台湾高雄旅行 その7 “Love”な雰囲気満点、愛河の散歩道

台湾 高雄 愛河 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月中旬に4泊5日で台湾第二の都市、高雄に旅行へ行きました。4月末の台北旅行で台湾に好印象を抱き、半年も経たないうちの台湾再訪です。台北に比べて情報収集にやや苦労しましたが、高雄も見所満載でした。この記事では2日目の愛河について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目: 美麗島駅
*1日目: 高雄85大樓・新光碼頭
*1日目: 新光碼頭(ライトアップ)・六合夜市
*2日目: 旗津半島
*2日目: 打狗英国領事館文化園区・壽山情人觀景臺
*2日目: 駁二藝術特区
*2日目: 愛河(ライトアップ)[今回の記事]
*3日目: 佛光山佛陀紀念館
*3日目: 蓮池潭
*3日目: 大魯閣草衙道(ライトアップ)
*4日目: 台湾糖業博物館など
*4日目: 中央公園駅(ライトアップ)
*4-5日目: 美麗島駅(光のショー)&帰路へ

【旅行日】
2017年9月15日-19日

【本編】

愛河

前回の駁二藝術特区のある鹽埕埔(塩埕区)から東に愛河周辺へと向かいます。こちらはその途中に通った高雄市立歴史博物館。高雄市立歴史博物館

今回はスケジュールの関係で素通りしただけですが、コロニアル建築の建物が印象的でした。

ここからは愛河の写真を。台湾 高雄 愛河1

愛河は高雄市の北西部から高雄港に流れる全長15kmの川。両岸には遊歩道が整備されています。""

「愛之船」と呼ばれるクルーズ船も運航しています。""

愛河は英語表記だと”Love River”で、その名称にちなんで”Love”のモニュメントなんかもあります。台湾 高雄 愛河 LOVE

愛河沿いに建つ「高雄国賓大飯店」というホテル周辺にて。""

""

高雄橋の上から。台湾 高雄 愛河2

愛河近くには真愛碼頭と光栄碼頭という二つのハーバーエリアがあり、事前に写真で見たときにはとても写真映えするスポットで楽しみにしていたのですが、付近一帯を再開発しているようで、立ち入ることができませんでした。以下の二枚は、隙間から撮ったものです。台湾 高雄 フェリー1

台湾 高雄 フェリー2

近くには高雄観光大使の「高雄熊 Hero」もいました(→「くまモン」に似ているとかの突っ込みはなしでw)。台湾 高雄熊 Hero

先ほどは高雄国賓大飯店のある愛河東側の遊歩道を歩きましたが、今度は西側の遊歩道を散策します。""

愛河周辺では高雄国賓大飯店の建物が目立ちます。""

クルーズ船「愛之船」は東と西の両岸に一箇所ずつ乗り場があります。""

また「愛之船」のほかにも「愛河貢多拉船」というゴンドラ船もあります。台湾 高雄 愛河 ゴンドラ

「黃金愛河」というお店でちょっと休憩。""

アイスのぜんざいとタピオカミルクティーを注文。""

愛河のライトアップ

ちょうど日が暮れてきたので、今度はライトアップされた愛河を見ていきます。「黃金愛河」近くの中正橋から散策再開。台湾 高雄 愛河 ライトアップ1

""

観光客のみならず、結構地元の人も多い印象ですね。台湾 高雄 愛河 ライトアップ2

""

日没以降は愛之船がライトアップされます。""

そしてLOVEのモニュメントもライトアップされ、記念写真を撮る人もたくさん見かけました。台湾 高雄 愛河 LOVE ライトアップ

周辺も華やかな雰囲気に。""

台湾 高雄 愛河 ライトアップ3

""

ここら辺からは三脚を使いました。台湾 高雄 愛河 夜景1

台湾 高雄 愛河 夜景2

台湾 高雄 愛河 夜景3

台湾 高雄 愛河 夜景4

この後ホテルに戻り、台湾高雄旅行3日目終了です。

【まとめ】

という訳で、4泊5日の台湾高雄旅行のうち2日目の愛河の記事でした。

ご覧頂いた通り、昼間の青空のもとの愛河も素敵ですが、夜のライトアップされた愛河も絵になります。自分はお一人様でしたが(自虐w)、特に夜の愛河はその名の通り”Love”な雰囲気満点ですので、カップルなんかにオススメです!

次の記事では、3日目の佛光山佛陀紀念館について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 高雄市立歴史博物館
2 愛河
3 中正橋
4 Loveモニュメント
5 高雄国賓大飯店
6 高雄橋
7 黃金愛河

[関連リンク]
高雄トラベルネット

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。