車なしの沖縄旅行 その7 観光バスツアー(1)古宇利島・古宇利大橋

沖縄 古宇利島 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。7月頭に3泊4日で沖縄に旅行へ行きました。今回訪れたのは、那覇を中心とした沖縄本島です。車がないのがネックでしたが、モノレールや日帰りのバスツアーなどを利用して十分満喫できました。この記事では3日目の1日観光バスツアーのうち古宇利島について書いていきます。ちょっとお天気が残念でしたが、噂に違わず古宇利島のビーチや古宇利大橋は絵になるスポットでした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目: 一路沖縄へ
*1日目: 首里城公園
*1日目: 首里城公園(ライトアップ)
*2日目: 波の上ビーチ・福州園・識名園
*2日目: 国際通り
*2日目: 国際通り(夜の散策)
*3日目: 古宇利島[今回の記事]
*3日目: 沖縄美ら海水族館
*3日目: ブセナ海中公園
*3日目: 美浜アメリカンビレッジ
*4日目: 斎場御嶽・新原ビーチ・ひめゆりの塔
*4日目: あしびなー・豊崎美らSUNビーチ
*4日目: 瀬長島ウミカジテラス & 帰路へ

【旅行日】
2016年7月1日-4日

【本編】

3泊4日の沖縄旅行の3日目スタートです。まずは宿泊先であるホテルロコアナハの朝食から。ホテルロコアナハ 朝食

ホテルロコアナハの朝食は二食目で、詳しくは2日目朝の一食目で書いてますので、興味がある方はそちらをどーぞ。

車なしの沖縄旅行 その4 ホテルロコアナハの朝食に波の上ビーチ・福州園・識名園

写真は撮っていませんが、これとは別に日替わりで三種類あるブルーシールのアイスクリームを三種類すべて食べましたよと(微笑)。

ジャンボツアーズの1日バスツアーに参加

沖縄旅行3日目は1日バスツアーに参加します。沖縄本島北部にある美ら海水族館と古宇利島の二箇所は今回の沖縄旅行で是非訪れたいと考えたところ、特に古宇利島はレンタカーなしでは厳しいとわかりバスツアーを探することとしました。

1日バスツアーもいくつかの会社から色んな種類のコースが出ており、その中からジャンボツアーズの主催する「沖縄 Hip-Hop Bus」の「那覇発 B-1コース 沖縄美ら海水族館とブセナ海中展望塔・古宇利島・美浜アメリカンビレッジコース」が自分の希望に一番沿うものでしたので、こちらのツアーに参加することに。""

このツアーで訪れるスポットは、次の5箇所(うち1箇所は車窓)です。

まず古宇利島とわるみ大橋(車窓)は、この記事で。""

海洋博公園・沖縄美ら海水族館は、次の記事で。""

最後ブセナ海中公園・海中展望塔と美浜アメリカンビレッジは、その次の記事で書いていきます。(→8/20追記:ボリュームが多いので、分割しました)""

なお、美ら海水族館を回るバスツアーについては、「たびらい」というサイトの「観光バス(美ら海水族館)のプラン一覧」が、観光会社(バス会社)横断で調べることができて便利でした。

バスツアー出発

それではバスツアーに参加します。出発場所は県民広場(沖縄県庁前)で、宿泊先のホテルロコアナハから歩いてすぐでしたので、とても楽でした。ジャンボツアーズ 沖縄 Hip-Hop Bus1

車内の様子。通常の観光バスに比べて、シートにゆとりがあります。車内ではフリーのWi-Fiにつなぐことができました。ジャンボツアーズ 沖縄 Hip-Hop Bus2

このツアーのユニークなところは、いわゆるバスガイドは同乗せず、添乗員が1名付き添うのみです。添乗員は各立ち寄り先の出発時刻の案内や施設入口までの誘導はしますが、通常のバスガイドが行うような各スポットの歴史等の概要説明は行わず、こちらの多言語自動音声ガイドで代替しています。実際、参加者の半数以上は海外の方でした。ジャンボツアーズ 沖縄 Hip-Hop Bus3

バスにあるガイドブックも多言語で書かれています。ジャンボツアーズ 沖縄 Hip-Hop Bus4

途中トイレ休憩で立ち寄った北谷公園。沖縄 北谷公園1

公園内には野球場等の施設があります。沖縄 北谷公園 野球場1

北谷公園野球場については、ニュース等で耳にしたことあるなと思って調べたら、夏の高校野球の沖縄県大会決勝や中日ドラゴンズの春季キャンプの舞台として使用されているんですね。沖縄 北谷公園 野球場2

古宇利島

沖縄県庁前を出発して、約3時間弱で(→結構遠いw)最初の目的地である古宇利島に到着。沖縄 古宇利島1

古宇利島は、沖縄本島北部にある屋我地島の北に位置する面積は3.13 km²、周囲は約7.9Kmの小さな島。古くからの祭祀が島の人々によって手厚く継承されていることから「神の島」とも呼ばれています。以前は沖縄本島との行き来はフェリーしか手段がありませんでしたが、2005年に古宇利島と屋我地島をつなぐ古宇利大橋が、2010年に屋我地島と沖縄本島をつなぐワルミ大橋がそれぞれ完成し、それにより沖縄本島から陸路での往来が可能となりました。また全長1,960mの古宇利大橋は日本国内で通行無料の橋としては2番目に長い橋となり、絶景のドライブロードとして近年注目を集めています。

ツアーのため滞在時間は30分と短いですが、古宇利島南端にある古宇利ビーチ周辺を見ていきます。""

駐車場には観光バスが何台か駐車していて、自分が参加したジャンボツアーズのツアー以外にも同じ時間帯に古宇利島に立ち寄るツアーがいくつかあったようで、観光客は結構いました。""

沖縄 古宇利島2

""

""

""

全長1,960mの古宇利大橋。お天気が今イチなのが悔やまれます。沖縄 古宇利島 古宇利大橋1

沖縄 古宇利島 古宇利大橋2

また近くには地元の果物等を売る市場がありました。沖縄 古宇利島 市場1

""

南国沖縄らしい果物が並びます。""

沖縄 古宇利島 市場2

沖縄 古宇利島 市場3

""

漁船とか。沖縄 古宇利島3

""

最後はビーチ近くのカフェを。沖縄 古宇利島4

この後バスに戻り、次の目的地である海洋博公園・沖縄美ら海水族館へと向かいます。写真は途中通ったワルミ大橋の様子です。沖縄 ワルミ大橋

【まとめ】

という訳で、3泊4日の沖縄旅行のうち3日目の1日バスツアーの中から古宇利島の記事でした。

古宇利島は古宇利大橋及びワルミ大橋の開通で沖縄本島からのアクセスが容易になったことで、ガイドブック等でもページ数を割いて紹介されることが多く、自分も写真を見て是非行きたいと思いました。が、レンタカーなしでは厳しく、色々制約条件はあるもののツアーに参加することで古宇利島を訪れることができてよかったと思います。

次の記事では引き続き、3日目の1日バスツアーのうち美ら海水族館について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
おきなわ物語|沖縄観光情報WEBサイト
沖縄ラボ
沖縄 Hip-Hop Bus | JJTOUR ジャンボツアーズ
古宇利島

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。