台北旅行記 その7 まさに「千と千尋の神隠し」の世界 九份

台湾 九份 アイキャッチ画像

【はじめに】

ゴールデンウィーク直前の4月末に3泊4日で台湾を旅行してきました。今回訪れたのは首都の台北とその周辺地域です。この記事では2日目の九份散策について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 台北へのフライト&鼎泰豊の小籠包
* 1日目: 台北当代芸術館・国立台湾博物館・国立歴史博物館
* 1日目: 中正紀念堂(ライトアップ)
* 2日目: 平渓線(菁桐)
* 2日目: 平渓線(十分)
* 2日目: 平渓線(猴硐)
* 2日目: 九份[今回の記事]
* 3日目: 国立故宮博物院
* 3日目: 忠烈祠
* 3日目: 信義区
* 3日目: 台北101
* 4日目: 二二八和平公園・中正紀念堂・龍山寺・西門町
* 4日目: 華山1914創意文化園区&帰路へ

【旅行日】
2016年4月27日-30日

【本編】

九份へ

前回記事にした猴硐駅から平渓線に乗り、台北から来るときに乗り換えた瑞芳駅に戻ってきました。今度はここから九份へと向かいます。猴硐駅

瑞芳から九份へはバスで向かうこととし、最寄りのバス停まで駅から5分くらい歩いて移動。""

九份方面のバスに乗車。""

九份散策の起点となる基山街の入口に着きました。九份 セブンイレブン

九份散策

まずはメインストリートである基山街を回ります。基山街にはお土産屋さんや食べ物の屋台などが建ち並びます。九份 基山街1

九份 基山街2

九份 基山街3

九份 基山街4

九份 頼阿婆芋圓1

九份 基山街5

途中こんな感じで海を見渡せるスポットもありました。九份 海

九份 展望台

基山街と並んで九份散策の中心となるのが、豎崎路。こちらは石段の続く坂道となります。九份 豎崎路1

すごく大きな犬がいて、観光客の注目を浴びていました。""

九份 豎崎路2

九份 豎崎路3

九份で最も有名な建物であろう阿妹茶酒館。九份 阿妹茶酒館1

頼阿婆芋圓・九分茶坊

九份と言えば提灯の灯る夕暮れ時の情景が有名で、日が沈むまでまだ少し時間があるため、軽く食事を取りながら時間を調整します。

まずは頼阿婆芋圓に立ち寄りました。九份 頼阿婆芋圓2

芋(タロイモ)を使った芋団子(芋圓)で有名なお店です。九份 頼阿婆芋圓3

もう一件、九份茶坊にも立ち寄りました。九份茶坊1

九份茶坊は茶芸館であると共にギャラリーにもなっています。九份茶坊2

パイナップルケーキとお茶のセットを注文しました。九份茶坊 パイナップルケーキ

また九份茶坊にはテラス席もあり、そこからの眺めも中々です。九份茶坊 テラス

九份のライトアップ

少しずつ日が傾いてきましたので、定番の阿妹茶酒館へ。九份 阿妹茶酒館2

こちらは阿妹茶酒館の向かいに建つ海悦楼茶坊。九份 海悦楼茶坊1

阿妹茶酒館の提灯が灯り始めました。九份 阿妹茶酒館3

段々と暗くなっていく様は幻想的です。九份 海悦楼茶坊2

まさにマジックアワーの時間帯ですね。九份 阿妹茶酒館 ライトアップ1

阿妹茶酒館付近にて。九份 ライトアップ1

それにしても、もの凄い人の数です。九份 ライトアップ2

九份 ライトアップ3

九份 ライトアップ4

阿妹茶酒館と並んで、「悲情城市」の看板があるこの階段付近も人気の撮影スポットかと。九份 悲情城市

九份 ライトアップ5

九份 ライトアップ6

九份 ライトアップ7

再び階段を上がり、阿妹茶酒館周辺へ。九份 ライトアップ8

九份 ライトアップ9

九份 ライトアップ10

九份 阿妹茶酒館 ライトアップ2

九份 ライトアップ11

海が見える展望台へ。九份 海 夕日

そろそろ帰路へ。九份 基山街 ライトアップ

旅行前に調べた段階である程度は予想していましたが、最寄りのバス停には大行列が。その傍らで「一人200元(約760円)で5人の相乗りで台北駅までどう?」と営業を掛けてくるタクシーの運転手がいて、時間と費用を勘案してその話に乗りました。九份 タクシー

おまけで台北駅のライトアップ

タクシーが台北駅までということもあり、せっかくなので台北駅のライトアップの様子を撮りました。台北駅 ライトアップ1

台北駅 ライトアップ2

台北駅 ライトアップ3

SL(蒸気機関車)。台北駅 SL(蒸気機関車) ライトアップ1

台北駅 SL(蒸気機関車) ライトアップ2

また宿泊しているシーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)には屋上ガーデンがあり、そこからも台北駅を眺めることができます。シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店) 屋上ガーデン 台北駅

こんな感じで台北旅行の2日目終了です。

【まとめ】

という訳で、3泊4日の台北旅行のうち2日目の九份散策の記事でした。

九份と言えば、映画『悲情城市』のロケ地になったり、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』に出てくる湯屋「油屋」のモデルと噂になったりと、台湾を代表する観光地であるため、観光客の数が半端ありませんでした。また台北からのアクセスもそれなりに大変です。そうは言いつつ、行ってみれば大変満足度の高いスポットでしたので、人の多さやアクセスの難を差し引いても、行く価値が十分にあると思います。

次の記事では、3日目の国立故宮博物院について書いていきます。

[地図]

[関連リンク]
台北観光サイト(日本語)
台湾観光協会(日本語)
九份茶坊(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。