台湾高雄旅行 その12 世界で最も美しい地下鉄駅5位「中央公園駅」

台湾 高雄 中央公園駅 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月中旬に4泊5日で台湾第二の都市、高雄に旅行へ行きました。4月末の台北旅行で台湾に好印象を抱き、半年も経たないうちの台湾再訪です。台北に比べて情報収集にやや苦労しましたが、高雄も見所満載でした。この記事では4日目の中央公園駅について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目: 美麗島駅
*1日目: 高雄85大樓・新光碼頭
*1日目: 新光碼頭(ライトアップ)・六合夜市
*2日目: 旗津半島
*2日目: 打狗英国領事館文化園区・壽山情人觀景臺
*2日目: 駁二藝術特区
*2日目: 愛河(ライトアップ)
*3日目: 佛光山佛陀紀念館
*3日目: 蓮池潭
*3日目: 大魯閣草衙道(ライトアップ)
*4日目: 台湾糖業博物館など
*4日目: 中央公園駅(ライトアップ)[今回の記事]
*4-5日目: 美麗島駅(光のショー)&帰路へ

【旅行日】
2017年9月15日-19日

【本編】

中央公園駅

台湾高雄旅行4日目最後の目的地として中央公園駅にやって来ました。""

中央公園駅はMRTの紅線(Red Line)と橘線(Orange Line)が交わる美麗島駅から紅線(Red Line)で一駅南に位置します。美麗島駅についてはステンドグラスを使ったアート作品「光之穹頂(光のドーム)」が有名で旅行初日に訪れましたが(関連記事)、中央公園駅もニュースサイトのPolicyMicが公表した「ニューヨーカーが夢見る世界で最も美しい地下鉄駅ランキング」で5位に入るなど注目を集めています。

こちらが中央公園駅の外観で、イギリスの建築家リチャード・ロジャース氏の設計によるものです。台湾 高雄 中央公園駅1

中央公園駅周辺を散策していきましょう。駅周辺には「新堀江商圏」と呼ばれる高雄の若者の流行発信地があり、雰囲気としては台北の西門町に近いものがありますね(関連記事)。台湾 高雄 新堀江商圏1

台湾 高雄 新堀江商圏2

台湾 高雄 新堀江商圏3

今回の台湾高雄旅行シリーズの記事で何度か出てきた、高雄観光大使の「高雄熊 Hero」がここにもいました。高雄熊 Hero

「そういえば台湾(高雄)に来てから、まだ豆花食べてないなあ」と思ったところ、飛利浦豆花店というお店が目に入り、休憩がてら立ち寄りました。高雄 金桔豆花1

看板にも出ていた金柑を使った金桔豆花をいただきました。高雄 金桔豆花2

中央公園駅に戻ってきました。駅の名前の通り、中央公園という公園があり、こんな感じで緑に溢れています。台湾 高雄 中央公園1

高雄牛乳大王

4日目の夕食は中央公園駅周辺でとることにします。訪れたのは、こちらの「高雄牛乳大王 」。台湾 高雄牛乳大王1

高雄牛乳大王はパパイヤミルク(木瓜牛乳)が有名ですが、軽食も揃ったファーストフード店のような感じです。台湾 高雄牛乳大王2

高雄のB級グルメ(?)豚肉を使った焼肉飯を注文。台湾 高雄牛乳大王3

そしてお店の看板メニューであるパパイヤミルク(木瓜牛乳)も合わせて頼みました。台湾 高雄牛乳大王4

中央公園駅(ライトアップ)

日が沈んできたので、中央公園駅及び周辺のライトアップの様子を見ていきます。まずは中央公園駅から。台湾 高雄 中央公園駅 ライトアップ1

中央公園駅は特徴的な外観も素敵ですが、改札口から地上出口に向かうまでの経路もSF映画っぽくていい感じです。台湾 高雄 中央公園駅 ライトアップ2

""

台湾 高雄 中央公園駅 ライトアップ3

金沢駅の「鼓門」(→関連記事:その1その2その3)に相通じるものがあると思いました。台湾 高雄 中央公園駅 ライトアップ4

中央公園駅近くには「大立百貨」(本館)と「大立精品」(新館)の二つの建物からなる百貨店があり、ここもライトアップされます。台湾 高雄 大立百貨1

テナントにはルイ・ヴィトンをはじめ高級ブランドも数多くあります。台湾 高雄 大立百貨2

台湾 高雄 大立百貨3

台湾 高雄 大立百貨4

台湾 高雄 大立百貨5

台湾 高雄 大立百貨6

「この風景、過去の旅行先でも似たような所があったよなあ!?」と考えを巡らしたら、シンガポールのIONオーチャードに雰囲気がそっくりです(→関連記事)。台湾 高雄 大立百貨7

ここからは中央公園周辺をブラブラ。お洒落なカフェがあったり、台湾 高雄 中央公園 カフェ

ダンスの練習をしている集団を見かけたりしました。台湾 高雄 中央公園2

また中央公園沿いの約150メートルの歩道には、高雄在住の美術家による「光」をテーマにした一連の作品が「城市光廊」として展示されています。台湾 高雄 中央公園 城市光廊1

台湾 高雄 中央公園 城市光廊2

台湾 高雄 中央公園 城市光廊3

新堀江商圏にも再び足を運びました。台湾 高雄 新堀江商圏 夜1

若者向けで「高雄の原宿」と呼ばれるエリアだけあり、「原宿R9廣場」という飲食店メインのビルなんかもありました。台湾 高雄 新堀江商圏 夜2

横一列に並んだバイクが絵になりますね。台湾 高雄 新堀江商圏 夜3

中央公園駅に戻ってきました。台湾 高雄 中央公園駅 夜1

ちょうど駅の入口の前で路上ライブを行っている女性を被写体に最後の一枚をパシャリ。台湾 高雄 中央公園駅 夜2

この後ホテル最寄りの美麗島駅へ移動して、光のショーを見ました。当初はそこまでを今回の記事でカバーするつもりでしたが、記事の分量のバランスを考え、次回に回すことにします。

【まとめ】

という訳で、4泊5日の台湾高雄旅行のうち4日目の中央公園駅の記事でした。

高雄を代表するアートな建造物といえばステンドグラスを使った美麗島駅の「光之穹頂(光のドーム)」が真っ先に紹介されることが多いのですが、今回訪れた中央公園駅もこれまた特徴的でした。両者はMRTの紅線(Red Line)で一駅離れているだけで、徒歩での移動も十分可能ですので、高雄を旅行する機会がある方はまとめて訪れてはいかがでしょうか。

次の記事では、台湾高雄シリーズ最終回として、4日目の美麗島駅の光のショーと5日目の帰国について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 中央公園駅
2 新堀江商圏
3 飛利浦豆花店
4 中央公園
5 高雄牛乳大王
6 大立百貨店
7 城市光廊

[関連リンク]
高雄トラベルネット

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。