シンガポールの未来型植物園!ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポール ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、3日目のガーデンズ・バイ・ザ・ベイの様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ[今回の記事]
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回の続きで、オーチャードからガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ移動しました。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとは

""
(画像は公式ウェブサイトより)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)は、2012年6月に開業の未来をテーマにした大型植物園。110haもの広大な敷地に大小の植物園や庭園、池などが点在します。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは開業時に一度訪れていますが、当時は写真への造詣がなかったので、今回改めて再訪することとしました。

ドラゴンフライ・ブリッジ

MRTの最寄りベイフロント駅からは、直通の地下通路を通っていきます。""

すると、マリーナ・ベイ・サンズのホテルを裏手から見る格好に。""

ドラゴンフライ・レイク(Dragonfly Lake)。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ドラゴンフライ・レイク

湖の向こうに、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの代名詞とも言えるスーパーツリーが見えます。また、ドラゴンフライ・レイク(Dragonfly Lake)は日本語に訳すと「トンボ湖」ですが(?)、写真右にはトンボのオブジェも。

ドラゴンフライ・ブリッジ(Dragonfly Bridge)。ここを渡ってマリーナ・ベイ・サンズのあるエリアからガーデンズ・バイ・ザ・ベイへと向かいます。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ドラゴンフライ・ブリッジ1

橋からの眺め。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ドラゴンフライ・ブリッジ2

スーパーツリー・グローブ

まずやって来たのが、スーパーツリー・グローブ。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ スーパーツリー・グローブ1

スーパーツリー・グローブ(Supertree Grove)は、巨大な木をイメージしたタワー「スーパーツリー」が建ち並ぶエリアで、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのシンボル的存在。ツリーの高さは25メートルから50メートルにも及びます。

下から見上げて。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ スーパーツリー・グローブ2

中華系が多いシンガポールということで、こんなオブジェも。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ スーパーツリー・グローブ3

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ スーパーツリー・グローブ4

OCBCスカイウェイに上ってみました。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ OCBCスカイウェイ1

OCBCスカイウェイ(OCBC Skyway)は、高さ22メートルの空中遊歩道。長さは128メートルで、ここは有料です(S$8)。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ OCBCスカイウェイ2

こんな感じでスーパーツリーを間近に見ることができます。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ OCBCスカイウェイ3

スーパーツリー・グローブは後ほど夜のライトアップも見ますが一旦ここを後にし、有料エリアのフラワー・ドームとクラウド・フォレストへ。

フラワー・ドーム

まずはフラワー・ドームへ。 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ フラワー・ドーム1

フラワー・ドームは世界最大のガラス温室で、2015年にギネスブックに登録されています。 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ フラワー・ドーム2

テーマの異なる9つの庭園があり、世界各地の植物を展示しています。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ フラワー・ドーム3

記事のスペースの関係で、花のアップはこれ一枚のみ。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ フラワー・ドーム4

クラウド・フォレスト

お次は、クラウド・フォレストへ。クラウド・フォレスト(Cloud Forest)は、雲霧林(Cloud Forest)を再現した冷室ドーム。

目玉は、高さ35メートルのこちらの人工の山で、上からは滝も流れています。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト1

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト2

スナップ。""

ガラスの向こうには、マリーナ・ベイ・サンズも見えます。 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト3

先ほどの人工の山にはエレベーターで頂上まで登り、周りの景色を見ながら降りていきます。""

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト4

途中には滝が流れ落ちる様子も。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト5

一番下の階の滝が流れ落ちるところ。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ クラウド・フォレスト6

フラワー・ドームとクラウド・フォレストへの入場料は、セットでS$28と安くはないですが、ここでしか見ることのできない光景ですので、行って見る価値はあるかと。

その他

クラウド・フォレストを後にして、適当にブラブラします。

まずは、フラワー・ドームの裏手。""

""

シルバー・ガーデンというエリア。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シルバー・ガーデン1

ここではツリーとマリーナ・ベイ・サンズとを一緒に撮ることができます。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シルバー・ガーデン2

こちらは、ゴールデン・ガーデンというエリア。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ゴールデン・ガーデン

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには、サテー・バイ・ザ・ベイ(Satay by the Bay)というホーカーがあり、そこで早めの夕食を。ホーカーの名前にちなんで、サテーを。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ ゴールデン・ガーデン サテー

この後、引き続きガーデンズ・バイ・ザ・ベイで夜のライトアップを見ますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、3日目のガーデンズ・バイ・ザ・ベイでした。シンガポールには、シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)という世界遺産にも登録されたオーソドックスな植物園がある一方(関連記事)、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのようなハイテク技術を駆使した未来型の植物園もあり、その振り幅の大きさというか懐に深さには驚くばかりです。時には「明るい北朝鮮」と揶揄されることもあるシンガポールですが、ここら辺は政府の力強く、トップダウンで物事を進めることができるシンガポールの国の良さが表れているのではないでしょうか。

さて、次の記事では、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜のライトアップについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Gardens by the Bay


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。