リバーサファリ:二頭のジャイアントパンダに会いに再訪したけど…

シンガポール リバーサファリ パンダ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、5日目のリバーサファリの様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ[今回の記事]
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回のシンガポール動物園から引き続き、同じ敷地内にあるリバーサファリへと移動しました。シンガポール リバーサファリ

リバーサファリ散策前にお昼に。リバーサファリ入口近くの「リバーサファリ・ティーハウス」という中華及びローカルフードのお店で食事しました。シンガポール リバーサファリ・ティーハウス

リバーサファリとは

リバーサファリとは、「川」をテーマとしたサファリパーク。元々は2012年中のオープンを予定していましたが、大幅に遅れ、2012年11月29日からジャイアントパンダのみを先行して一般公開開始。その後2013年4月3日にソフト・オープンし、2014年2月28日に正式オープン。ちょうど自分がシンガポールに住んでいた頃にジャイアントパンダのみの公開が始まり、その時に一度行きました。が、当時は公開してまもなくで人気のため入場制限があり、ようやく並んで見られたと思ったら、二頭いるうちの一頭のみしか表に出てこなかったなど消化不良の面があり、今回はそのリベンジの意味合いもあります。

リバーサファリは、リバーズ・オブ・ザ・ワールド(Rivers of the World)、ジャイアント・パンダ・フォレスト(Giant Panda Forest)、ワイルド・アマゾニア(Wild Amazonia)と3つのエリアに分かれており、この順番で回りました。
シンガポール リバーサファリ マップ
(マップはリンク先参照)

リバーズ・オブ・ザ・ワールド

リバーズ・オブ・ザ・ワールド(Rivers of the World)は、ガンジス川・ナイル川・長江など世界の7つの大河をテーマに、それらの地域に生息する魚や動物を集めて飼育しているエリアです。以下、リバーズ・オブ・ザ・ワールドからのカット。シンガポール リバーサファリ リバーズ・オブ・ザ・ワールド1

シンガポール リバーサファリ リバーズ・オブ・ザ・ワールド2

シンガポール リバーサファリ リバーズ・オブ・ザ・ワールド3

シンガポール リバーサファリ リバーズ・オブ・ザ・ワールド4

ジャイアント・パンダ・フォレスト

ジャイアント・パンダ・フォレスト(Giant Panda Forest)は、二頭のジャイアントパンダとレッサーパンダ、そして鳥のキンケイと中国・四川に住む動物を展示しています。冒頭にも書きましたが、ジャイアントパンダのみ先行公開していた頃に一度訪れ、二頭中一頭しか見られなかったのでリベンジの意味合いもあります。

エリア入口入ってすぐのボードを見ると、期待で胸が高まります。シンガポール リバーサファリ ジャイアント・パンダ・フォレスト

ちなみにリバーサファリにいる二頭のパンダは、オスの凱凱(カイカイ Kai Kai)とメスの嘉嘉(ジアジア Jia Jia)です。

期待して中を覗いてみると…

寝てるやん(涙)シンガポール リバーサファリ ジャイアントパンダ1

前回同様二頭中一頭しか表に出ておらず、その一頭もご覧の通り、すやすやお休み中です。シンガポール リバーサファリ ジャイアントパンダ2

しょうがないので、もう一つの目玉レッサーパンダを見ることに。シンガポール リバーサファリ レッサーパンダ1

シンガポール リバーサファリ レッサーパンダ2

シンガポール リバーサファリ レッサーパンダ3

レッサーパンダの方はお昼寝とかはなかったのですが、こちらは終始あちらこちらに動き回り続けて、中々思うように写真を撮ることができませんでしたorz。

リベンジ失敗の失意の中、「ママ・パンダ・キッチン(Mama Panda Kitchen)」というレストランで「ジャイアント・パンダ・カプチーノ」を注文して気を紛らわせました。シンガポール リバーサファリ ジャイアント・パンダ・カプチーノ

ワイルド・アマゾニア

ワイルド・アマゾニア(Wild Amazonia)は、世界最大の河川、アマゾン川を再現したエリア。このエリアはさらに、アマゾン・リバー・クエスト(Amazon River Quest)、リスザルの森(Squirrel Monkey Forest)、アマゾン浸水林(Amazon Flooded Forest)の3つのエリアに分かれます。

アマゾン・リバー・クエスト(Amazon River Quest)では、こんな感じでボートに乗ってアマゾン川流域に住む動物たちを観察することができます。シンガポール リバーサファリ アマゾン・リバー・クエスト

リスザルの森(Squirrel Monkey Forest)では、放し飼いのリスザルをあちこちで見かけました。シンガポール リバーサファリ リスザルの森1

シンガポール リバーサファリ リスザルの森2

シンガポール リバーサファリ リスザルの森3

最後アマゾン浸水林(Amazon Flooded Forest)では、マナティーやピラニアなどアマゾン川に住む生物を展示しています。シンガポール リバーサファリ アマゾン浸水林1

シンガポール リバーサファリ アマゾン浸水林2

シンガポール リバーサファリ アマゾン浸水林3

シンガポール リバーサファリ アマゾン浸水林4

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、5日目のリバーサファリでした。まあ、ジャイアントパンダについては残念ですが、こればかりはこちらでコントロールできる話ではないので、しょうがないですね。代わりに、先月末辺りに話題になった中国四川省で公開された23頭のパンダのニュース映像でも見て、気を取り直そうかと。

ちなみに、前回の記事でもチラッと触れていますが、今回回ったシンガポール動物園とリバーサファリのほかに、もう一つ夜間に営業するナイトサファリが同じ敷地内にあります。過去に一度訪れ、今回はスケジュールの関係で断念しましたが、こちらも機会があれば再訪したいなと思います。

さて、次の記事では、夕方から夜にかけてのクラーク・キーの様子について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
River Safari


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。