札幌散策〜赤れんが庁舎・時計台・円山動物園・北海道神社

札幌 円山動物園 アイキャッチ画像

【はじめに】

3泊4日で冬の小樽・札幌旅行へと行ってきました。メインは小樽の「小樽雪あかりの路」と札幌の「さっぽろ雪まつり」を見ることです。この記事はそのうち3日目前半で、主に札幌の赤れんが庁舎・時計台・円山動物園・北海道神社を散策します。

【旅程】
☆1日目:小樽(三角市場→小樽運河→堺町通り→北のウォール街→小樽雪あかりの路)
☆2日目:小樽(北運河→小樽市総合博物館)⇒札幌(さっぽろ雪まつり@大通会場)
★3日目:札幌(北海道庁旧本庁舎→札幌市時計台→円山動物園→北海道神社→白い恋人パーク)
☆4日目:札幌(札幌場外市場→さっぽろ雪まつり@つどーむ会場→JRタワー展望室→サッポロビール博物館→サッポロファクトリー)

【旅行日】
2015年2月8日〜11日

【本編】

旅の3日目、札幌2日目です。この日は雪まつり関連の見学はなく、札幌観光で定番の観光地を中心に回ります。

まずは、「北海道庁旧本庁舎」、いわゆる「赤れんが庁舎」から。札幌 赤れんが庁舎 写真1

ちなみに、この日の天気予報はお昼近くから雪。この時間帯は晴れ間も見えていましたが、この先は予報通りの天候となりました。

赤れんが庁舎の中を見学してみます。1階では、こんな感じで北方領土に関するパネル展が開催されていたり、札幌 赤れんが庁舎 写真2

2階では「北の縄文世界展」というイベントが開催されていました。札幌 赤れんが庁舎 写真3

という訳で、土偶です。札幌 赤れんが庁舎 写真4

土偶をもう一丁。札幌 赤れんが庁舎 写真5

お次は、「札幌市時計台」。札幌市時計台 写真1

チケットを買って中に入ると、こんなクリアファイルをくれました(笑)。札幌市時計台 写真2

1階は資料館として、時計台や北海道の歴史等についての各種展示があります。札幌市時計台 写真3

札幌市時計台 写真4

そして2階は、当時の札幌農学校の講堂を再現したものとなっております。札幌市時計台 写真5

札幌市時計台 写真6

次に向かったのが、「札幌市円山動物園」。札幌 円山動物園 写真1

冬の円山動物園はちょっと留意が必要で、まず冬場はそもそも活動していない動物が多く、屋外の各施設には他の季節に比べると動物は少なめです。一方で、屋内の施設はというと、外との気温差が激しいため、カメラのレンズが結露しやすく写真が撮れない場面が多々ありました。加えて、円山公園に着いた頃から雪が降り始め、寒さで指先の感覚が薄れ、まともにシャッターが切れずにブレブレの写真を連発。

言い訳が長くなりましたがw、お見せできる写真があまりない中で、印象に残った動物を3種類ほど。

まずは、ヒツジ。元々目にかかる毛に加えて、恐らく餌を食べる時に顔に付着したであろう草がユーモラスでした。

メ〜札幌 円山動物園 写真2

メ〜〜札幌 円山動物園 写真3

メ〜〜〜札幌 円山動物園 写真4

お次は、オマキザル。表情の変化に富み、見ていて飽きませんでした。

ショボーン札幌 円山動物園 写真5

ん!?札幌 円山動物園 写真6

あっ!札幌 円山動物園 写真7

おっ!札幌 円山動物園 写真8

うっ!札幌 円山動物園 写真9

最後は、レッサーパンダ。動く時とそうでない時の差が激しく、こちらの思い通りにシャッターを切ることが難しかったです(→ピンボケご容赦を)。

がぶっ札幌 円山動物園 写真10

がぶっ札幌 円山動物園 写真11

がぶっ札幌 円山動物園 写真12

喰ったぜぇ札幌 円山動物園 写真13

寝る!札幌 円山動物園 写真14

円山動物園を後にして、その近くにある「北海道神宮」にも立ち寄りました。ご覧の通り、結構な雪です。札幌 北海道神社 写真1

手水舎も一部凍っています。札幌 北海道神社 写真2

ところが、平日で雪にも関わらず、思いのほか参拝客がいました。札幌 北海道神社 写真3

本殿です。札幌 北海道神社 写真4

参拝を終えて、次の目的地へと向かいます。札幌 北海道神社 写真5

【まとめ】

という訳で、3泊4日の冬の小樽・札幌旅行の3日目前半で、札幌散策(赤れんが庁舎・時計台・円山動物園・北海道神社)でした。お天気も目まぐるしく変わり、中々ハードでした(笑)。

[参考]
北海道庁旧本庁舎
札幌市時計台
札幌市円山動物園
北海道神宮


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。