ブルネイの水上集落やニューモスクなどなど

ブルネイ 水上集落 アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、ブルネイの水上集落やニューモスクなどについて書いていきます。ブルネイの水上集落は世界的にも最大規模の水上集落で、一見の価値がありました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
☆2日目③ブキッ・ビンタン(関連記事
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
☆3日目③チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)(関連記事
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
☆5日目①国立モスク、イスラム美術館(関連記事
☆5日目②チャイナタウン(関連記事
☆6日目①ロイヤル・レガリア(関連記事
☆6日目②オールドモスク(関連記事
★7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(今回の記事)
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

ブルネイ2日目、旅行全体としては7日目最終日となりました。この日の午前中は、水上集落、ニューモスク、ガドン地区と見て回りました。

水上集落

カンポン・アイールは、ブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンにある水上集落。この水上集落には42の村があり、約39,000人もの人が実際に住んでいて、水上集落としては世界最大規模のものだそうです。そして住民の足となるのがボートにエンジンを積んだ水上タクシーで、観光客相手には30分から1時間かけて水上集落を回ってくれます。今回自分も水上タクシーをチャーターして、水上集落を見て回りました。

ブルネイ初日に訪れたヤヤサンSHHBコンプレックス近くに水上タクシーの発着場があります。ブルネイ 水上タクシー 乗り場

水上タクシーはこんな感じで走っています。ブルネイ 水上タクシー 1

色んな水上タクシーの運転手が声を掛けてくる中、この赤い服を着た人をチョイス。""

と言う訳で、水上タクシーをチャーターしての水上集落巡りスタートです。""

まずは建物の様子。水上集落には、住居のほか、病院、学校、商店など一通りの生活インフラが揃っているとのこと。ブルネイ 水上集落1

ブルネイ 水上集落2

ブルネイ 水上集落3

ブルネイ 水上集落4

住民にとっては、水上タクシーが生活の足になっているようです。ブルネイ 水上集落5

村と村とは歩道橋で結ばれています。ブルネイ 水上集落6

ちなみに、水上タクシーのスピードは結構速く、迫力ありました。ブルネイ 水上タクシー2

ブルネイ 水上タクシー3

ブルネイ 水上タクシー4

所定の時間が来たので、発着場の方へと戻っていきます。""

""

最後は運転手のピースで終了。ブルネイ 水上タクシー 運転手

また、水上集落の近くにはオープンマーケット(市場)もあり、軽く覗きました。""

ブルネイ オープンマーケット 市場1

ブルネイ オープンマーケット 市場2

ブルネイ オープンマーケット 市場3

ここでバンダル・スリ・ブガワンのダウンタウンを一旦離れ、最近発展しているというガドン地区へと向かいます。また、途中でニューモスクにも立ち寄りました。

ニューモスク

ジャメ・アスル・ハサナル・ボルキア・モスク、通称ニューモスクは、ガドン地区にある新しいモスク。現ハサナル・ボルキア国王の即位25周年を記念して1994年に完成。ブルネイ初日に訪れたオールドモスク同様に、イスラム教徒以外でも時間帯によっては建物内部も見学可能でしたが、訪れた時間はイスラム教徒のみの時間帯でしたので、建物外観を何枚か写真を撮りました。
ブルネイ ニューモスク1

ブルネイ ニューモスク2

ブルネイ ニューモスク3

""

""

ブルネイ ニューモスク4

ガドン地区

ガドン地区は、ダウンタウンと空港の間にできた新しい商業地区。近年ホテルやショッピングモールが建設され、発展してきているそうです。

「ザ・モール」というショッピングモール。ブルネイ ガドン ザ・モール1

ブルネイ ガドン ザ・モール2

街中の様子。ブルネイ ガドン 街並み1

ブルネイ ガドン 街並み2

ブルネイ ガドン 街並み3

ブルネイ ガドン 街並み4

ここら辺でそろそろお昼を。""

ブルネイですが、あえてフィリピンのハンバーガー・チェーンのジョリビーにてランチを。ブルネイ ジョリビー1

ブルネイ ジョリビー2

以前マニラを訪れた際にジョリビーで食事しましたが、フィリピンではマクドナルドよりも人気で、フィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビアに進出しています。今の時点では日本にはお店がないので、久し振りにジョリビーのハンバーガーを食べたいなと思い、ここにしました。

【まとめ】

という訳で、ブルネイの水上集落やニューモスクなどの記事でした。ブルネイ観光のハイライトは、初日に訪れたオールドモスクであることは間違いないとは思いますが、それ以外にも見所はある国だなと思いました。

次の記事では、今回のマレーシア・ブルネイ旅行シリーズの最終回として、ブルネイの7つ星ホテルであるエンパイア・ホテルについて書いていきます。

[関連リンク]
ブルネイ政府観光局(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。