札幌散策〜白い恋人パーク&夜のイルミネーションも

白い恋人パーク アイキャッチ画像

【はじめに】

3泊4日で冬の小樽・札幌旅行へと行ってきました。メインは小樽の「小樽雪あかりの路」と札幌の「さっぽろ雪まつり」を見ることです。この記事はそのうち3日目後半で、主に札幌の白い恋人パークを見て回ります。

【旅程】
☆1日目:小樽(三角市場→小樽運河→堺町通り→北のウォール街→小樽雪あかりの路)
☆2日目:小樽(北運河→小樽市総合博物館)⇒札幌(さっぽろ雪まつり@大通会場)
★3日目:札幌(北海道庁旧本庁舎→札幌市時計台→円山動物園→北海道神社→白い恋人パーク)
☆4日目:札幌(札幌場外市場→さっぽろ雪まつり@つどーむ会場→JRタワー展望室→サッポロビール博物館→サッポロファクトリー)

【旅行日】
2015年2月8日〜11日

【本編 (続き) 】

この日の後半は、「白い恋人パーク」に行ってみました。白い恋人パーク 写真1

石屋製菓の「白い恋人」といえば、北海道土産の定番中の定番で、ご存じの方も多いのではないでしょうか。白い恋人パークには、「ファクトリーウォーク」という工場の製造ライン等を見学できるエリアがあり、「白い恋人」が好きな自分としても興味が沸き、行ってみたところです。以下何枚か。

ここは「チョコレートカップコレクション」という18世紀頃のカップを集めたエリア。白い恋人パーク 写真2

こちらは「ステンドガラスの部屋」です。白い恋人パーク 写真3

お花をアップで。白い恋人パーク 写真4

ここら辺は「パッケージラベルの部屋」です。白い恋人パーク 写真5

白い恋人パーク 写真6

白い恋人パーク 写真7

チョコレートに関する豆知識など。白い恋人パーク 写真8

石屋製菓の歴史とか。白い恋人パーク 写真9

現在販売中の商品のラインアップ。白い恋人パーク 写真10

白い恋人パーク 写真11

白い恋人パーク 写真12

白い恋人パーク 写真13

こちらは普段はお目にかかることのない製造ライン。白い恋人パーク 写真14

白い恋人パーク 写真15

白い恋人パーク 写真16

「チョコレートラウンジ」という喫茶ルームで、チョコっと(?)休憩します。白い恋人パーク チョコレートラウンジ 写真1

「白い恋人パフェ」を頼みました。白い恋人パーク チョコレートラウンジ 写真2

一通り見学を終えて、外の「ローズガーデン」という庭園に出てみます。白い恋人パーク ローズガーデン 写真1

一度雪はあがったのですが、この後また降り始めてきました。

時間帯によっては、シャボン玉が出ていました。白い恋人パーク ローズガーデン 写真2

実は白い恋人パークに来たのにはもう一つ目的があって、以前ここの情報を調べていた時に、綺麗な夜のイルミネーションの写真を見て、興味を持ちました。

という訳で、イルミネーションの写真を何枚か。白い恋人パーク イルミネーション 写真1

白い恋人パーク イルミネーション 写真2

白い恋人パーク イルミネーション 写真3

それと、カメラにある「多重露光」アプリを使って、ちょっと遊んでみました。白い恋人パーク イルミネーション 写真4

白い恋人パーク イルミネーション 写真5

白い恋人パーク イルミネーション 写真6

白い恋人パーク イルミネーション 写真7

白い恋人パーク イルミネーション 写真8

雪と寒さで限界だったので、ここで白い恋人パークを後にしました。

夕食は、「Curry Di.SAVoY」というスープカレーのお店。札幌 Curry Di.SAVoY 写真1

「チキンの野菜カリー」を注文しました。札幌 Curry Di.SAVoY 写真2

【まとめ】

という訳で、3泊4日の冬の小樽・札幌旅行の3日目後半で、白い恋人パークでした。ここは、海外(特にアジア系)の方が多く訪れていたのが印象的でした。4日目は、「さっぽろ雪まつり」の「つどーむ会場」やサッポロビール博物館などを回ります。

[参考]
白い恋人パーク
石屋製菓
Curry Di.SAVoY


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。