愛媛松山旅行 その6 道後温泉本館・道後温泉駅周辺散策

道後温泉 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。4月下旬に2泊3日で愛媛県松山に行ってきました。かれこれ6回目の愛媛松山で、カメラ及びレンズ買換後初の旅行として、安定して楽しめました。この記事では2日目の道後温泉本館・道後温泉駅周辺散策について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 松山空港
* 1日目: 三津浜・梅津寺・高浜
* 1日目: エミフルMASAKI
* 1日目: 松山市駅・大街道(ライトアップ)
* 2日目: 愛媛県庁(特命副知事室・みきゃんセンター)
* 2日目: 道後温泉本館等[今回の記事]
* 2日目: 道後温泉本館等(ライトアップ)
* 3日目: 飛鳥乃湯泉・みきゃんルーム
* 3日目: 道後オンセナート2018
* 3日目: 道後温泉商店街
* 3日目: 道後温泉商店街・松山空港(みきゃんスナップ)

【旅行日】
2018年4月22日-24日

【本編】

道後温泉駅

前回の続きで、愛媛県庁を後にして路面電車で道後温泉駅に移動しました。ちょうど一本後の電車が坊っちゃん列車でしたので、到着の様子をパシャリ。坊っちゃん列車1

前のオレンジとグリーンのツートンカラーの列車が、自分が乗ってきた電車になります。""

駅舎をバックに坊っちゃん列車を。坊っちゃん列車2

道後温泉駅の駅舎と路面電車の組み合わせ。道後温泉駅 路面電車1

この日はお昼くらいからお天気が下り坂になる予報でしたので、予定より早めに道後温泉に移動して、晴れ間の見えるうちに道後温泉周辺の写真を撮ろうと考えました。松山 路面電車1

道後温泉に来たら、この位置から駅舎と坊っちゃん列車を撮るのがお約束。道後温泉駅 坊っちゃん列車1

駅正面(放生園)のカラクリ時計の横には、「道後オンセナート2018」の一環でアート作品が展示されています。道後温泉 カラクリ時計

道後商店街(道後ハイカラ通り)。道後商店街(道後ハイカラ通り)

道後温泉本館

道後商店街(道後ハイカラ通り)を抜けて、道後温泉本館にやって来ました。道後温泉本館1

ゴールデンウィーク等の繁忙期ではない平日昼間ですが、やはりそれなりに人がいますね〜。道後温泉本館2

正面からだけでなく、横からも。""

""

さらに正面反対側の様子を。道後温泉本館3

道後温泉本館側から見た道後商店街(道後ハイカラ通り)のカット。道後商店街(道後ハイカラ通り)2

反対に道後商店街(道後ハイカラ通り)出口付近から道後温泉本館を俯瞰した風景。""

道後温泉には、道後温泉本館の他にも外湯が二箇所あります。こちらは昔からある「道後温泉 椿の湯」。道後温泉 椿の湯

もう一つは昨年12月にオープンした「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」。道後温泉 飛鳥乃湯泉

鱧めしイ○

そろそろお昼にします。道後商店街(道後ハイカラ通り)を歩いていると、前回2016年11月訪問時からいくつか新しいお店ができていることに気づき、そのうちの一つ「鱧めしイ○」に入ってみることにしました。""

愛媛といえば「鯛」料理が有名ですが、こちらは「鱧(はも)」料理がメインのお店。なんでも八幡浜漁港は鱧の水揚げ量日本一を誇るそうで、そうした点に惹かれて入ってみました。

中の様子。""

お店の看板メニュー「松山はもまぶし膳」を注文。""

最初に「鱧しゃぶ」が出てくる予定でしたが、この日は鱧の入荷に制限があったそうで、「鯛しゃぶ」に変更。まあ一度に鯛と鱧の両方を楽しめるということで、自分としてはオッケー。道後温泉 鱧めしイ○1

メインは鱧をつかった「はもまぶし膳」。鰻の「ひつまぶし」のように、味の変化を楽しむことができます。道後温泉 鱧めしイ○2

道後温泉駅

「鱧めしイ○」での昼食後は、道後温泉駅周辺で路面電車の写真を撮っていきます。駅西側が引き上げ線になっており、停車中の車両や折り返しの車両など色んなアングルで写真を撮ることができます。松山 路面電車2

松山 路面電車3

""

道後温泉駅 路面電車2

坊っちゃん列車。坊っちゃん列車3

この時間になると、予報通り晴れから曇りへと天気が変わってきました。道後温泉駅 坊っちゃん列車2

新型LRT車両5000形。道後温泉駅 路面電車3

道後温泉本館入浴

せっかくなので道後温泉本館で入浴します。道後温泉本館4

窓口で浴券を購入し、改札口へ。""

「神の湯」がある1階廊下。""

壁には写真や絵が飾られています。""

""

""

道後温泉本館には全部で四つの入浴コースがあり、「霊の湯 三階個室」を選択。道後温泉本館 個室

入浴後にいただいた坊っちゃん団子。道後温泉本館 坊っちゃん団子

最後二階の大広間に立ち寄り、「道後オンセナート2018」で展示中の蜷川実花氏のインスタレーションを見て、道後温泉本館を後にしました。道後温泉本館 大広間

【まとめ】

という訳で、2泊3日の愛媛松山旅行のうち2日目の道後温泉本館・道後温泉駅周辺散策の記事でした。

道後温泉本館では2019年1月以降に保存修理工事が予定されており、現存の姿を見ることができるのは今回が最後と思ったのが、愛媛松山に旅行先を決めた一つの要因です。過去にも何度か訪れたことある場所ですが、やはり何度来てもいいですね。

次の記事では、引き続き2日目の道後温泉本館・道後温泉駅周辺でのライトアップの様子について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 道後温泉駅
2 道後商店街
3 道後温泉本館
4 飛鳥乃湯泉
5 鱧めしイ○

[関連リンク]
松山市公式観光WEBサイト
伊予鉄道
道後温泉
鱧めしイ○(食べログ)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


4件のコメント

    1. Hi Jes, thank you for your comment. I presume you can communicate in English at airport and hotels in Matsuyama. In other places including tourists spots and restaurants, it depends on. However, people in Matsuyama are very kind, so even if they are not fluent in English, I don’t think you have difficulties in communicating with them 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。