シンガポール最後の夜は、アイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)を!

シンガポール オーチャード 夜景 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、7日目夜のアイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)などについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)[今回の記事]
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

いよいよ旅の終わりが近づいてきました。7泊8日のシンガポール旅行の7日目夕方から夜にかけては、今回の旅行でまだ回っていない場所ではなく、既に訪れた場所を再訪する形となりました。

フラトン・ホテル周辺

まず夕方(といってもまだ日が明るいですが)に訪れたのは、フラトン・ホテル。シンガポール フラトン・ホテル

フラトン・ホテルについては、初日のシンガポール到着直後(関連記事)と6日目夜(関連記事)に来ていますが、ホテルの前を流れるシンガポール川のリバークルーズ船と一緒の写真を撮りたいなと思い、三度目の訪問となります。

という訳で、以下、フラトン・ホテルとリバークルーズ船の組み合わせの写真です。シンガポール フラトン・ホテル リバー・クルーズ1

""

シンガポール フラトン・ホテル リバー・クルーズ2

あと天気が良かったので、ラッフルズ郷上陸地点も改めて。シンガポール ラッフルズ郷上陸地点

そしてシンガポール最後の夜は、オーチャード・ロードへと向かいます。オーチャード・ロードについては3日目の昼間に訪れていますが(関連記事)、自分にとってシンガポールで真っ先に思い浮かべる風景がオーチャード・ロードであるのと、その中で特にアイオン・オーチャード(ION Orchard)の夜景(イルミネーション)は撮っておきたいと思い、オーチャードを再訪することにしました。

アイオン・オーチャードのフード・オペラ

まずは夕食を。この後アイオン・オーチャードの夜景を撮ることもあり、アイオン・オーチャードのフードコート、フード・オペラ(Food Opera)にて食事を取ることに。「以前とレイアウトが変わったかな?」と思ったら、2016年5月に2ヶ月かけて改装したそうです。シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) フード・オペラ

色んなお店ががある中で、選んだのはこちらのストール。""

シンガポール最後の晩餐をどうようか悩みましたが、あえてあっさり目にフィッシュボール・ヌードルにしました。シンガポール フィッシュボール・ヌードル

アイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)

夕食後、アイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)を撮ってきます。シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) 夜景(イルミネーション)1

この時間帯は日没直後でまだ空の明るさも残っていましたが、これ以降はあっという間に暗くなりました。""

以下、アイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)の写真が続きます。""

建物のイルミネーションと共に、街行く人や待ち合わせの人がいいアクセントに。シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) 夜景(イルミネーション)2

ディオールとかティファニーとか。""

ゴールド色合いがゴージャスな入口。""

シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) 夜景(イルミネーション)3

""

お隣りのウィスマ・アトリア(Wisma Atria)との間の通路も絵になります。""

""

少し離れて、通り(オーチャード・ロード)からカット。""

プラダ。""

ヴィトンにディオールにティファニーと高級ブランドが建ち並びます。""

""

先ほどゴールドの色合いの入口の写真を載せましたが、それとは別にこちらのカルティエとドルチェ&ガッバーナの間にある入口もとても素敵でした。シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) 夜景(イルミネーション)4

""

""

""

アイオン・オーチャードの全景。""

シンガポール アイオン・オーチャード(ION Orchard) 夜景(イルミネーション)5

人をシルエットにして。""

""

オブジェもいい感じです。""

""

こんな感じでオーチャードを後にしました。

ブギス・ストリート周辺

最後はホテル近くのブギス・ストリート周辺の様子を簡単に。ブギス・ストリートについては4日目の昼間にも訪れていますが(関連記事)、夜はまた違う雰囲気となります。

以下、スナップです。""

シンガポール ブギス1

""

""

""

シンガポール ブギス2

最後は、フルーツの王様ドリアンを。シンガポールではMRTへの持ち込みが禁止されているなど独特な匂いがありますが、はまる人はもの凄いはまります。シンガポール ドリアン

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、7日目夜のアイオン・オーチャードの夜景(イルミネーション)などでした。アイオン・オーチャード(ION Orchard)については、シンガポールに住んでいた頃何度も足を運んだ場所ですので見慣れた風景なんですが、今回改めてその夜景(イルミネーション)を撮ると、とても絵になる場所だと再確認しました。個人的には、ニューヨークのタイムズスクエアと並んで(関連記事)、海外で撮りたい夜景(イルミネーション)スポットの一つとしてオススメしたいところです。

さて、次回は旅の最終日で、シンガポール・シリーズ最終回として、チャンギ空港やシンガポール航空のフライトなど帰国の様子について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
フラトン・ホテル・シンガポール(日本語)
ION Orchard


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。