尾道七佛めぐりとか猫の細道とか

尾道 アイキャッチ画像

【はじめに】

5月末に1泊2日で広島県の尾道とさらに足を延ばしてしまなみ海道に行ってきました。

3年前に尾道が舞台となった北川景子さん主演のソニーのCMを見て、特に「猫の細道」に惹かれ、3年越しで実現しました。また、「尾道七佛めぐり」を始めとする古寺も風情がありました。しまなみ海道については、ちょうどこの頃『村上海賊の娘』が本屋大賞を受賞するなど話題となっており、またサイクリング自体も興味があることから、向島・因島を自転車を借りて回りました。

この記事は、このうち1日目の尾道エリアに関するものです。

【旅程】
★1日目:尾道(尾道七佛めぐり、猫の細道)
☆2日目:しまなみ海道(尾道→向島→因島→尾道)

【旅行日】
2014年5月30日〜31日

【本編】

尾道に着きました。尾道駅 写真

尾道に興味を持つきかっけとなったCMもちょうどこの尾道駅からスタートしていたので、「おお〜」と感慨深いものがありました。

尾道は地元出身の大林宣彦監督の映画でもよく登場しますが、坂道が多く風情ある町並みが楽しめます。尾道 坂 写真

そして、古くから仏教が栄えた土地なので、古寺巡りや歴史文化を知るには絶好の場所です。また「尾道七佛めぐり」と呼ばれる七つのお寺が宗派をこえてご縁を結んだルートもあります。という訳で、尾道観光としては「尾道七佛めぐり」の古寺を中心に回ってみました。

「尾道七佛めぐり」その1:延命祈願の持光寺。大きな石門が特徴です。尾道七佛めぐり 持光寺 写真

「尾道七佛めぐり」その2:病気平癒祈願の天寧寺。五百羅漢像が圧巻でした。尾道七佛めぐり 天寧寺 写真

少し早いですが、お昼に。ご当地の美味しいものをと思い、尾道ラーメンのお店から人気の「朱華園」へ。尾道 ラーメン 朱華園 写真1

平日の11時前に行きましたが、既に並んでいました。評判通り美味しいラーメン(中華そば)でした。尾道 ラーメン 朱華園 写真2

お昼の後は、「尾道七佛めぐり」3箇所目の千光寺を目指すため、まずは千光寺公園山頂へと向かうロープウェイに乗ります。尾道 千光寺公園 ロープウェイ 写真

千光寺公園に着きました。こちらは、公園内にある展望台からの眺めです。尾道 千光寺公園 写真

千光寺公園から千光寺へは、「文学のこみち」を辿って行きます。尾道 文学のこみち 写真

文学のこみちは、点々と続く自然石に刻まれた25の文学碑がある散歩道で、林芙美子や志賀直哉など尾道のゆかりのある文人の石碑があります。

こちらは文学のこみちの途中にある「ポンポン岩」。尾道 ポンポン岩 写真

2010年から2011年にかけて放送されたNHKの朝の連続テレビ小説『てっぱん』のオープニングにも登場していました。

千光寺が見えてきました。尾道七佛めぐり 千光寺 写真1

「尾道七佛めぐり」その3:開運厄除祈願の千光寺。本堂から尾道市内全体を見下ろすことができます。尾道七佛めぐり 千光寺 写真2

千光寺内のキュートなお地蔵さん。尾道七佛めぐり 千光寺 写真3

左手に見えるのは千光寺境内にある玉の岩という巨石。ロープウェイが来るタイミングを待って写真に収めました。尾道七佛めぐり 千光寺 写真4

ここら辺で千光寺を後にしまして、猫の細道へと向かいます。

その途中にあるのがこちらの天寧寺・海雲塔。尾道 天寧寺・海雲塔 写真

自分が今回尾道を訪れる数ヶ月前に写真好きの知り合いがこの風景をFacebookにアップしているのを見て、素敵な場所だと思っていました。

そして3年前にCMを見て以来いつか行こうと思っていた「猫の細道」。尾道 猫の細道 写真1

猫の細道周辺には、作家の園山春二氏がデザインした「福石猫」が点在しています。尾道 猫の細道 写真2

こちらの福石猫をプロフィール画像に使用中。尾道 猫の細道 写真3

また、福石猫だけでなく、本物の猫も尾道ではたくさん見かけました。人に慣れているせいか、近づいても逃げたりしない猫が多かったです。尾道 猫 写真

こちらは、猫の細道沿いにある「艮神社」。映画「時をかける少女」や「ふたり」のロケが行われたそうです。尾道 艮神社 写真

猫の細道はこれくらいにして、「尾道七佛めぐり」を再開することに。

「尾道七佛めぐり」その4:合格祈願の大山寺。写真は新三猿象。尾道七佛めぐり 大山寺 写真

「見ざる、言わざる、聞かざる」とは真逆の「見てご猿、言うてご猿、聞いてご猿」世の中の正しいことを「よく見よう」「よく言おう」「よく聞こう」という願いがこもっているとのこと。

「尾道七佛めぐり」その5:健脚祈願の西國寺。2mを超える巨大な草履が奉納されています。尾道七佛めぐり 西國寺 写真

「尾道七佛めぐり」その6:必勝祈願の浄土寺。足利尊氏も必勝祈願に訪れたとのこと。尾道七佛めぐり 浄土寺 写真

「尾道七佛めぐり」その7:技芸上達祈願の海龍寺。江戸時代の人形浄瑠璃家のお墓などがありました。尾道七佛めぐり 海龍寺 写真

これで「尾道七佛めぐり」完全制覇しました。尾道駅からは2〜3km歩いたと思います。

あとはブラブラしながら、途中おやつに尾道プリンを食べたり、尾道プリン 写真

夕食には尾道焼きを頂きました。尾道焼き 写真

ここまでが1日目です。2日目は、しまなみ海道でのサイクリングを別の記事として載せますが、2日目後半には尾道に戻り追加でいくつか回ったりしたので、この記事の中で紹介することにします。

まずは、「ガウディーハウス」。大林宣彦監督の「ふたり」などにも登場しているとこと。尾道 ガウディーハウス 写真

こちらは、元は「大和湯」という銭湯をリフォームした喫茶店「ゆーゆー」。尾道 ゆーゆー 写真1

「瓢定(ひょうてい)」という尾道水道の天然あなごを備長炭で焼き上げた看板メニューです。尾道 ゆーゆー 写真2

あまなつ・ぶどう・いちじくを使ったヨーグルトも美味しかったです。尾道 ゆーゆー 写真3

最後は、帰路につく前に撮った日の入り前の尾道の港。尾道 港 写真

【まとめ】

という訳で、前半の尾道編でした。

ちなみに、冒頭で書いた尾道を舞台にした北川景子さん主演のソニーのCMですが、自分にとって初めて購入した一眼カメラの製品CMです。それまでコンデジすら満足に使いこなしてこなかった自分が、猫の細道を始めとする尾道のノスタルジックな風景や、「背景をぼかす」写真に魅了され、「ビビビ」と思い購入しました。あの時のCMがきっかけで今こうして写真に興味を持つことにつながっていますので、今回こうして尾道を訪問できたは嬉しい限りです。

今はもう生産終了品ですが、まだ特設サイトが残っており、尾道を舞台にした写真や映像を見ることができます。ご興味あればご覧下さい。

[参考]
尾道観光協会「おのなび」
尾道七佛めぐり公式ホームページ
SONY NEX-C3 特設サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。