お金持ちの国ブルネイへ初上陸

ブルネイ国際空港 アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、6日目のブルネイについて書いていきます。自分にとっては初めてのブルネイで、他の東南アジアとの異同点も含めて興味深いものでした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
☆2日目③ブキッ・ビンタン(関連記事
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
☆3日目③チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)(関連記事
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
☆5日目①国立モスク、イスラム美術館(関連記事
☆5日目②チャイナタウン(関連記事
★6日目①ロイヤル・レガリア(今回の記事)
☆6日目②オールドモスク(関連記事
☆7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(関連記事
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

クアラルンプールからブルネイへ

マレーシア・ブルネイ旅行の6日目。この日はクアラルンプールからブルネイへと向います。

まずは宿泊したホテルのチェックアウト。 aloft KLセントラル

ペナンからクアラルンプールに戻った後の滞在は、KLセントラル駅に直結のアロフト(aloft)ホテルでした。アロフトはスターウッドグループのホテルで、その中のデザイン系ホテルの「Wホテル」のローコスト版という位置づけです。『NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.04クアラルンプール』(高城剛著)で紹介されていて、試しに宿泊してみたのですが、館内でパソコンやプリンターが自由に使えたり(→フライトのウェブ・チェックイン及び搭乗券印刷に便利)、テイクアウト用の飲食類を含むミニ・コンビニみたいのがあったりと、何かと便利でした。クアラルンプール観光であれば、繁華街のブキッ・ビンタンかツインタワーのあるKLCC でホテルを取るのが定番かと思いますが、それぞれのエリアに電車(KTM、モノレール)で一本で行けて、空港へもKLIAエクスプレスで行けるKLセントラルは、最近モールもオープンするなど便利になってきていますので、意外に便利だなと今回実感しました。

で、KLセントラルからKLIAエクスプレスでクアラルンプール国際空港へと向かいます。KLセントラル駅

ちなみに、一部の航空会社ではKLセントラル駅で受託手荷物の預け入れを含むチェックイン手続ができ、今回利用するロイヤルブルネイ航空もその一つでしたので、KLセントラル駅にて受託手荷物を預け入れましたが、これは地味に有り難かったです(→KLセントラルでチェックイン可能なのは、このほかマレーシア航空、キャセイ・パシフィック航空、エミレーツ航空、エティハド航空)。

空港で朝食を。こちらではポピュラーなカヤトーストです。クアラルンプール国際空港 朝食 カヤトースト

一路ブルネイへ。クアラルンプール国際空港 ロイヤルブルネイ航空

約2時間強のフライトですが、機内食が出ました。ロイヤルブルネイ航空 機内食

ロイヤルブルネイ航空の印象ですが、まあ、エコノミークラスということもあり特にこれっといって印象はないのですが(笑)、離陸前にコーランが流れてお祈りを行う時間が取られてたり、女性CAは皆さん頭にスカーフを巻いたりと、敬虔なイスラムの国なんだなというのはこの時から感じていました。

ブルネイ到着

ブルネイ国際空港に到着しました。残念ながら、クアラルンプール同様こちらもヘイズ(煙害)の影響をもろに受けています(涙)。ロイヤルブルネイ航空 ブルネイ国際空港

空港の到着ロビー。ブルネイ国際空港 到着ロビー

イスラムの国らしく空港出口のすぐ横にはモスクが。ブルネイ国際空港 モスク

なお、宿泊するホテルには空港からの送迎をお願いしていたのですが、ドライバーが時間通りに現れず。ホテルに電話して、それから15分くらいしてドライバーが現れ、ホテルへ。

宿泊したのは、ブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンにあるザ・キャピタル・レジデンス・スイート。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ザ・キャピタル・レジデンス・スイート

ここを選んだのは、空港への送迎が無料であるのと、それ以外への観光地へも車で送り迎えしてくれるというサービスがあったためです。ブルネイは鉄道がなく、またタクシーもつかまりにくいというネックがあったので、これらのサービスは助かりました。

ホテルにチェックイン後、この日は首都バンダル・スリ・ブガワンを歩いて見て回りました。

ロイヤル・レガリア

最初に訪れたのは、ロイヤル・レガリア。ここには、ブルネイ王室の所有する装飾品や資料の展示が行われています。2階建ての建物のうち、2階は写真撮影禁止で、建物外観と1階のみ写真を撮ることができました。

まずは建物外観。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア1

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア2

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア3

1階の展示。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア4

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア5

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア6

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア7

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア8

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア9

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア10

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ロイヤル・レガリア11

ヤヤサンSHHBコンプレックス

ロイヤル・レガリアを後にしてやって来たのは、ヤヤサンSHHBコンプレックスというモール。モール自体はとりたてて特徴はありませんでしたが、この次の目的地に向かう前に夕食をここで済ましました。

建物外観。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ヤヤサンSHHBコンプレックス 建物1

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ヤヤサンSHHBコンプレックス 建物2

中のフードコートで軽く食事を。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ヤヤサンSHHBコンプレックス フードコート1

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ヤヤサンSHHBコンプレックス フードコート2

モールのすぐ近くには、この日最後の目的地であるオールドモスクがあります。ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン ヤヤサンSHHBコンプレックス オールド・モスク

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン オールド・モスク1

ブルネイ バンダル・スリ・ブガワン オールド・モスク2

この後オールドモスクを見ていきますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、ブルネイ初上陸の記事でした。ブルネイは石油やガスなどの天然資源に恵まれ、ちょっと他の東南アジアの国とは違った雰囲気もありました。一般的な東南アジアのイメージとして、街中には自動車やバイクが溢れて雑然とした印象があったりしますが、ブルネイでは車の通行量もあまり多くなく、街全体が静かな印象です。それと国全体が潤っているせいか、ブルネイの人はのんびりした感じで(→ちなみに、個人の所得税や住民税はないとのこと)、道路を横断しようとすると大抵のドライバーは車を停めてくれたりするなど、他の東南アジアの国々ではまず考えられないような光景にもしばしば遭遇しました。

そんな不思議な国ブルネイですが、次の記事ではブルネイ最大の見所であろうオールドモスクについて見ていきます。
[関連リンク]
Aloft Kuala Lumpur Sentral(英語)
ロイヤルブルネイ航空(英語)
ブルネイ政府観光局(英語)
ザ・キャピタル・レジデンス・スイート(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。