夜のマーライオン・パーク〜マリーナ・ベイ・サンズのワンダーフルなど

マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、1日目のマーライオン・パークの夜景の様子について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)[今回の記事]
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回に引き続き、マーライオン・パークを散策します。

日没直後

前回は夕景まででしたが、今回はそこから先の日没以降となります。日没直後はライトアップが始まる一方、まだ空の明るさも残っていましたので、この段階では三脚は使わず、手持ちで撮っています。

マーライオンと背後にフラトン・ホテル及び周りのビル群。シンガポール マーライオン 夕景

マリーナ・ベイ・サンズとリバー・クルーズの船。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夕景1

上の写真は、こちらの桟橋から撮っています。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夕景2

マーライオン・パークの北側には、エスプラネード。シンガポール エスプラネード 夕景1

近くまで行ってアップで。 シンガポール エスプラネード 夕景2

エスプラネード付近からマーライオン・パークを見た眺め。 シンガポール フラトン・ホテル 夕景

完全に日が落ちて

そろそろ完全に日が落ちました。手持ちではしんどくなってきたので、ここからは三脚で。この後マリーナ・ベイ・サンズの噴水ショー(ワンダーフル)を観るため、早めに場所を確保する必要があるのかなと考えていたところ、ワン・フラトン(One Fullerton)の前辺りがマリーナ・ベイ・サンズのちょうど真正面でしたので、ひとまずそこに場所を確保しました。噴水ショー(ワンダーフル)の予行も兼ねて試しに何枚か撮っていきます。

まずはマリーナ・ベイ・サンズを正面から広角で。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景1

左を向くとこんな感じ。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景2

左を向くとこんな感じ。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景3

再びマリーナ・ベイ・サンズを正面から今度は少しアップで。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景4

ワンダーフルを撮る場所については、王道的に真正面から撮れるこの場所がよさそうだと思い、ここで観ることにしました。また、画角についてはレーザー光線の軌跡を考えれば広角がよさそうです。

マリーナ・ベイ・サンズのワンダーフル

ワンダーフル(Wonder Full)は、マリーナ・ベイ・サンズで行われる光と水と音楽が一体となった噴水ショー。マリーナ・ベイ・サンズ前のプロムナードのイベントプラザで、毎日午後8時と午後9時30分の2回約15分行われます(金曜・土曜はさらに午後11時からも)。ここでは午後8時の回について撮っていきます。

始まりました。""

レーザーの方向は音楽合わせて変化していきます。""

さらに建物を照らすライトアップ自体の色も変化していきます。""

シャッタースピードを長くして、レーザーの軌跡を残して。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ ワンダーフル

比較的まともな4枚を載せましたが、実際のところ大半はボツなものばかり。レーザーの動きが予想しづらく、どのタイミングでシャッターを切るか、シャッタースピードはどれくらいの長さにするかなどでとても苦労しました。今回載せた4枚も狙って撮ったというよりは、結果的にまともに写っていたという感じです(←ビギナーズ・ラック?)。

静止画だけでは雰囲気が伝わりづらいので、マリーナ・ベイ・サンズのYoutube公式チャンネルにアップされていた動画を載せておきます。

散策:マーライオン・パーク〜エスプラネード

ワンダーフル終了後も散策をしばらく続けます。まずはマーライオン・パークとその北側にあるエスプラネードの間に撮った写真をランダムに載せていきます。

まずはマーライオンを。シンガポール マーライオン 夜景1

昼間はとても人が多いですが、この時間になるとそこまでではなく、三脚も使用可能でした。シンガポール マーライオン 夜景2

少し遠目から俯瞰して。 シンガポール マーライオン 夜景3

エスプラネードと右奥には観覧車(シンガポール・フライヤー)。 シンガポール エスプラネード 夜景1

その観覧車(シンガポール・フライヤー)の右横にマリーナ・ベイ・サンズ。 ""

エスプラネード付近から見たフラトン・ホテルと小さいけど左側にはマーライオン像。シンガポール フラトン・ホテル 夜景

エスプラネードのアップ。シンガポール エスプラネード 夜景2

再びエスプラネード付近から広角で、左手にマリーナ・ベイ・サンズ、右手にフラトン・ホテル及び周辺のビル群。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景5

ホワイトバランスを変えて、青味を強くしてクールに。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景6

リバー・クルーズの船が頻繁に行き交っていたので、シャッタースピードを長くし、軌跡を残しました。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景7

散策:マーライオン・パーク南側(フラトン・ヘリテージ)

今度はマーライオン・パークの南側、フラトン・ヘリテージの施設が集まるエリアを回ります。

フラトン・ヘリテージの施設群として、左からフラトン・ホテル、ワン・フラトン、フラトン・パビリオン。 シンガポール フラトン・ヘリテージ 夜景

以前の埠頭を改装して現在はレストランとなっている「クリフォード・ピア」。シンガポール クリフォード・ピア 夜景

こちらは複数の飲食店等があるカスタムハウス。 シンガポール カスタムハウス 夜景

周辺の高層ビル群。""

遊歩道からマリーナ・ベイ・サンズの眺め。シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景8

最後は色合いを変えて、クールな感じで。 シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ 夜景9

こんな感じで、シンガポール1日目は終了です。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、1日目のマーライオン・パーク周辺の夜景の様子でした。今回マーライオン・パーク(マーライオン像)を起点に、北はエスプラネード付近、南はフラトン・ヘリテージの施設群まで二往復くらいしましたが、結構シンドイですね。ただ、それぞれで見ることのできる風景(撮れる写真)が違ってくるので、足を運んだ甲斐があったかと。それと、以前シンガポール在住時にも何度も訪れたことのあるエリアですが、写真をそれなりに撮るようになって再訪したら、目の前の風景が違って見えました。時々「もしカメラに興味を持たず、そこに費やしたお金が手許に残っていたとなると…」と自己嫌悪に陥ることがあるのですがw、写真に興味を持ったからこそ味わえる感動や醍醐味があるのも事実で、「まあ、いいか」と結論付けています!?

さて、次の記事では、2日目に午前中に回ったナショナル・ギャラリーやラッフルズ・ホテルなどについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com(日本語)
ワンダーフル(日本語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。