シンガポール最大の夜遊びスポット!クラーク・キーの夕景・夜景

シンガポール クラーク・キー 夜景 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、5日目のクラーク・キーの夕景・夜景について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)[今回の記事]
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

シンガポール動物園(関連記事)、リバーサファリ(関連記事)に引き続いて、シンガポール5日目夕方からはクラーク・キー周辺を散策します。

クラーク・キーとは

クラーク・キー(Clarke Quay)とは、シンガポール川の周辺に、レストランやバー、クラブやカフェが並ぶエリア。シンガポールのナイトライフの拠点にして、最大の夜遊びスポットと言っていいかと思います。また、写真を撮る観点で言えば、ライトアップされる夕景・夜景の様子がとても絵になります。ちなみに、クラーク・キーの西側にはロバートソン・キー、東側にはボート・キーと呼ばれるエリアもあります。

ソンファ・バクテー(松發肉骨茶 Song Fa Bak Kut Teh)

クラーク・キー散策の前に、少し早めに夕食を。やってきたのは、ソンファ・バクテー(松發肉骨茶 Song Fa Bak Kut Teh)。シンガポール ソンファ・バクテー1

ソンファ・バクテーは、シンガポールの代表的ローカルフード「バクテー(肉骨茶)」の有名店。クラーク・キーのNew Bridge Road沿いに二店舗あるほか、最近は他のエリアにも出店しているようです(シンガポール国内にもう5店舗、インドネシアのジャカルタに4店舗)。

メニューです。日本語表記もあるので、英語が苦手でも無問題。""

店内の様子。ローカル・観光客双方に人気です。シンガポール ソンファ・バクテー2

せっかくなので、通常のバクテー(Pork Ribs Soup)ではなく、ほんの少しだけお値段の高いプレミアムなバクテー(Premium Loin Ribs Soup)を注文。シンガポール ソンファ・バクテー3

バクテーは個人的に大好きなシンガポールのローカルフードの一つで、他にも有名なお店はいくつかありますが、立地や癖のない味など加味すれば、観光客にとっては最もオススメできるお店かなと思っています。

クラーク・キーの夕景

夕食後、クラーク・キーの夕景を撮っていきます。ライトアップは始まったものの、まだ空は明るい状態でしたので、セントラル(The Central)というショッピングセンターの前辺りで練習がてら軽くスナップを。シンガポール クラーク・キー1

シンガポール クラーク・キー2

シンガポール クラーク・キー3

日が沈んだ直後のマジックアワーの時間帯です。シンガポール クラーク・キー 夕景1

シンガポール川をリバー・クルーズの船が行き交います。シンガポール クラーク・キー 夕景2

シンガポール クラーク・キー 夕景3

クラーク・キーの中心は、リード橋(Read Bridge)を渡った先にあるリード・ストリート(Read Street)。シンガポール クラーク・キー レストラン1

シンガポール クラーク・キー レストラン2

SF映画に出てくる宇宙要塞のようですね。シンガポール クラーク・キー レストラン3

クラーク・キーの夜景

そうこうしているうちに日も完全に落ちて、辺りが一気に暗くなりました。ここからはクラーク・キーの夜景の様子です。

まずはMRTクラーク・キー駅や先ほどのソンファ・バクテーからほど近いコールマン・ブリッジ(Coleman Bridge)の上からの風景。""

シンガポール クラーク・キー 夜景1

セントラル(The Central)の前辺り。""

シャッタースピードを長くして、リバー・クルーズの船の軌跡を入れてみました。シンガポール クラーク・キー 夜景2

以下は、セントラル(The Central)周辺でのスナップ。""

""

""

""

リード橋(Read Bridge)の上から。シンガポール クラーク・キー 夜景3

""

手前に看板が写っているのは、シンガポール名物のシーフード料理「チリクラブ」の有名店「ジャンボ・シーフード(Jumbo Seafood)」です。""

ブルー系からアンバー系に、ちょっと色合いを変えてみました。""

ちらっとロバートソン・キーにも

クラーク・キーの西側、ロバートソン・キー(Robertson Quay)にもちらっと行ってみました。シンガポール ロバートソン・キー 夜景1

ロバートソン・キーもクラーク・キーと同様レストランやバーが建ち並びますが、周辺には高級アパートメント(コンドミニアム)もある関係でクラーク・キーに比べて落ち着いた雰囲気となります。シンガポール ロバートソン・キー 夜景2

再びクラーク・キーへ

ロバートソン・キーからクラーク・キーに戻ってきました。最後はクラーク・キーの賑わいを軽く撮ってホテルに戻りました。""

シンガポール クラーク・キー 夜景4

シンガポール クラーク・キー 夜景5

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、5日目のクラーク・キーの夕景・夜景でした。クラーク・キーは昼間は閑散としていますが、夜は一変して活気溢れるスポットになります。マリーナ・ベイ・サンズを中心としたマリーナ・エリアやシンガポール最大のショッピングモールのオーチャードもいいのですが、シンガポールお越しの際には、一度くらいはクラーク・キーでディナーを楽しむのもオススメです!

さて、次の記事では、シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など6日目の博物館巡りについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Song Fa Bak Kut Teh


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。