夜景が綺麗!夜のマリーナ・ベイ・サンズは昼とは違う楽しみ方を!

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、2日目の夜のマリーナ・ベイ・サンズの様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)[今回の記事]
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

スカイパーク展望デッキ

前回の続きで、マリーナ・ベイ・サンズのホテル屋上にあるスカイパーク展望デッキです。前回は日没に差し掛かるまででしたが、今回は日没直後の様子です。

まずは展望デッキ中央に位置するグッズ・ショップ周辺から。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ スカイパーク展望デッキ1

いい雰囲気ですね〜。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ スカイパーク展望デッキ2

展望台西側にはマリーナ湾が広がり、手前のプロムナード・エリアと対岸のビル群はライトアップされます。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ スカイパーク展望デッキ 夜景1

少し位置をずらして。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ スカイパーク展望デッキ 夜景2

一段上の高い位置から。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ スカイパーク展望デッキ 夜景3

本当は完全に暗くなるまでいたかったのですが、この後ワンダーフルを見るためにここでスカイパーク展望デッキからは離脱。スカイパーク展望デッキについては、昼間と日が沈んでからとでは雰囲気も異なるので、可能なら2回訪れるか又は夕方近くから行くなどして両方の景色を楽しむのがいいのかなと思います。

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ

展望デッキのあるタワー・エリアからワンダーフルが行われるプロムナード・エリアへ移動するにあたり、その途中ショッピング・エリアであるショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズを横切る格好となります。

以下、スナップです。シンガポール ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ 夜1

昼間とは、雰囲気が違いますね〜。 シンガポール ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ 夜2

外に出ました。 ""

昼間以上に人が多い印象です。""

ワンダーフル

ワンダーフル(Wonder Full)は、マリーナ・ベイ・サンズで行われる光と水と音楽が一体となった噴水ショー。1日目の夜は対岸のマーライオン・パーク近くで見ましたが(関連記事)、今回2日目夜はマリーナ・ベイ・サンズから見てみます。

会場は、プロムナード・エリアにあるイベントプラザ。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ イベントプラザ1

開始15分前に着いたら既にお客さんでびっしり埋まっていて、とりあえず後方から見ることに。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ イベントプラザ2

以下、ショーの様子です。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル2

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル3

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル4

正直写真としてはアレなレベルかもしれませんがw、雰囲気が伝わればと思い、恥を忍んで(?)載せます。ワンダーフルについては、対岸のマーライオン・パーク近くから見るとレーザー・ショー、マリーナ・ベイ・サンズから見ると噴水ショー、という風に見る場所で光景が違ってきますので、スケジュール上問題なければマーライオン・パーク周辺とマリーナ・ベイ・サンズのそれぞれから鑑賞することをオススメします(→但し、写真を綺麗に撮るのは正直ムズいので、写真はオマケで「見て楽しむ」ことを一番に考えた方がいいかもです)。

プロムナード

ショーが終わり、プロムナード・エリアをブラブラします。

対岸のフラトン・ホテル及び周辺のビル群。シンガポール マリーナ・ベイ 夜景

ルイ・ヴィトンのショップが入っているクリスタル・パヴィリオン。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン 夜景1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン 夜景2

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ルイ・ヴィトン 夜景3

アートサイエンス・ミュージアム。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ アートサイエンス・ミュージアム 夜景1

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ アートサイエンス・ミュージアム 夜景2

ヘリックス・ブリッジ

マリーナ・ベイ・サンズの北側、アートサイエンス・ミュージアムからほど近いヘリックス・ブリッジにやってきました。昼間も下見がてら渡りましたが(関連記事)、元々はライトアップされる夜のヘリックス・ブリッジの様子を写真に収めたいと旅行前から考えていました。

それではスタートです。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ヘリックス・ブリッジ 夜景1

らせん状のデザインがアートな感じでいいですね。""

途中せり出した部分からは、マリーナ・ベイ・サンズ、アートサイエンス・ミュージアム、ヘリックス・ブリッジを組み合わせて撮ることができます。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ヘリックス・ブリッジ 夜景2

少し右を向くと、アートサイエンス・ミュージアムと奥にフラトン・ホテルを組み合わせて撮ることができます。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ アートサイエンス・ミュージアム 夜景3

ゴール地点近くから。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ヘリックス・ブリッジ 夜景3

ヘリックス・ブリッジについてはあまりガイドブックでも触れられていないと思いますが、こんな感じで素敵な風景を見ることができますので、穴場的なスポットとしてオススメかと。

ベイフロント・ブリッジ

帰りは一本横のベイフロント・ブリッジを通って戻ります。ホワイトバランスを調整して色合いを変えてみました。

ヘリックス・ブリッジを横目に見る格好となり、先ほどとは違うアングルになります。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ベイフロント・ブリッジ 夜景1

ヘリックス・ブリッジをアップで。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ベイフロント・ブリッジ 夜景2

ここから写真を撮る人は皆無で、穴場中の穴場と言っていいと思います。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ベイフロント・ブリッジ 夜景3

マリーナ・ベイ・サンズに戻ってきました。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景

この後はホテルに戻り、2日目終了です。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、2日目夜のマリーナ・ベイ・サンズでした。昼間から楽しめるマリーナ・ベイ・サンズですが、ワンダーフルやライトアップされた周りの建物など、夜は夜で別の楽しみ方があります。なので、特に初めてシンガポールを訪れる方は、できれば1日かけて回るとマリーナ・ベイ・サンズを堪能できると思いますし、さらに可能なら宿泊してインフィニティ・プールで泳いだりすれば、もう完璧でしょう。

前回も載せましたが、昔のSMAPのCMを見ると自分もいつか泊まりたいなあと思いました。

さて、次の記事では、3日目午前中に訪れたシンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
マリーナ・ベイ・サンズ(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。