小樽散策〜北運河・小樽市総合博物館・小樽運河

小樽運河 アイキャッチ画像

【はじめに】

3泊4日で冬の小樽・札幌旅行へと行ってきました。メインは小樽の「小樽雪あかりの路」と札幌の「さっぽろ雪まつり」を見ることです。この記事はそのうち2日目前半で、主に小樽の北運河・小樽市総合博物館・小樽運河を散策します。

【旅程】
☆1日目:小樽(三角市場→小樽運河→堺町通り→北のウォール街→小樽雪あかりの路)
★2日目:小樽(北運河→小樽市総合博物館)⇒札幌(さっぽろ雪まつり@大通会場)
☆3日目:札幌(北海道庁旧本庁舎→札幌市時計台→円山動物園→北海道神社→白い恋人パーク)
☆4日目:札幌(札幌場外市場→さっぽろ雪まつり@つどーむ会場→JRタワー展望室→サッポロビール博物館→サッポロファクトリー)

【旅行日】
2015年2月8日〜11日

【本編】

2日目の朝です。この日は午前中までが小樽、そして午後からは札幌となります。

何はともあれ宿泊したホテルをチェックアウトします。ドーミーインPREMIUM小樽 写真

宿泊したホテルについて簡単に触れておくと、「天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽」に泊まりました。こちらのネット記事を見て決めたのですが、確かにそこに書いてある通り、コストパフォーマンス的に申し分ないホテルだったと思います。

この日の小樽のお天気は雪の予報でしたが、ホテルをチェックアウトした段階ではこんな感じで、晴れ間が見えていました。

午前中は北運河沿いをのんびり散歩して、その途中にある「小樽市総合博物館」などを見る予定で、「あれ、予報では雪だけど、これなら大丈夫かな!?」とこの段階では高をくくっていました。

ところが、それから10分もしないうちに、雪が降り始めました。

とりあえず、北運河沿いを歩きます。小樽 北運河 写真1

が、時間が経つにつれて段々と雪の強さが増してきます。小樽 北運河 写真2

ちょっとここまでの雪は想定していなかったので、心が折れそうになりました。小樽 北運河 写真3

通り沿いに「鱗友朝市」という市場があるので、休憩がてらそこに駆け込みます。小樽 鱗友朝市 写真1

中の様子です。小樽 鱗友朝市 写真2

ここは観光客向けというよりは、地元の方が主なお客さんという感じでした。

それからもう5分くらい歩いて、ようやく目的地の「小樽市総合博物館」の本館に着きました。小樽市総合博物館 写真1

目玉はこちらの蒸気機関車「しづか号」で、準鉄道記念物指定第1号とのことです。小樽市総合博物館 写真2

このほか、小樽の交通史に関する種々の展示物や小樽市総合博物館 写真3

企画展として昔懐かしい品々の展示がありました。小樽市総合博物館 写真4

小樽市総合博物館 写真5

本館とは別に小樽運河近くに「運河館」があり、そちらにも行ってみました(→来た道を戻るのですが、歩くと30分くらいかかり、ちょっともうあの雪の中をそれだけ歩くのはシンドイので、帰りはタクシーでw)。小樽市総合博物館 運河館 写真1

中は、こんな感じで明治から昭和の頃の小樽の生活の様子や小樽市総合博物館 運河館 写真2

小樽市総合博物館 運河館 写真3

さらに古代の様子の展示がありました。小樽市総合博物館 運河館 写真4

小樽市総合博物館 運河館 写真5

小樽最後の食事です。小樽と言えばお寿司だろと思い、「すし処 浜谷」というお寿司屋さんへ。小樽 すし処 浜谷 写真1

セットのものを注文したのですが、一貫ずつ握ってくれて、カウンター席より一段高い所に置いてくれます。以下、何枚か。小樽 すし処 浜谷 写真2

小樽 すし処 浜谷 写真3

小樽 すし処 浜谷 写真4

小樽 すし処 浜谷 写真5

小樽 すし処 浜谷 写真6

小樽 すし処 浜谷 写真7

さて、最後に小樽のお寿司も食べたことだし、この後すぐに小樽から札幌に移動する予定でしたが、外に出ると先ほどまでの雪が止み、なんと晴れ間が出ているではないですか。

1日目に小樽運河を散策した時に、「道には雪が、一方でお天気は冬晴れの青空」というシチュエーションで写真を撮りたいと思っていたところ、あいにくの曇り空でその願いが叶えられなかったのですが、最後の最後その機会が巡ってきました。

という訳で、急遽予定を変更し、札幌への電車を一本遅らせて、再度小樽運河へと向かいました。そのうち4枚ほど載せます。小樽運河 写真1

小樽運河 写真2

小樽運河 写真3

小樽運河 写真4

いやはや満足です。そして小樽を後にして、札幌に向かいました。小樽駅 写真

【まとめ】

という訳で、3泊4日の冬の小樽・札幌旅行の2日目前半で、小樽散策(北運河・小樽市総合博物館・小樽運河)でした。今回小樽は初めてで滞在時間も実質1日強でしたが、大変印象深いものでした。さて、札幌に着いてからは、今度は「さっぽろ雪まつり」へと繰り出すのですが、それについては次回で。

[参考]
おたるぽーたる(小樽観光協会)
ドーミーインPREMIUM小樽
小樽市総合博物館
すし処 浜谷


2件のコメント

  1. はじめまして!
    同じ1670のお手本にさせていただきたく
    αカフェからやってきました(ストーカーと思わないでください(笑)
    晴れ間の小樽運河はどのように撮ったのでしょうか?
    気になります。

    1. ピクルスさん、こんばんわ〜。コメントありがとうございます。また、αカフェから見に来て頂いて嬉しいです!
      自分の場合、最近はRAWで撮ってアドビのLightroomで現像しています。ご質問の晴れ間の小樽運河の写真ですが、現像処理の過程の中で、明暗差を少なくして、明瞭度を上げています。なので、効果としては絵画調のHDR処理した写真に近いと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。