多民族国家シンガポールの街並み〜チャイナタウン編

シンガポール チャイナタウン アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、4日目のチャイナタウンの様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン[今回の記事]
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回のリトル・インディアからチャイナタウンへ。

パゴダ・ストリート

MRTのチャイナタウン駅の出口を出たら、チャイナタウンのメインストリートの一つ、パゴダ・ストリートに。シンガポール チャイナタウン1

パゴダ・ストリートにはお土産屋・雑貨店等色んなお店が建ち並びます。シンガポール お土産1

シンガポール お土産2

また、一つ横のテンプル・ストリートでは、ピープルズ・パーク・コンプレックス(「珍珠坊」は中国語の表記)という商業施設をバックに撮るこの構図が定番カットかと。シンガポール チャイナタウン2

なお、ブログの写真ではソフト(Lightroom)で色の補正をしていますが、急にこの辺りから空にもやがかかり始めました。「これはもしや?」と思いネットのニュースをチェックしたら、案の定「ヘイズ(煙害)」が発生とのです。昨年9月にマレーシア・ブルネイを旅行した時にヘイズにぶち当たりましたが、今回も一年前の悪夢が再来かと暗澹たる気持ちになりました(→結論から言えば、これ以降の日程ではヘイズに悩まされましたが、マレーシア・ブルネイ旅行に比べるとまだマシなレベルでした)。

マックスウェル・フードセンター

何はともわれ、お昼にします。チャイナタウンは食事の選択肢は豊富にありますが、マックスウェル・フードセンターへ。シンガポール チャイナタウン マックスウェル・フードセンター1

マックスウェル・フードセンターは、シンガポールのホーカーの有名所の一つで、ガイドブックを見れば必ず載っています。チキンライスの「天天海南鶏飯」などが有名かと(→なお、そこの料理人が店の新しい経営者として衝突して、「天天海南鶏飯」の2軒先に「阿仔海南鶏飯」を開店して「チキンライス戦争」が勃発したというニュースなんかもあります)。

「天天海南鶏飯」 と並んでマックスウェル・フードセンターで有名なお店が、お粥が専門の「真真粥品」。マックスウェル・フードセンター 真真粥品1

今回は「真真粥品」で fish porridge を注文すると共に、豆花(トーファ)と呼ばれる中華系スイーツを別のお店で購入。マックスウェル・フードセンター 真真粥品2

昼食後は、チャイナタウンの寺院をいくつか見て回ります。

新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)

まず訪れたのは、新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)。2007年に建立の仏教寺院で、ミャンマーで発見された仏牙を保存しているそうです。新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)1

新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)2

新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)3

新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)4

新加坡佛牙寺龍牙院(ブッダ・トゥース・レリック寺院)5

スリ・マリアマン寺院

続いてやって来たのは、スリ・マリアマン寺院。「なぜチャイナタウンで、インド(ヒンドゥー)?」と突っ込みを入れたくなりますが、スリ・マリアマン寺院が建立された1827年当時は、この近辺に多くのインド人が住んでいたそうです。シンガポール スリ・マリアマン寺院1

シンガポール スリ・マリアマン寺院2

シンガポール スリ・マリアマン寺院3

シンガポール スリ・マリアマン寺院4

なお、スリ・マリアマン寺院については基本的には入場無料ですが、寺院内部での写真撮影又はビデオ撮影は有料となります(それぞれS$3とS$6)。

シアン・ホッケン寺院

そして最後は、シアン・ホッケン寺院。シアン・ホッケン寺院は、1841年建立のシンガポール最古の道教寺院。今回は立ち寄っていませんが、シアン・ホッケン寺院の右隣にはイスラム寺院の「ナゴール・ダルガー寺院」が、左に数軒離れると「アル・アブラー・モスク」がそれぞれ建っており、多民族国家らしいシンガポールの特色を感じさせます。シンガポール シアン・ホッケン寺院1

シンガポール シアン・ホッケン寺院2

シンガポール シアン・ホッケン寺院3シンガポール シアン・ホッケン寺院4

シンガポール シアン・ホッケン寺院5

こんな感じでチャイナタウンを後にし、次の目的地アラブ・ストリートへ向かいました。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、4日目のチャイナタウンでした。マレー系が多数を占めるマレーシア・クアラルンプールにおけるチャイナタウンと異なり(→関連記事)、元々中華系が多いシンガポールで改めてチャイナタウンに行くまでもないだろうという身も蓋もない考えは置いておいてw、シンガポールにおいてマジョリティを占める中華系のルーツを辿るという意味でもチャイナタウンは面白いと思います。また、記事でも触れていますが、チャイナタウンの中にヒンドゥー寺院やイスラム寺院・モスクがあるのは、多民族国家であるシンガポールらしいところかと。

さて、次の記事では、アラブ・ストリートについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Chinatown
Buddha Tooth Relic Temple and Museum
Thian Hock Keng Temple


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。