ショッピングに展望デッキにと見所満載!マリーナ・ベイ・サンズ

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、2日目のマリーナ・ベイ・サンズの様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ[今回の記事]
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回に続く形で、シンガポール・フライヤーから戻り、本格的にマリーナ・ベイ・サンズを見ていきます。

マリーナ・ベイ・サンズは、ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発された複合施設。2010年7月の開業で、その翌年2011年に放映されたSMAP出演のソフトバンクのCMを通じてその存在を知った方も多いのではないでしょうか。


(解散発表のあったSMAPですが、こうして改めてCMを見ると、凄いアイドルグループだよなあとしみじみ)

前回も書いた通り、マリーナ・ベイ・サンズは、大きく、①タワー・エリア、②ショッピング・エリア、③プロムナード・エリアの3つに分かれいて、まずはマリーナ湾に面したプロムナード・エリアから見ていきます。

クリスタル・パヴィリオン(ルイ・ヴィトン)

前回回ったアートサイエンス・ミュージアムと並んでプロムナード・エリアで目立つのが、クリスタル・パヴィリオン。海上に浮かぶルイ・ヴィトンのブティックで、ヴィトンのブティックとしてはパリ本店に次ぐ世界で二番目の規模だそうです。

こちらがその外観。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン1

建物には、671枚のガラスが使用されているそうです。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン2

ガラスへの写り込みが、これまた素敵です。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン3

""

""

今回は外観だけ撮って中には入りませんでしたが(∵お一人様だったのでw)、昔チラッとお店の中に入った時にはもすごくお洒落でかつアートな感じが印象的でしたので、ヴィトン好きな方は特に要チェックかと。

引き続きプロムナード・エリアを

プロムナード・エリアを引き続き見ていきます。 ""

対岸にはフラトン・ホテルや周辺の高層ビル群が。シンガポール マリーナ・ベイ1

広角で全体を写してみました。 シンガポール マリーナ・ベイ2

今度は反対のホテル(タワー・エリア)方向を撮っていきます。マリーナ・ベイ・サンズを見る度に思うのですが、このデザインは本当にインパクトありますよね。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ

そして、ホテルの手前はショッピング・エリア。 ""

ショッピング・エリアであるショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズに行ってみます。""

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(The Shoppes at Marina Bay Sands)は、マリーナ・ベイ・サンズにあるシンガポール最大級のショッピング・モール。高級ブランドショップやレストラン・カフェなど、約270のお店が入居し、「Bay Level」(1階)、「Galleria Level」(地下1階)、「Canal Level」(地下2階)の3つのフロアに分かれています。

中の様子。 シンガポール ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ1

お馴染みの(かつ自分にはあまり縁のないw)高級ブランドのお店がたくさんあります。 シンガポール ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ2

吹き抜けなので、開放感がありますね〜。シンガポール ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ3

地下2階「Canal Level」には人口運河があり、「サンパン・ライド(Sampan Rides)」という木製ボート(サンパン船)巡るアトラクションなんかもあります。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ サンパン・ライド1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ サンパン・ライド2

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ サンパン・ライド3

マリーナ・ベイ・サンズという場所柄ショッピング・エリアにはお洒落なレストランがたくさんありますが、一方でシンガポールらしくフードコートもあります。それがこちらの「ラサプラ・マスターズ(Rasapura Masters)」。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ラサプラ・マスターズ1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ラサプラ・マスターズ2

シンガポールのローカルフードのほか、マレーシア、フィリピン、タイ、日本、ベトナム、中国などアジア系のストールが中心です。ここで早めの夕食を取りました(→「黄亜細肉骨茶餐室」でローカルフードのバクテーを食べたのですが、写真写りがイマイチだったので、写真は省略)。夕食後、サンズ・スカイパークへ。

スカイパーク展望デッキ

サンズ・スカイパークは、タワー・エリア(ホテル)の屋上に広がる空中庭園。レストラン・バーのほか、展望デッキとインフィニティ・プールがあります。インフィニティ・プールについては、前述のSMAPが出演したソフトバンクのCMでも話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、現在は宿泊者のみ立ち入り可能なエリアなので、一般に解放されている展望デッキを見ていきます。

展望台の様子。 ""

""

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 展望デッキ3

展望台からの風景としては、東側にガーデン・バイ・ザ・ベイ、""

北側にシンガポール・フライヤー、 ""

そして西側には、マリーナ湾や""

フラトン・ホテルとその周辺のビル群を眺めることができます。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 展望デッキ1

さらにこのアングルでは、一段上のスペースからも見ることができます。""

午後7時過ぎになり、日が落ちてきました。 ""

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 展望デッキ2

""

この後、展望デッキでの日没の様子を、そしてその後はワンダーフルを含めたマリーナ・ベイ・サンズの夜景を撮っていきますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、2日目のマリーナ・ベイ・サンズの様子でした。

マリーナ・ベイ・サンズはホテルに宿泊しなくても十分楽しめる場所なんですが、一度は泊まってみたいですね〜。シンガポールの同クラスのホテルと比較した時に、設備・サービスが抜きに出てることはなく、むしろ劣っているという意見もチラホラ目にし、正直自分も「話題性やブランド料込みの料金設定かな〜」と思うところはあります。が、インフィニティ・プールなどはマリーナ・ベイ・サンズの宿泊者のみ利用可能で、なんだかんだ言って気になります。なので、普段の旅行では宿泊先にお金をかけることは滅多にしませんが、次回シンガポールを訪れる際には、マリーナ・ベイ・サンズとラッフルズ・ホテル(→関連記事)に1泊ずつして、「ホテル・ステイ」を目的とした旅行を実施するのもありではなかろうか、と妄想(?)しています。

さて、次の記事では、ワンダーフルなど、夜のマリーナ・ベイ・サンズについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com(日本語)
マリーナ・ベイ・サンズ(日本語)
ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(日本語)
サンズ・スカイパーク(日本語)
スカイパーク展望デッキ(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。