やはり快適!シンガポール航空のビジネスクラスで3年半振りにシンガポールへ

シンガポール航空 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、1日目のシンガポール航空での渡航の様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ[今回の記事]
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回のニューヨーク弾丸旅行シリーズからちょうど1ヶ月近く空きましたが、ブログ再開です。【はじめに】にも書いた通り、シンガポールは大学院留学で以前住んでいたこともありますが、当時は写真について造詣がなく、今一度きちんと写真に収めたいなと思い、大学院時代の同窓会(Reunion)出席に絡めて約1週間かけてシンガポールを回りました。

ぶっちゃけ、今回回った場所のほとんどは過去に訪れたことがあり、シンガポール在住者やリピーターの方からすれば「お上りさんかよw」と揶揄されそうなメジャーなスポットばかりですが、その分シンガポールの代表的な観光スポットの多くはカバーしており、今後シンガポールを初めて訪れる人にとっては「へえ〜、こんな場所があるんだあ」と参考になるのでは思いますし、自分のように過去にシンガポール在住経験があり、現在は日本に戻ってきている人にとっては「おお〜、懐かしいなあ」と思うような写真がたくさん出てくるのではと思います。

なお、1週間にも及ぶ旅行で、かつ自分にとっても思い出深い国ということもあり、今回のシンガポールのシリーズは、全部で通常の倍くらいの20本の記事を予定しています(→週2本の記事を更新するペースとして、11月上旬の次の旅行までに終わるかどうかギリギリの模様w)。長丁場ですが、よろしくお付き合いのほどを。それでは行ってみよう。

羽田空港

東京-シンガポール間の飛行機は、日本のJALやANAに加えて、シンガポールのシンガポール航空とその子会社で格安航空会社(LCC)のスクート(但し、台北の経由便)、さらにはアメリカのデルタ航空が就航しています。このうちJAL・ANA・シンガポール航空の3社は、成田と羽田両方に就航していて、選択肢も豊富にあります。その中で行きは、羽田発でシンガポール航空のSQ631便を選びました。理由は、昼間の便で最も早くシンガポールに着くという利便性もありますが(→羽田発9:15、チャンギ着15:20)、何よりこれまで何度も乗ってきたシンガポール航空が大好きなので、今回3年半振りにシンガポールを訪れるにあたり、「航空会社はシンガポール航空一択!」という感じで決めていました。

という訳で、羽田空港国際線旅客ターミナルのシンガポール航空のチェックイン・カウンター。羽田空港 シンガポール航空 カウンター1

当然個人の旅行なので自腹だけど、清水の舞台から飛び降りるつもりでビジネスクラスを選択。羽田空港 シンガポール航空 カウンター2

これについて補足すると、東京-シンガポール間のJAL・ANA・シンガポール航空のエコノミーのチケットは、通常は往復で6万円前後が相場です。が、旅行時期が一般的な夏休みシーズンと重なり、シンガポール航空で希望する時間帯の便だと旅行の2-3ヶ月前の段階で既に11万円とかになっていました。一方、ビジネスのチケットはそうした季節的変動はそれ程なく、早めに予約すれば22万円くらいで入手可能です。一般的な欧米路線のビジネスのチケットの値段や今回のタイミングでのエコノミーとの価格差を考えた時に、「7時間程度とそれなりの長時間のフライトで、この値段なら払う価値があるよね!?」と判断し、エコノミーではなくビジネスを選択しました。とまあ、もっともらしい理屈をつけていますが、ぶっちゃけ「シンガポール航空大好き♡」なことが最大の理由です。

出発までしばらく時間があるので、時間をつぶします。まずは、出発ロビーの1つ上の階にある「江戸小路」。 羽田空港 江戸小路

その江戸小路から見た出発ロビーの眺め。 羽田空港 国際線ターミナル1

出国審査通過後での通り道にて。 羽田空港 国際線ターミナル2

ラウンジは同じスターアライアンス系ということで、ANAのラウンジを利用。羽田空港 ANA ラウンジ1

中の様子。比較的早い時間帯ということもあり、それ程混雑はしていませんでした。羽田空港 ANA ラウンジ2

カレーなどの食事のメニューもありましたが、機内食を堪能したいので、ここでは珈琲と杏仁豆腐に留めました。 羽田空港 ANA ラウンジ3

そろそろ出発ゲートへ。途中、ANAのスター・ウォーズ特別塗装機を見かけました。ANA スター・ウォーズ

エスカレーターの下が出発ゲートですが、その前にシンガポール・ガール(→シンガポール航空における女性客室乗務員の名称)のパネルがお出迎え。羽田空港 シンガポール航空1

エレベーターを降りて出発ゲートへ。""

久し振りに見るシンガポール航空の機体です。羽田空港 シンガポール航空2

あとは搭乗開始のアナウンスを待つばかり。羽田空港 シンガポール航空3

ほぼ時間通りに搭乗が始まり、機内に乗り込みます。

SQ631便ビジネスクラス搭乗記

SQ631便の機材はボーイング777-300ERで、現在のシンガポール航空においてA350と並んで最新のビジネスクラスの座席となっています(→現時点でA350は日本線には未就航)。この最新のビジネスクラスに乗ってみたかったことが、今回ビジネスクラスを選んだ理由の一つです。

