恐らく地元の方と思われる中華系のローカルの人も多く見かけました。

中へ入ってみます。クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟2

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟3

関羽?クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟4

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟5

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟6

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟7

地元の方が多く見えてました。クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟8

クアラルンプール チャイナタウン 関帝廟9

ムルデカ・スクエアへ向かうも…

この後、マレーシアらしい古い建築が建ち並ぶムルデカ・スクエアへと向かったのですが、ヘイズ(煙害)が悪化して写真を撮りながらの観光どころではなくなり、これにてこの日の観光は強制終了orz。とりあえず、3枚ほど写真を。

チャイナタウンからムルデカ・スクエアへの途中にあるセントラル・マーケット。クアラルンプール セントラル・マーケット

ムルデカ・スクエアにあるクアラルンプール・シティ・ギャラリー。クアラルンプール シティ・ギャラリー1

クアラルンプール シティ・ギャラリー2

おまけでKLタワー

この日の夜は友人の結婚式に参加しました。それについてはブログでの写真掲載は割愛しますが、代わりに前日ペナンからクアラルンプールに戻ってきた夜にKLタワーに行ったので、その時の写真を。KLタワーはペトロナス・ツインタワーの並びクアラルンプールを代表する2大タワーです。KLタワーでも写真を撮りましたが、その中から一風変わったアートっぽい写真を何枚か。クアラルンプール KLタワー1

クアラルンプール KLタワー2

クアラルンプール KLタワー3

クアラルンプール KLタワー4

クアラルンプール KLタワー5

【まとめ】

という訳で、クアラルンプールにあるチャイナタウンの記事でした。まあ、ヘイズ(煙害)については行った時期が悪かったとしか言いようがないのですが、結局クアラルンプールでは一度も青空を見ることができませんでした。トホホ。。。ただ、そんな中でも通算4度目のクアラルンプールは、来る度新しい発見がある街だなと再認識しました。

さて次からは、舞台をマレーシアからブルネイに移します。ブルネイは初めての訪問でしたが、他の東南アジアと似た部分もあれば、それでない部分もあり、中々興味深いものでした。

[関連リンク]
マレーシア政府観光局(クアラルンプール)
セントラル・マーケット(英語)
クアラルンプール・シティ・ギャラリー(英語)
KLタワー(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。