個人的にオススメのホーカー、ラオ・パ・サとフラトン・ホテルの夜景

シンガポール フラトン・ホテル アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、6日目のラオ・パ・サとフラトン・ホテルの夜景について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)[今回の記事]
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回のシンガポールの美術館・博物館巡りに続き、6日目夕方からはラッフルズ・プレイス周辺を散策します。

ラオ・パ・サで夕食

まずは早めの夕食を取りに、ビジネス街のど真ん中にあるホーカー、ラオ・パ・サへ。シンガポール ラオ・パ・サ1

ラオ・パ・サ(Lau Pa Sat)は元は1838年に建てられた「テロック・エア市場」という魚の市場が前身で、1970年代からホーカー(屋台街)として生まれ変わりました。

ビクトリア調の建物で、この八角形の外観が特徴です。シンガポール ラオ・パ・サ2

中の様子。シンガポール ラオ・パ・サ3

ラオ・パ・サは元々シンガポールのホーカーとしてはかなり小綺麗な印象でしたが、2013年から2014年に約9ヶ月かけて改装を行ったそうで、以前よりもさらに清潔度合いが増した感じです。シンガポール ラオ・パ・サ4

ちなみに、ラオ・パ・サの運営は、シンガポール国内でコーヒーショップなどを展開するKopitiamが行っており、グループのお店で共通に使えるプリペイドカードもあります。""

シンガポールのローカルフードが一通り揃うラオ・パ・サですが、今回は”Seng Kee Local Delights” というホッケン・ミーがメインのストールをチョイス。シンガポール ラオ・パ・サ Seng Kee Local Delights

お店の一番のオススメ、フライド・ホッケン・プロウン・ミー(Fried Hokkien Prawn Mee)を注文。シンガポール ラオ・パ・サ ホッケン・ミー

ラオ・パ・サからフラトン・ホテルへ

夕食後、ラオ・パ・サからフラトン・ホテル方面へ。ラッフルズ・プレイス周辺は金融街で、こんな感じでオフィスビルが建つ並びます。シンガポール ワン・ラッフルズ・プレイス

フラトン・ホテルと同じ系列のフラトン・ベイ・ホテルの前にて。シンガポール フラトン・ベイ・ホテル

フラトン・ホテルの夜景

フラトン・ホテルに到着しました。フラトン・ホテルは、初日のシンガポール到着直後にもチラッと写真を撮っていますが(関連記事)、元々夜景を撮りたかったので、この日じっくり時間をかけて撮ることに。

まずは建物裏手から。""

""

マーライオン・パーク近くから。シンガポール フラトン・ホテル 夜景1

グルッと見回すと、ドリアンの形をしたエスプラネードが見えます。""

以下は、ホテル東側にあるアンダーソン・ブリッジ(Anderson Bridge)からのカット。""

""

""

ホテルの正面入口にやってきました。シンガポール フラトン・ホテル 夜景2

アップで。シンガポール フラトン・ホテル 夜景3

さらにもう一丁。シンガポール フラトン・ホテル 夜景4

こちらはホテル西側にあるカベナ・ブリッジ(Cavenagh Bridge)からのカット。""

""

シンガポール フラトン・ホテル 夜景5

フラトン・ホテルの西へ

フラトン・ホテルを後にして、シンガポール川沿いを少し西側へと歩いてみます。""

ここら辺も高層ビルが建ち並び、さらにその先にはボート・キー(Boat Quay)というレストランやバーが集まるエリアもあります。""

対岸からのカット。""

同じ位置からリバー・クルーズの船の軌跡を交えて。シンガポール オフィスビル 夜景

ラッフルズ郷上陸地点。シンガポール ラッフルズ郷上陸地点 夜景1

アップで。シンガポール ラッフルズ郷上陸地点 夜景2

さらにアップで。シンガポール ラッフルズ郷上陸地点 夜景3

こんな感じでフラトン・ホテル周辺を後にしました。

最後おまけで、ホテル近くのブギス・ストリートの様子を。シンガポール ブギス・ストリート 夜景

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、6日目のラオ・パ・サとフラトン・ホテルの夜景でした。

ラオ・パ・サはシンガポールのホーカーの中でも有名屋台街の一つで、チャイナタウンにあるマックスウェル・フードセンター(関連記事)と共に、ガイドブックでもオススメのホーカーとして紹介されることが多いです。それぞれ特徴がありますが、特にシンガポールを始めて訪れる観光客にとっては、最近改装したラオ・パ・サの方が小綺麗で、各店舗とも観光客向けに写真付きのメニューも充実しているので、利用しやすいかなと個人的には思います。

また、フラトン・ホテルについては、シンガポール川沿いを西側に行けばクラーク・キー(関連記事)が、東側に行けばマーライオン・パーク(関連記事その1関連記事その2)があり、それらと組み合わせて回るともいいかなと思います。

さて、次の記事では、7日目に回ったセントーサ島のうち、シー・アクアリウムなどについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Lau Pa Sat
フラトン・ホテル・シンガポール(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。