早咲きの桜を見に新宿御苑へ

新宿御苑 桜 アイキャッチ

【はじめに】

早咲きの桜を見に新宿御苑へ行ってきました。新宿御苑には色んな種類の桜が存在し、それぞれ見頃が異なるため、比較的長い期間桜を楽しむことができます。定番のソメイヨシノを中心とする桜の季節の本番はこれからで、自分もいくつか見て回りたいと思っていますが、その手始めとして自宅からのアクセスが容易な新宿御苑に行ってきたところです。

【訪問日】
2015年3月22日

【本編】

新宿御苑の入口の一つである新宿門です。新宿御苑 入口

新宿御苑には桜以外にもたくさんの種類の植物がありますが、今回は桜のみにフォーカスして回ります。

まずはトウカイザクラ(東海桜)。新宿御苑 トウカイザクラ(東海桜)

こちらは先月伊豆方面にも見に行ったカワヅザクラ(河津桜)。新宿御苑 カワヅザクラ(河津桜)

こちらはオオシマザクラ(大島桜)を下から見上げてみたものです。新宿御苑 オオシマザクラ(大島桜)

角度を変えて。新宿御苑 オオシマザクラ(大島桜)

こちらはヨウコウ(陽光)という種類の桜ですが、以下何枚か続きます。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

違うアングルから。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

さらにアングルを変えて。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

中国辺りからの(?)観光客と思うのですが、すごく楽しそうに写真を撮っていました。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

ヨウコウ(陽光)のアップです。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

もう1枚アップで。新宿御苑 ヨウコウ(陽光)

ここからはタカトオコヒガン(高遠小彼岸)という種類の桜です。新宿御苑 タカトオコヒガン(高遠小彼岸)

容姿・言語からフィリピンからの旅行者と思われますが、キャッキャウフフな感じで楽しんでいる様子でした。新宿御苑 タカトオコヒガン(高遠小彼岸)

タカトオコヒガン(高遠小彼岸)のアップ。新宿御苑 タカトオコヒガン(高遠小彼岸)

NTTドコモののっぽビルをバックに。新宿御苑 タカトオコヒガン(高遠小彼岸)

ここからはかなり立派なシダレザクラ(枝垂桜)。新宿御苑 シダレザクラ(枝垂桜)

下から見上げてみます。新宿御苑 シダレザクラ(枝垂桜)

もう1枚。新宿御苑 シダレザクラ(枝垂桜)

皆さん写真に夢中です。新宿御苑 シダレザクラ(枝垂桜)

いい感じで枝垂れています(?)。新宿御苑 シダレザクラ(枝垂桜)

これはオオカンザクラ(大寒桜)ですね。新宿御苑 オオカンザクラ(大寒桜)

こちらは葉が特徴的なシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)。新宿御苑 シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)

反対方向を向いてみました。新宿御苑 シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)

池をバックにアップで。新宿御苑 シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)

桜ばかり続いたので、旧御涼亭という建物からの眺め。新宿御苑 旧御涼亭

もう1枚。新宿御苑 旧御涼亭

日本庭園のカンザクラ(寒桜)を何枚か。新宿御苑 カンザクラ(寒桜)

アップで。新宿御苑 カンザクラ(寒桜)

枝先を。新宿御苑 カンザクラ(寒桜)

最後は、NTTドコモののっぽビルを背景に。新宿御苑 カンザクラ(寒桜)

【まとめ】

という訳で、早咲きの桜を見に新宿御苑に行った記事でした。訪問したのは3月22日(日)の昼間でしたが、家に戻り新宿御苑の最新情報をチェックしたら、所定の桜(ソメイヨシノ)の開花基準木において、5輪以上の開花を確認し、新宿御苑ではこの日が開花日となったそうです(参考)。ただ、ソメイヨシノは全然期待していなかったので、完全にスルーしてました(笑)。また、この記事をアップする23日(月)には、東京の開花宣言がなされたというニュースも耳にしました。なので、今週末以降、都内近郊の他の場所も訪れたいなと思っています。ではでは。

[参考]
新宿御苑 | 一般財団法人国民公園協会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。