クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタンとアロー通りの屋台街

アロー通り アイキャッチ画像

【はじめに】

海外の友人の結婚式参加に絡めて、1週間かけてマレーシアのクアラルンプール、ペナン、そしてブルネイを回りました。この記事では、2日目のブキッ・ビンタンについて書いていきます。ブキッ・ビンタンはクアラルンプール随一の繁華街ということで、マレーシアの今を窺い知ることができました。またその中にあるアロー通りの屋台街は、夜になると人が溢れ熱気に包まれていました。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
☆1日目①空路クアラルンプールへ(関連記事
☆1日目②ツインタワー夜景(関連記事
☆2日目①ツインタワー登頂、スリアKLCC(関連記事
☆2日目②KLCC水族館(関連記事
★2日目③ブキッ・ビンタン(今回の記事)
☆3日目①ペナンのコロニアル建築巡り(関連記事
☆3日目②プラナカン・マンション、イースタン&オリエンタル・ホテル(関連記事
☆3日目③チョン・ファッ・ツィー・マンション(ブルーマンション)(関連記事
☆4日目①ペナンのエスニック建築巡り(関連記事
☆4日目②ペナンのアートワーク巡り(関連記事
☆5日目①国立モスク、イスラム美術館(関連記事
☆5日目②チャイナタウン(関連記事
☆6日目①ロイヤル・レガリア(関連記事
☆6日目②オールドモスク(関連記事
☆7日目①水上集落、ニューモスク、ガドン地区(関連記事
☆7日目②エンパイア・ホテル(関連記事
(1・2日目&5・6日目:クアラルンプール、3・4日目:ペナン、6・7日目:ブルネイ)

【旅行日】
2015年9月22日〜29日

【本編】

前回までのKLCCからブキッ・ビンタンへと移動します。ブキッ・ビンタン KLCC 歩道橋1

ブキッ・ビンタン KLCC 歩道橋2

以前はKLCCとブキッ・ビンタンの間の移動は地図上では近いわりに大変でしたが、3年ほど前に歩道橋(Walkway)ができたお陰でだいぶ楽になりました。

ブキッ・ビンタンのショッピング・センター巡り

ブキッ・ビンタンはクアラルンプール随一の繁華街で、高級なものからローカル志向のものまで数多くのショッピングセンターが建ち並びます。そこで、そうしたショッピングセンターを見て回りました。

まずはブキッ・ビンタンで最大級の売場面積を誇るパビリオン。ブキッ・ビンタン パビリオン1

ブキッ・ビンタン パビリオン2

6階には「東京ストリート」なるエリアもありました。ブキッ・ビンタン パビリオン 東京ストリート1

ブキッ・ビンタン パビリオン 東京ストリート2

ブキッ・ビンタン パビリオン 東京ストリート3

お次はラグジュアリーなブランドが多めのスターヒル・ギャラリー。ブキッ・ビンタン スターヒル・ギャラリー1

ブキッ・ビンタン スターヒル・ギャラリー2

ブキッ・ビンタン スターヒル・ギャラリー3

ユニクロが入っているファーレンハイト88(建物のみ)。ブキッ・ビンタン ファーレンハイト88

若者向けのロット10(建物のみ)。ブキッ・ビンタン ロット10

ローカル色が強めのスンガイ・ワン・プラザ。ブキッ・ビンタン スンガイ・ワン・プラザ1

ブキッ・ビンタン スンガイ・ワン・プラザ2

そしてこちらは、ホテルなども併設するベルジャヤ・タイムズ・スクエア(建物のみ)。ブキッ・ビンタン ベルジャヤ・タイムズ・スクエア

ブキッ・ビンタン駅からの眺め

ブキッ・ビンタンにはモノレールのブキッ・ビンタン駅があり、そこから街の風景を写真に収めました。クアラルンプールは既に大都市なんですが、混沌とした感じが東南アジアらしいなと。ブキッ・ビンタン 街の風景1

ブキッ・ビンタン 街の風景2

ブキッ・ビンタン 街の風景3

モノレールです。ブキッ・ビンタン モノレール1

ブキッ・ビンタン モノレール2

アロー通りの屋台街

アロー通り 屋台街

ブキッ・ビンタンのアロー通りは、クアラルンプール最大の屋台街です。夕方以降になるとお店も本格的に開き始め、現地の人・観光客含めお客さんもたくさん集まってきます。

お店の様子。アロー通り 屋台街 店1

アロー通り 屋台街 店2

アロー通り 屋台街 店3

アロー通り 屋台街 ドリアン

アロー通り 屋台街 バナナ

お客さんの雰囲気。アロー通り 屋台街 人1

アロー通り 屋台街 人2

ライブパフォーマンスなんかもあります。アロー通り 屋台街 ライブパフォーマンス

さて、そろそろ自分の夕食も取ることにします。50件以上あるお店の中で選んだのは、こちらの黄亜華小食店(Restaurant Wong Ah Wah)。アロー通り 屋台街 黄亜華小食店1

『NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.04クアラルンプール』(高城剛著)『週末5万円からの東南アジア』(吉田友和著)で紹介されていて、ちょっと興味がありました。

ちなみに気づいた方もいると思いますが、お店の目印は某夢の国からパクってるであろう(?)マスコット。アロー通り 屋台街 黄亜華小食店2

ただし、お店は大変繁盛しています。アロー通り 屋台街 黄亜華小食店3

とりあえずチキンウイング・エビの揚げ物・ホッケンミーの三品をオーダーしました。アロー通り 屋台街 黄亜華小食店4

夜のブキッ・ビンタン

アロー通りを後にして、再びブキッ・ビンタン駅周辺の中心エリアに戻ってきました。食後の軽い運動がてら、写真を撮っていきます。

ロット10の目の前の通りの様子。ブキッ・ビンタン 夜 ストリート1

ブキッ・ビンタン 夜 ストリート2

ブキッ・ビンタン駅にて。エア・アジアの看板が印象的です。ブキッ・ビンタン駅 エア・アジア

こう見ると未来都市みたいな感じですね!?ブキッ・ビンタン駅 モノレール1

ブキッ・ビンタン駅 モノレール2

ファーレンハイト88。ブキッ・ビンタン 夜 ファーレンハイト88

最後はパビリオン。ブキッ・ビンタン 夜 パビリオン1

ブキッ・ビンタン 夜 パビリオン2

この後は、冒頭で触れた歩道橋(Walkway)を通ってKLCCのホテルに戻りました。

【まとめ】

という訳で、アロー通りを含むブキッ・ビンタンの記事でした。ここも過去に訪れたことはあるのですが、やはりクアラルンプール最大の繁華街ということで、マレーシアの今を知る上ではブキッ・ビンタンに立ち寄るのが一番手っ取り早い気もします。東南アジアの熱気を感じたいのでしたら、外せないスポットかと。

さて、ここまでが2日目でクアラルンプールを見てきましたが、3日目・4日目は一度ペナンに行きます。次の記事からは、ペナンの旅行記事がしばらく続きます。

[関連リンク]
パビリオン
スターヒル・ギャラリー
ファーレンハイト88
ロット10
スンガイ・ワン・プラザ
ベルジャワ・タイムズ・スクエア


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。