昭和記念公園の “Winter Vista Illumination”

【はじめに】

桜や紅葉の時期を中心に年に数回訪れる東京立川の昭和記念公園。冬のこの季節は、「Winter Vista Illumination」というイルミネーションのイベントが行われているということで行ってみました。当日は夕方から夜になるにつれてかなり冷え込んできたのですが、防寒対策を甘く見ていたため、かなり寒い思いをしました(苦笑)。

【訪問日】
2014年12月13日

【本編】

立川駅から徒歩10分くらいの所にある「あけぼの口」。昭和記念公園には入口がいくつかあり、普段は西立川駅から歩いてすぐの「西立川口」を利用することが多いのですが、この日のイルミネーションのイベント会場はこちらからとなります。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真1

なお、正確に言うと、「あけぼの口」からさらに5分くらい歩いて、「立川口」がイルミネーションのイベント会場入口となります。なので、最寄りの立川駅からはなんだかんだで15分歩くこととなります。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真2

ちょうど日没直後のマジックアワーの時間帯です。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真3

入場ゲートを通ってすぐ目に入るのが、こちらの三角柱の形をしたオブジェ。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真4

こんな感じで皆さん写真を撮りまくっています。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真5

そのすぐ先にあるのが、紅葉シーズンは銀杏並木となるカナール広場。ここも会場内の撮影ポイントの一つということで、多くの方が写真を撮っていました。という訳で、ここでは何枚か写真を撮りました。まずは真正面から。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真6

やや左側に寄って。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真7

そして今度は右側に寄って。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真8

また両サイドにはこんな感じでメッセージキャンドルがありますが、これについては最後改めて見ることに。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真9

カナール広場を噴水がある奥の方へと進んでみます。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真10

途中、炎に見立てた(?)水しぶきを撮ったり、昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真11

脇にあるキャンドルに見立てた(?)オブジェを撮ったりしました。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真12

アップで。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真13

もっとアップで。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真14

奥まで到着して、歩いてきた入口方向を見た様子です。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真15

振り返ると、こんな感じの噴水が。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真16

これが「ありのままで」の描写で、これはこれでいいのですが、何となく寂しい気がしたので、カメラの設定をいじって、「アナと雪の女王」風なイメージに変えてみました ♪( ´θ`)ノ昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真17

入口付近に戻って、先ほどチラッと触れたメッセージキャンドルです。神社の絵馬ではないですが、こんな感じでメッセージを書いてそれを飾ることができます(但し、別途200円料金必要)。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真18

雪だるまがかわいいですね。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真19

もう1枚。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真20

さらにもう1枚。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真21

最後出口付近です。昭和記念公園 Winter Vista Illumination 写真22

【まとめ】

本当はもう少しじっくり時間をかけて回ろうと思ったのですが、防寒対策が不十分で、心が折れました(笑)。もう途中から寒くて寒くて、さしずめ精神修行(苦行?)のような感じでした。

なお、このイルミネーションは12月25日(木)までのイベントで、特に23日と24日は花火もあるそうです。お近くの方でこの記事をご覧になって興味を持たれた方は行かれてはいかがでしょうか。なお、自分の失敗談から、防寒対策は十分にされることを強くオススメします。

[参考]
昭和記念公園の公式サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。