座席の配置は1-2-1の四列なので、お一人様の自分としては当然(?)窓際の席を確保。 シンガポール航空 777-300ER ビジネスクラス1

モニターは18インチのワイドHD液晶スクリーン。シンガポール航空 777-300ER ビジネスクラス2

コントローラーは以前のボタン式からタッチパネル式に変わっていました。シンガポール航空 777-300ER ビジネスクラス3

ウェルカムドリンク。""

シンガポール航空の機内誌「SILVERKRIS」。シンガポール航空 SILVERKRIS

食事のメニュー。シンガポール航空 ビジネスクラス 食事 メニュー

シンガポール航空の場合、ビジネスクラス以上ですと「ブック・ザ・クック」という食事の事前予約ができるサービスがあります。ただ、出発地により選択肢の幅が異なり、バラエティーに富むシンガポール出発便に比べると、東京出発便の場合正直それ程ではありません。なので、「ブック・ザ・クック」は帰国便で利用するとして、行きは通常メニューから選択することに。

で、選んだのは和食から「花恋暦」。シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

ネットの評判などを参考に選びましたが(→京都の料亭「菊乃井」のご主人 村田吉弘氏の監修とのこと)、美味しくいただきました。

こちらはデザートのチーズケーキとシンガポールスリング。シンガポール航空 シンガポールスリング

窓からの眺め。 ""

約7時間のフライトでしたが、退屈することなくチャンギ空港に着陸。""

横にはシンガポールの建国記念日(8月9日)用の特別塗装機が。シンガポール航空 特別塗装

チャンギ空港到着

飛行機を降りて、到着ロビーへと向かいます。 シンガポール チャンギ空港1

その前に入国審査がありますが、特に問題もなくあっという間に通過。 シンガポール チャンギ空港2

が、普段の旅行よりも舞い上がっていたせいか(?)、預け荷物をピックアップしないまま税関を通過し、到着ロビーへと出てしましました(←アフォw)。

で、インフォメーション・カウンターに行き、再入場の手続を。""

預け荷物も無事回収し、空港から宿泊するホテルまで移動。シンガポール チャンギ空港3

泊まりはibis Singapore on Bencoolen

今回泊まったホテル。 イビス・シンガポール・オン・ベンクーレン(ibis Singapore on Bencoolen)1

部屋はこんな感じ。 イビス・シンガポール・オン・ベンクーレン(ibis Singapore on Bencoolen)2

シンガポールのホテル事情について補足すると、国土が小さいゆえ全体的に料金は高めです。それなりの設備のあるホテルに泊まろうと思うと、最低でも1泊あたり2万円前後は必要になってきます(→1泊あたり2万円前後のホテルとしては、個人的にはシティホールにあるカールトン・ホテル・シンガポール(Carlton Hotel Singapore)がおすすめ)。一方で、エコノミータイプのホテルも当然ありますが、シンガポールの場合ホテルのランクを下げ過ぎると今度は設備等に色々問題が出てくるのも事実で、どの辺でバランスを取るかが非常に悩ましいところです。

そんな中今回宿泊先として選んだのが、イビス・シンガポール・オン・ベンクーレン(ibis Singapore on Bencoolen)。今回航空券代にかなりのお金を使ったので、ホテル代はケチらざるを得ずw、コスパに優れたエコノミータイプのホテルとして、以前にも一度利用したことがあるこちらを選びました(→1泊あたり税・サービス料込みで1.1万円)。で、再度利用した感想としては、エコノミーホテルゆえいくつか目をつむる必要がある点はありましたが(→例:部屋のWi-Fi接続がやや不安定、部屋の壁が薄いようで廊下で大声で話していたインド人がウザい時があったw)、立地も含めて総じて価格に見合う価値としては満足できるものでした。

さて、ホテルにチェックイン後は荷物を置いて早速観光に出かけますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、1日目のシンガポール航空のビジネスクラスでの渡航の記事でした。シンガポール航空については数々の受賞歴が物語る通り、機内設備・サービス共に定評があります。今回久し振り乗りましたが、やはり素晴らしいですね。ハード面では機材の入れ替えを積極的に行っており、自分の経験した中ではボーイング747、A380、そして今回のボーイング777-300ERと3種類の機材でシンガポール航空のビジネスクラスに乗ったことがありますが、機材が新しくなる度に改良されている印象です。一方、ソフト面ではフライトアテンダント(客室乗務員)のサービスが従来から評価が高いですが、今回も素晴らしかったです。ちょっと残念というか後悔しているのは、昨年のマレーシア旅行時にはマレーシア航空の客室乗務員の写真を撮りましたが(→関連記事)、今回は撮り損ねました(笑)。写真はありませんが、行きも帰りもホスピタリティー溢れる接客でした。

次の記事では、シンガポール観光の定番中の定番、マーライオン・パークについて書いていきます。以上、kosuでした。

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com(日本語)
シンガポール航空(日本語)
ibis Singapore on Bencoolen(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。