香港旅行記 その8 海景樓・北角(春秧街マーケット)・銅鑼湾

香港 海景樓 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。11月末に4泊5日で5年振りに香港へ旅行へ行きました。香港は以前と変わらない風景がある一方で、新しいスポットや発見もあり、改めて香港の魅力に気付きました。この記事では3日目の海景樓・北角(春秧街マーケット)・銅鑼湾について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 香港へ
* 1日目: 尖沙咀
* 1日目: 尖沙咀(ライトアップ)
* 2日目: 香港大学・堅尼地城
* 2日目: 上環・中環
* 2日目: ピークタワー・中環(ライトアップ)
* 3日目: 海洋公園
* 3日目: 海景樓・北角・銅鑼湾[今回の記事]
* 3日目: 銅鑼湾・湾仔(ライトアップ)
* 4日目: 黄大仙祠・南蓮園池・ランタオ島 天壇大仏
* 4日目: 旺角・油麻地・佐敦
* 4日目: スカイ100・尖沙咀(ライトアップ)
* 5日目: 帰路へ

【旅行日】
2017年11月26日-30日

【本編】

太古駅周辺

前回の続きで、海洋公園(オーシャンパーク)を後にして、MTR港島線の太古駅に出てきました。駅に面した英皇道にはトラムが走っており、周辺には少し年季の入ったマンションが建ち並び、それらがとてもマッチしていたので、写真を撮りました。

""

""

""

『地球の歩き方 香港 マカオ 深セン』にレトロなマンションを背景にとても絵になるトラムの写真が載っていて「これどこで撮ったのだろう?」と疑問に思っていたのですが、ほぼ間違いなく太古駅近くの英皇道で撮ったものですね。香港 太古 トラム

太古駅という観光客には馴染みの薄いエリアにやって来たのは理由があり、それはこれから訪れる海景樓(Montane Mansion)に行くためです。

海景樓(Montane Mansion)

太古駅を出て英皇道を西へ5分くらい歩いていくと、左手に「海景樓(Montane Mansion)」の入口が見えてきます。""

海景樓はごくごく普通のマンションですが、2014年公開の映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』のロケ地になったり、フランス人写真家Romain Jacquet-Lagrèze氏が撮影し、その写真がSNSなどで広まったりしたことで近年有名になってきています。

実際、自分が訪れた時にも観光客らしき人がチラホラと。香港 海景樓(Montane Mansion)1

下から広角で煽って撮ると迫力満点です。香港 海景樓(Montane Mansion)2

さらに真上を向いて撮るとこんなカットに(→首が疲れましたがw)。香港 海景樓(Montane Mansion)3

最後は木を交えて。香港 海景樓(Montane Mansion)4

トラムスナップ

海景樓を後にして、次の目的地の北角へトラムで向かいます。その前後でトラムの写真をパシャパシャ撮りました。まずは海景樓周辺にて。香港 海景樓(Montane Mansion) トラム

""

""

ここからは北角周辺にて。香港 北角 トラム1

""

香港 北角 トラム2

春秧街マーケット

北角にやって来たのは、こちらの春秧街マーケットを訪れるため。香港 春秧街マーケット1

春秧街マーケットは、生鮮食料品や衣料品などのお店が集まる青空マーケット。ここの見所は、北角行きのトラムが通りの真ん中を走るところ。""

徐行しているとはいえ結構な至近距離での走行ですが、地元の人は慣れているせいかほとんど気にも止めていない模様(笑)。""

ここが北角行きトラムの終着地点。香港 北角 トラム3

香港のトラムは色んな種類のカラーリングがありますが、個人的にはこのShanghai Tangのビビッドな車両が一番印象に残りました。""

再びマーケットをブラブラと。香港 春秧街マーケット2

先ほどは急にトラムが来て慌ててシャッターを切りましたが、今回は待ち構えて撮りました。香港 春秧街マーケット トラム

この写真からかなりスレスレな感じが伝わるのではないでしょうか。""

銅鑼湾

北角からトラムで西へ進み、銅鑼湾で降りました。""

銅鑼湾は大型デパート、ブランドショップや世界各国のレストランが立ち並ぶ香港でも有数のショッピングエリア。香港 銅鑼湾1

地元の人・観光客共にたくさんいて、とても活気があります。香港 銅鑼湾2

香港 銅鑼湾3

Fashion Walkというお洒落な雰囲気のショッピングモール。香港 銅鑼湾 Fashion Walk

銅鑼湾のランドマーク的存在のSOGO。香港 銅鑼湾 SOGO

こちらも銅鑼湾を代表するデパートのTimes Square。香港 銅鑼湾 Times Square

その他スナップ。""

""

何洪記粥麺専家

そろそろ夕食にします。ハイサンプレイス(Hysan Place)というショッピングモールにある「何洪記粥麺専家」に入りました。香港 何洪記粥麺専家1

「粥麺専家」の名前の通り、粥と麺がメインのお店で、海鮮粥を注文しました。香港 何洪記粥麺専家2

この後、夜の銅鑼湾・湾仔を散策していきます。

【まとめ】

という訳で、4泊5日の香港旅行のうち3日目の海景樓・北角(春秧街マーケット)・銅鑼湾の記事でした。

香港島側の観光スポットについては、銅鑼湾はガイドブック等にも頻繁に取り上げられ訪れる方も多いと思うのですが、銅鑼湾より東側には足を踏み入れたことがない人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。今回訪れた海景樓や北角などは写真映えするスポットですので、特にリピーターの方にはオススメです。

次の記事では、3日目夜の銅鑼湾・湾仔について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 太古駅
2 海景樓
3 春秧街マーケット
4 Fashion Walk
5 SOGO
6 Times Square
7 何洪記粥麺専家

[関連リンク]
Discover Hong Kong(日本語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。