小豆島 迷路のまち・尾崎放哉記念館・西光寺・土渕海峡

小豆島 迷路のまち・尾崎放哉記念館・西光寺・土渕海峡 アイキャッチ画像

【はじめに】

3泊4日で愛媛・香川へ旅行に行ってきました。色々回ったうち、この記事では、小豆島の迷路のまち・尾崎放哉記念館・西光寺・土渕海峡について書いていきます。小豆島の観光地としては正直それ程メジャーではないかもしれませんが、それぞれ味がありました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆大洲その1〜肱川・おはなはん通り等(関連記事
☆大洲その2〜臥龍山荘・大洲城(関連記事
☆下灘〜JR予讃線下灘駅(関連記事
☆今治〜今治城など(関連記事
☆しまなみ海道〜来島海峡大橋(関連記事
☆小豆島その1〜二十四の瞳映画村(関連記事
☆小豆島その2〜小豆島オリーブ公園(関連記事
☆小豆島その3〜エンジェルロード(関連記事
★小豆島その4〜迷路のまち等(今回の記事)
☆松山市内(おまけ)〜路面電車、坊っちゃん列車、みきゃん(関連記事

【旅行日】
2015年7月25日-28日

【本編】

小豆島、そして愛媛・香川旅行の最後の記事です。小豆島では二十四の瞳映画村、小豆島オリーブ公園、エンジェルロードを訪れた後、それ以外にもいくつか見て回りました。

迷路のみち

海賊から島民の生活を守るため、海風から建物や日常生活を守るために意図的に造られた複雑な路地が「迷路」のようであるということから、いつの頃からか「迷路のまち」と呼ばれるようになったそうです。また、路地にはかわいらしいオブジェが点在していました。小豆島 迷路のまち 1

小豆島 迷路のまち 2

小豆島 迷路のまち 3

小豆島 迷路のまち 4

小豆島 迷路のまち 5

小豆島 迷路のまち 6

小豆島 迷路のまち 7

小豆島 迷路のまち 8

小豆島 迷路のまち 9

小豆島 迷路のまち 西光寺 1

小豆島 迷路のまち 西光寺 2

尾崎放哉記念館

尾崎放哉は、明治時代から大正時代にかけて活躍した自由律俳句の最も著名な俳人です。その記念館が迷路のまちの中にあり、『火花』で芥川賞を受賞したピースの又吉さんも尾崎放哉のファンと耳にしたことがあるので、立ち寄ってみました。小豆島 尾崎放哉記念館 1

小豆島 尾崎放哉記念館 2

小豆島 尾崎放哉記念館 3

西光寺

迷路のまちを歩いている時にも目に入った西光寺。こちらにも立ち寄りました。小豆島 西光寺 1

小豆島 西光寺 2

小豆島 西光寺 3

小豆島 西光寺 4

小豆島 西光寺 5

小豆島 西光寺 6

小豆島 西光寺 7

土渕海峡

小豆島で最後に訪れたのは土渕海峡。ここは世界一狭い海峡(→1番狭いところは、幅9.93メートル)としてギネスにも認定されているそうです。小豆島 土渕海峡 1

小豆島 土渕海峡 2

小豆島 土渕海峡 3

小豆島 土渕海峡 4

小豆島 土渕海峡 5

小豆島 土渕海峡 6

小豆島 土渕海峡 7

帰路へ

小豆島を後にして、高松港へ。小豆島 高松 高速艇

高松港では、1年半前に高松を訪れた時(→関連記事:その1その2)にも写真に収めた「Liminal Air-core-」を。前回と異なり、今回はお天気にも恵まれました。高松 Liminal Air-core- 1

高松 Liminal Air-core- 2

高松 Liminal Air-core- 3

そして高松空港へと移動し、帰路につきました。高松空港 夕景

【まとめ】

という訳で、小豆島の迷路のまちや土渕海峡などの記事でした。今回の3泊4日の愛媛・香川旅行については、これで一通りの内容となります。当初これにて完結としようと思いましたが、次回番外編としてもう1回だけ続けることにします。

[関連リンク]
小豆島旅ナビ


2件のコメント

  1. 天気が良かったみたいですね。
    素敵な写真、今回も何度も拝見させていただきました。
    ギネスに認定されている世界一狭い海峡、、、私も渡りました。
    あまり実感がわきませんでしたが(笑)
    改めて写真でみると、かっこいいですね。

    もしまたいく機会があれば、迷路のまちに行って見たいなと思いました!!
    次回も楽しみにしています♪

    1. michi315さんへ
      コメントありがとうございます。michi315さんも土渕海峡へ行かれたことあるのですね。まあ、あそこはどちらか言えば「ナニコレ珍百景」に出てきそうな場所ですが(笑)。また、そこからもほど近い迷路のまちは、オブジェが一体ごとに手作りでそれなりに面白かったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。