セントーサ島巡り1:世界最大級の水族館シー・アクアリウムなど

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、7日目のセントーサ島のシー・アクアリウムなどについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど[今回の記事]
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

7泊8日のシンガポール旅行の7日目です。最終日は移動が多くを占めるので、1日フルでシンガポールで過ごす最後の日となります。

朝食はカヤトースト(@Killiney Cafe)

まずは朝食を。ホテル近くのSim Lim Squareに入っているKilliney Cafeへ。シンガポール Killiney

定番のカヤトーストのセットを注文。シンガポール Killiney カヤトースト

今回のシンガポール旅行で、朝食にカヤトーストというパターンは計3回ありました(2日目のヤ・クン・カヤトースト:関連記事、6日目のTOAST BOX:関連記事)。お店ごとにパンの種類や厚さが違ったり、カヤジャムの味付けが違ったりと個性があります。どれも美味しかったのですが、この中で強いて一つを挙げるとすれば、ヤ・クン・カヤトーストが個人的にはオススメです。

セントーサ島へ

7日目の午前と午後は、シンガポール本土から600m南に位置するセントーサ島へ。セントーサ島 地図 マップ

セントーサ島(Sentosa Island)は、1972年以降シンガポール政府の観光政策で開発されてきた島で、東西約4km、南北1.5kmに及びます。2002年から再開発が進み、2010年には島の北部に総合リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」が開業。リゾート・ワールド・セントーサには、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのほか、ホテル、カジノ、水族館などがあります。

シー・アクアリウム

午前中は、リゾート・ワールド・セントーサにある水族館、「シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)」を回りました。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム1

シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)は、2012年オープンの世界最大級の水族館。館内には約800種、10万匹以上もの海洋生物が飼育されています。

館内には「マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム(The Maritime Experiential Museum)」が併設され、まずがそちらから。シンガポール セントーサ島 マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム1

ここでは、8〜9世紀のアジア・中東・ヨーロッパで発達した「海のシルクロード」の交易を紹介しています。シンガポール セントーサ島 マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム2

ここから水族館の様子です。まずは「Shipwreck Habitat」という難破船がリアルに再現された水槽を。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム 難破船1

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム 難破船2

「Shark Seas」はさながら海底トンネルのようで、頭上にサメが泳いでいて、シュモクザメ(Hammerhead Shark)という頭部がハンマーの形をした希少な種類のサメも。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム サメ1

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム サメ2

ウツボなんかもいました。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム ウツボ1

""

アップで。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム ウツボ2

映画『ファインディング・ニモ』で一躍有名になったカクレクマノミ(Clownfish)。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム カクレクマノミ(Clownfish)

シー・アクアリウムの目玉の一つで、「Open Ocean」ゾーンにある高さ8.3m、幅36mの巨大パネル。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム Open Ocean

マンタ(正式名称はオニイトマキエイ)などが泳いでいました。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム マンタ(オニイトマキエイ)1

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム マンタ(オニイトマキエイ)2

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム マンタ(オニイトマキエイ)3

「Ocean Journey」ゾーンには、クラゲ(Jellyfish)も。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム クラゲ1

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム クラゲ2

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム クラゲ3

先ほどの巨大パネルと並んで水族館の目玉と言える、「Coral Garden」と呼ばれる巨大水槽。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム Coral Garden1

ちょうど餌やりの時間に遭遇しました。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム Coral Garden2

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム Coral Garden3

あとは軽くスナップを撮って、""

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム2

シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム3

最後再び「Shark Seas」で頭上にサメを見ながら、シー・アクアリウムを後にしました。シンガポール セントーサ島 シー・アクアリウム サメ3

マレーシアン・フード・ストリート

シー・アクアリウムと同じリゾート・ワールド・セントーサ内にある「マレーシアン・フード・ストリート」で昼食を。「マレーシアン・フード・ストリート」はマレーシアのローカルフードが集合したフードコートで、名前から想像がつく通り、ストリートを再現した内装です。シンガポール セントーサ島 マレーシアン・フード・ストリート

色々選択肢が豊富で迷いましたが、「ペナン・リム・ブラザーズ(Penang Lim Brothers)」というお店を選択。シンガポール セントーサ島 マレーシアン・フード・ストリート ペナン・リム・ブラザーズ(Penang Lim Brothers)

看板メニューの「チャー・クェイ・ティアオ(Char kway teow)」を注文。シンガポール セントーサ島 マレーシアン・フード・ストリート ペナン・リム・ブラザーズ(Penang Lim Brothers) チャー・クェイ・ティアオ

お昼の後も引き続きセントーサ島を散策していきますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、7日目のセントーサ島のシー・アクアリウムなどでした。シンガポールについて常々感心しているのは、国土が小さい国にも関わらず、マリーナ・ベイ・サンズなどドーンと大きな施設を造ってしまうことで、シー・アクアリウムもその一例に挙げられると思います。

ちなみに、本ブログで水族館を記事にしたものとしては、他に以下のものがありますので、ご興味があればこれらも合わせてどーぞ。

さて、次の記事では、引き続きセントーサ島から、セントーサ・マーライオンやシロソ・ビーチなどについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Killiney Kopitiam
Sentosa
Resort World Sentosa
S.E.A. Aquarium
Malaysian Food Street


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。