横浜山手西洋館「世界のクリスマス」 (後編)

横浜山手西洋館 世界のクリスマス アイキャッチ画像2

【はじめに】

横浜山手西洋館の「世界のクリスマス2014」に行ってきました。このイベントでは、各西洋館がテーマ国を決めて、その国の特徴的なクリスマス装飾と文化を紹介しており、後半のこの記事では、イタリア・フランス・イギリス・日本を取り上げます。

【回った西洋館とテーマ国】
☆プラフ18番館:シンガポール
☆外交官の家:アメリカ
☆山手68番館:フィンランド
☆べーリック・ホール:スペイン
★エリスマン邸:イタリア
★山手234番館:フランス
★横浜市イギリス館:イギリス
★山手111番館:日本

【訪問日】
2014年12月25日

【本編(続き)】

「べーリック・ホール」を後にして、「エリスマン邸」へ。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真1

ここはイタリアのクリスマスがテーマで、「聖フランチェスコのまなざしで見るクリスマス」というタイトルが付いています。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真2

絵画があったり。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真3

こんなミニチュアがあったり。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真4

別のミニチュアとか。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真5

こちらは応接間。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真6

最後は、ボードゲームとか。横浜山手西洋館 エリスマン邸 写真7

イタリアは欧州の中でもラテン系ということで、結構派手な飾り付けなのかと思ったら、意外にシックな感じでした。「エリスマン邸」はここまでです。

次は「山手234番館」です。横浜山手西洋館 山手234番館 写真1

ここはフランスのクリスマスがテーマで、「パリのアトリエ」というタイトルが付いています。横浜山手西洋館 山手234番館 写真2

先ほどのイタリアが予想と異なる雰囲気であったのに対して、こちらのフランスは「お国柄芸術性の高い飾り付けかなあ」とイメージしていたところ、その通りでした。横浜山手西洋館 山手234番館 写真3

こうした小物類や、横浜山手西洋館 山手234番館 写真4

ローソクなんかもお洒落ですし。横浜山手西洋館 山手234番館 写真5

こんなオブジェや、横浜山手西洋館 山手234番館 写真6

装飾品なんかも綺麗ですね。横浜山手西洋館 山手234番館 写真7

そして最後はこれまたセンスのいいお皿とか。横浜山手西洋館 山手234番館 写真8

「山手234番館」はここまでです。

次は「横浜市イギリス館」です。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真1

建物の名前から想像がつく通り、ここはイギリスのクリスマスがテーマで、「シーズン・オブ・ブリティッシュ・ファミリー・トラディション」というタイトルが付いています。

入口にはクリスマス用のリースが。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真2

タイトルに「トラディション」と入っていることからも想像できるように、イギリスらしく伝統的な飾り付けです。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真3

食器類のアップとか。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真4

もう1枚。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真5

テディベアです。赤のチェック柄の衣装は、イギリスらしい雰囲気ですね。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真6

またイギリスと言えば、ロンドンの二階建てバスも有名ですね。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真7

最後は、イギリスの伝統的なハイティーのセットで。横浜山手西洋館 横浜市イギリス館 写真8

「横浜市イギリス館」はここまでです。

最後に回るのは、「山手111番館」です。横浜山手西洋館 山手111番館 写真1

ここは日本のクリスマスがテーマで、「My PRECIOUS COLLECTIONS」というタイトルが付いています。横浜山手西洋館 山手111番館 写真2

日本ということで、こんな感じや、横浜山手西洋館 山手111番館 写真3

こんな感じで、和風な飾り付けになっています。横浜山手西洋館 山手111番館 写真4

一方で、こんな感じや、横浜山手西洋館 山手111番館 写真5

こんな感じでモダンなものもあります。横浜山手西洋館 山手111番館 写真6

シャンパンとか。横浜山手西洋館 山手111番館 写真7

鶴を描いたお皿とか。横浜山手西洋館 山手111番館 写真8

そして最後は、サンタとか。横浜山手西洋館 山手111番館 写真9

この後、チラッと近くのみなとみらいや中華街を覗いて、横浜を後にしました。

【まとめ】

という訳で、2回に分けて書いた横浜山手西洋館の「世界のクリスマス」を回る記事はこれに終了です。全体的な印象としては、クリスマスという共通のイベントで万国共通という言うべき多くの類似点がある中で、やはり細かい部分は国ごとの特色が表れて面白かったなあというところです。

[参考]
横浜山手西洋館
特設ページ
リンクページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。