台湾高雄旅行 その13(最終回) 美麗島駅の光のショー、そして帰路へ

美麗島駅 光のショー アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月中旬に4泊5日で台湾第二の都市、高雄に旅行へ行きました。4月末の台北旅行で台湾に好印象を抱き、半年も経たないうちの台湾再訪です。台北に比べて情報収集にやや苦労しましたが、高雄も見所満載でした。この記事では4日目の美麗島駅の光のショーと5日目の帰路について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目: 美麗島駅
*1日目: 高雄85大樓・新光碼頭
*1日目: 新光碼頭(ライトアップ)・六合夜市
*2日目: 旗津半島
*2日目: 打狗英国領事館文化園区・壽山情人觀景臺
*2日目: 駁二藝術特区
*2日目: 愛河(ライトアップ)
*3日目: 佛光山佛陀紀念館
*3日目: 蓮池潭
*3日目: 大魯閣草衙道(ライトアップ)
*4日目: 台湾糖業博物館など
*4日目: 中央公園駅(ライトアップ)
*4-5日目: 美麗島駅(光のショー)&帰路へ[今回の記事]

【旅行日】
2017年9月15日-19日

【本編】

美麗島駅(光のショー)

前回の続きで、中央公園駅から宿泊しているホテル最寄りの美麗島駅へ戻ってきました。美麗島駅については旅行初日にステンドグラスアートの「光之穹頂(光のドーム)」を見ていますが(関連記事)、一日3回、午前11時、午後3時と夜8時に光のショーが行われており、高雄最後の夜に夜8時のショーを見ることにしました。

ちなみに美麗島駅といえば「光之穹頂(光のドーム)」が有名ですが、ガラス張りになった地上出口付近もアートな感じで、特にライティングされる夜は幻想的な雰囲気となります。高雄 美麗島駅

「光之穹頂(光のドーム)」を見ていきましょう。まずこちらは光のショーが始まる前のノーマルな状態。高雄 美麗島駅 光之穹頂(光のドーム)1

ショーが始まると音楽と共に次々と色が変化していきます。""

3年前に訪れた東京駅近くのKITTEのイルミネーションを思いました(関連記事)。高雄 美麗島駅 光之穹頂(光のドーム) 2

以下、光のショーのスナップです。""

高雄 美麗島駅 光之穹頂(光のドーム)3

高雄 美麗島駅 光之穹頂(光のドーム)4

""

高雄最後の夜も満足なうちに終わりました。高雄 美麗島駅 光之穹頂(光のドーム)5

帰路へ

ジャストスリープ高雄駅前館

旅行最終日5日目です。と言っても、この日は朝の便で帰国するだけですが。まずは今回の台湾高雄旅行で宿泊したジャストスリープ高雄駅前館をチェックアウトします。

ここで嬉しい誤算(?)が。フライトの関係で朝早い時間帯でのチェックアウトになったところ、簡素ではありますが袋に詰めた朝食を用意してくれました。なお、自分は今回部屋のみの朝食なしのプランでの申し込みであったため、恐らくホテルの勘違いと思うのですが、ありがたくいただきました(微笑)。""

お世話になったジャストスリープ高雄駅前館を後にして空港へと向かいます。ジャストスリープ高雄駅前館

ジャストスリープ高雄駅前館について総括すると、コスパでいえばかなり良かったですよ〜。台湾高雄旅行シリーズの初回の記事でも書いた通り、最寄りの美麗島駅は南北に走る紅線(Red Line)と東西に走る橘線(Orange Line)の二路線のMRTが交わり、高雄観光の拠点としてこの上なく便利で、それでいて1泊約8,000円の宿泊代金はその設備から勘案して大変価格満足度の高いものでした。

高雄国際空港

高雄国際空港に到着。MRTの始発電車運行前の時間帯だったため、タクシーでの移動となりました。高雄国際空港1

時間に余裕があるので、少し出発ロビーをブラブラ。高雄国際空港2

""

ジャストスリープ高雄駅前館から予定外の朝食をいただきましたが、元々は空港内で朝食をとるつもりでした。この”Chef Teng Restaurant(鄧師傅餐飲)”は高雄市内にいくつかお店があり、台北にも進出しているということで、目を付けていたお店です。""

せっかくなので軽くお粥をいただきました。""

そろそろ出国審査へと向かいます。""

出国審査通過後。高雄国際空港3

チャイナエアラインの「高雄-熊本」便には、台湾の「喔熊」、高雄の「高雄熊」、そして熊本の「くまモン」がコラボした特別塗装機「三熊友達号」があるそうで(参考:チャイナエアライン・プレスリリース)、ちょうどこの時運良く実物を見ることができました。チャイナエアライン 三熊友達号

出発ゲートへと向かいます。高雄国際空港4

""

""

名残惜しいですが、高雄ともそろそろお別れです。高雄国際空港5

タイガーエア台湾IT280便で成田へ

行きと同様帰りもタイガーエア台湾を利用します。タイガーエア台湾1

成田へ向けてTake off。タイガーエア台湾2

機内食は予め付けておいて、排骨飯を選択。タイガーエア台湾 排骨飯

成田空港に到着。""

天気も良かったので、到着ロビーに向かう途中適当に写真を撮りました。成田空港1

成田空港2

入国審査・税関を通過して、到着ロビーへ。成田空港3

この後成田エクスプレスと私鉄を乗り継いで自宅に戻り、4泊5日の台湾高雄旅行は終了です。

【まとめ】

という訳で、4泊5日の台湾高雄旅行のうち4日目の美麗島駅の光のショーと5日目の帰路の記事でした。

台湾高雄旅行全体を総括すると、高雄も首都台北とは違った魅力があると実感しました。特に美麗島駅の「光之穹頂(光のドーム)」は世界的にも唯一無二のユニークさだと思います。

なお今回の高雄旅行でやや苦労したのが、旅行前の情報収集。台湾のガイドブックを見ても紙面の多くが首都台北に割かれ、高雄については第二の都市であるにも関わらずほんの数ページだけというケースが大半です。そんな中、『台南 高雄 とっておきの歩き方 台湾南部の旅ガイド』は結構詳しく書かれていたので役立ちました。

これで13回に渡って記事にしてきた台湾高雄旅行シリーズは完結です。最後までお読みいただきありがとうございました。台湾については今年台北・高雄と訪れましたが、次は新幹線を使って台中・台南あたりを回ってみたいと妄想(?)しています。

さて次の旅行は計画済みで、年内最後の旅行として、11/26(日)〜30(木)の4泊5日で5年振りに香港に行ってきます。しばらくブログの更新は空きますが、旅行から戻り次第記事を書いていきますので、引き続き当ブログをご覧いただければと思います。以上、kosuでした。

[地図]

1 美麗島駅
2 ジャストスリープ高雄駅前館
3 高雄国際空港

[関連リンク]
高雄トラベルネット
ジャストスリープ高雄駅前館
高雄国際空港
タイガーエア台湾

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。