車なしの沖縄旅行 その4 ホテルロコアナハの朝食に波の上ビーチ・福州園・識名園

識名園 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。7月頭に3泊4日で沖縄に旅行へ行きました。今回訪れたのは、那覇を中心とした沖縄本島です。車がないのがネックでしたが、モノレールや日帰りのバスツアーなどを利用して十分満喫できました。この記事では2日目のホテルロコアナハの朝食と波の上ビーチ・福州園・識名園について書いていきます。那覇市内の観光スポットといえば、首里城と国際通りの二つが鉄板ですが、それ以外にも見所ありますよと。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目: 一路沖縄へ
*1日目: 首里城公園
*1日目: 首里城公園(ライトアップ)
*2日目: 波の上ビーチ・福州園・識名園[今回の記事]
*2日目: 国際通り
*2日目: 国際通り(夜の散策)
*3日目: 古宇利島
*3日目: 沖縄美ら海水族館
*3日目: ブセナ海中公園
*3日目: 美浜アメリカンビレッジ
*4日目: 斎場御嶽・新原ビーチ・ひめゆりの塔
*4日目: あしびなー・豊崎美らSUNビーチ
*4日目: 瀬長島ウミカジテラス & 帰路へ

【旅行日】
2016年7月1日-4日

【本編】

3泊4日の沖縄旅行の2日目突入です。まずは朝食から。

ホテルロコアナハの朝食

沖縄旅行シリーズの最初の記事でも触れた通り、今回の沖縄旅行での宿泊先としてホテルロコアナハを選んだのは、那覇市の中心である県庁前駅及び国際通りのすぐ近くにあるロケーションのよさと、トリップアドバイザーの「朝食のおいしいホテル」で沖縄県で3年連続1位、全国でも3位という評判の高い朝食に興味が沸いたことです。沖縄旅行2日目の朝がホテルロコアナハでの最初の朝食となるので、ここで詳しく紹介していきます。

朝食会場は、ホテル2階にある「アレッタ」。ホテルロコアナハ アレッタ

朝食は6時30分から営業開始で、10分前にレストランに到着したところ、既に並んでいる人がいました。ホテルの朝食紹介ページにある通り、通常の和食・洋食に加えて、沖縄料理が数多く並びます。

イカ墨やきそばにゴーヤチャンプルー。ホテルロコアナハ 朝食1

ラフテーにもずくの佃煮。ホテルロコアナハ 朝食2

サーターアンダギー。ホテルロコアナハ 朝食3

根菜のせいろ蒸し。ホテルロコアナハ 朝食4

野菜コーナーも、ミミガーや島豆腐、紅芋など沖縄らしい品々が並びます。ホテルロコアナハ 朝食5

フルーツコーナーも沖縄ならではの品々が。ホテルロコアナハ 朝食6

飲み物もシークヮーサージュースや写真には写っていませんが黒糖豆乳などがありました。ホテルロコアナハ 朝食7

ホテルの朝食は3回あり、ひとまず1回目はこんな感じで沖縄料理メインで選びました。ホテルロコアナハ 朝食8

それとホテルロコアナハの朝食として嬉しいのは、ブルーシールのアイスクリームが日替わりで3種類用意され、毎回3種類食べました(→旅行後は体重が1kg増加した模様w)。ホテルロコアナハ 朝食9

国際通りスナップ

朝食後は、国際通りを軽くプラプラと。国際通りはこの日の午後にじっくり散策する予定でしたが、お昼前から曇りの予報で、もしかしたら晴れ間の見える状況で国際通りを写真に収めるのは今しかないかもと思い、ざっと端から端まで歩きました。

以下、国際通りのスナップです。那覇 国際通り1

那覇 国際通り2

那覇 国際通り3

那覇 国際通り4

国際通りの終点にはモノレールの牧志駅があり、牧志駅のホームからのカット。那覇 牧志駅

モノレールに乗って県庁前駅まで戻り、県庁前駅周辺でモノレールを撮りました。那覇 モノレール1

那覇 モノレール2

那覇 モノレール3

那覇 モノレール4

国際通り及び県庁前駅周辺はいったんこの辺にして、次の目的地へと向かいます。""

波の上ビーチ

県庁前駅から歩いて15分から20分くらいのところに「波の上うみそら公園」があり、そこには「波の上ビーチ」というビーチがあります。那覇 波の上ビーチ1

小さいながらも那覇市内唯一のビーチということで、どちらかいうと地元の方が多い印象でした。那覇 波の上ビーチ2

那覇 波の上ビーチ3

那覇 波の上ビーチ4

那覇 波の上ビーチ5

また波の上ビーチのすぐ近くには、「波上宮」という神社もあります。那覇 波上宮1

那覇 波上宮2

さらに対岸にある「波之上臨港道路」からは、波の上ビーチと波上宮を俯瞰して眺めることができます。那覇 波上宮 波の上ビーチ

その他、波之上臨港道路でのカット。那覇 波之上臨港道路1

那覇 波之上臨港道路2

福州園

波の上ビーチから県庁前駅へ戻る格好で、その途中にある福州園に立ち寄りました。那覇 福州園1

福州園は中国福建省福州市と那覇市の友好都市締結10周年と那覇市市制70周年を記念して、1992年に完成した中国式の庭園。至る所で中国のテイストを感じることができ、沖縄にいながらにして中国にするような気分でした。

以下、福州園のスナップです。""

""

""

""

那覇 福州園2

那覇 福州園3

那覇 福州園4

""

那覇 福州園5

識名園

福州園を後にして、そこから路線バスに乗って識名園にやって来ました。""

識名園は琉球王家の別邸として1799年ごろ創建され、首里城から南約2kmの台地に位置する廻遊式庭園。2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

以下、識名園のスナップです。那覇 識名園1

那覇 識名園2

那覇 識名園3

""

""

""

""

""

""

この後路線バスで県庁前駅に戻り、午後からは国際通りを散策します。

【まとめ】

という訳で、3泊4日の沖縄旅行のうち2日目のホテルロコアナハの朝食と波の上ビーチ・福州園・識名園の記事でした。

まずホテルロコアナハの朝食については、トリップアドバイザーの「朝食のおいしいホテル」で沖縄県で3年連続1位、全国3位は伊達ではないですね。沖縄料理だけでも種類がたくさんあり、3泊しましたが飽きることはまったくありませんでした。ちなみに、今年1月にはトリップアドバイザーの「朝食のおいしいホテル」の全国2位であるラビスタ函館ベイも訪れているので、よろしければそちらの記事もどーぞ。

冬の函館旅行 その4 ラビスタ函館ベイの朝食と五稜郭

波の上ビーチ・福州園・識名園については、那覇市内で首里城・国際通りのほかに回るスポットとして追加するのはどうでしょうか。ガイドブック等では那覇市内の観光スポットとして首里城と国際通りの二つが大きく取り上げられますが、今回記事にしたこれら3箇所も中々と思います。

次の記事では、2日目の国際通り散策について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
おきなわ物語|沖縄観光情報WEBサイト
沖縄ラボ
ホテルロコアナハ
波の上ビーチ

↓よろしければSNSでのシェアしてください


2件のコメント

  1. 自分も織名園へ行きました。首里城とは裏腹に人はまばら、ノンビリゆっくりとできました。ブログ見ているとまた、行きたくなります。

    1. クラさんへ、コメントありがとうございます。交通アクセスに難があることもあり、織名園はややマイナーな印象ですが、世界遺産だけあっていいですよね〜。
      それとブログ拝見しました。首里城から歩いて行かれたとはビックリです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。