小樽雪あかりの路〜地元の方による手作り感満載のイベント

小樽雪あかりの路 アイキャッチ画像

【はじめに】

3泊4日で冬の小樽・札幌旅行へと行ってきました。メインは小樽の「小樽雪あかりの路」と札幌の「さっぽろ雪まつり」を見ることです。この記事はそのうち1日目後半で、メインの一つの小樽の「小樽雪あかりの路」です。

【旅程】
★1日目:小樽(三角市場→小樽運河→堺町通り→北のウォール街→小樽雪あかりの路)
☆2日目:小樽(北運河→小樽市総合博物館)⇒札幌(さっぽろ雪まつり@大通会場)
☆3日目:札幌(北海道庁旧本庁舎→札幌市時計台→円山動物園→北海道神社→白い恋人パーク)
☆4日目:札幌(札幌場外市場→さっぽろ雪まつり@つどーむ会場→JRタワー展望室→サッポロビール博物館→サッポロファクトリー)

【旅行日】
2015年2月8日〜11日

【本編】

いよいよ旅行のメインの一つである「小樽雪あかりの路」のスタートです。小樽雪あかりの路 写真1

小樽雪あかりの路の会場は、メインの運河会場と手宮線会場、そしてそれらとは離れた場所に朝里川温泉会場の3箇所に分かれていて、今回は運河会場と手宮線会場の2箇所を見て回ることにします。

まずは、運河会場から。小樽運河 夜景 写真1

まだこの時間は完全には日が沈みきっておらず、いわゆるマジックアワーの時間帯です。

運河沿いの道には、色んな形の雪のオブジェが設置されています。小樽雪あかりの路 写真2

小樽雪あかりの路 写真3

小樽雪あかりの路 写真4

ふと運河を隔てた倉庫を見ると、もうだいぶ日が落ちていました。小樽運河 夜景 写真2

ハート型のオブジェです。小樽雪あかりの路 写真5

反対方向から色合いを変えてみました。小樽雪あかりの路 写真6

季節は違いますが、もみじのオブジェ。小樽雪あかりの路 写真7

小樽雪あかりの路 写真8

運河会場の端にある中央橋からの眺めです。小樽運河 夜景 写真3

ここからはもう1つの手宮線会場です。小樽雪あかりの路 写真9

オブジェの雪山。小樽雪あかりの路 写真10

キャンドルの灯火ひとつひとつに、「手づくり」の温かさが感じられます。小樽雪あかりの路 写真11

小樽雪あかりの路 写真12

雪だるまのカップルとか。小樽雪あかりの路 写真13

小樽雪あかりの路 写真14

ラブラブですね。小樽雪あかりの路 写真15

一転して、日本の侘び寂び。小樽雪あかりの路 写真16

小樽雪あかりの路 写真17

ボール。小樽雪あかりの路 写真18

ハート。小樽雪あかりの路 写真19

ふくろう?小樽雪あかりの路 写真20

小樽雪あかりの路 写真21

そして最後は会場出口付近のハートのオブジェ。小樽雪あかりの路 写真22

【まとめ】

という訳で、3泊4日の冬の小樽・札幌旅行の1日目後半で、小樽の「小樽雪あかりの路」でした。正直言うと、最初「さっぽろ雪まつり」を見に行こうと決めて、その中で「どうせなら、小樽まで足を伸ばして『小樽雪あかりの路』も見に行こうか」と付随的に追加したものでしたが、結果的に行って大正解です。イベント全体からは、地元のボランティア・スタッフの方々を中心とする「手作り感」を感じることができました。今回小樽は初めてでしたが、昼間の小樽散策についても、街全体がコンパクトにまとまっており、回りやすい印象です。2日目は、午前中が小樽で、午後から札幌に移動し、「さっぽろ雪まつり」を見に行きますが、特に午前中は天気が厳しく色々大変でした(笑)。

[参考]
小樽雪あかりの路(公式サイト)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。