シンガポールの美術館・博物館巡り:多様な文化が生んだ多彩なアート!

シンガポール美術館 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、6日目のシンガポールの美術館・博物館巡りについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など[今回の記事]
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

シンガポール6日目です。6日目の午前と午後は、シンガポールの美術館・博物館巡りをしました。合計4箇所の美術館を回りましたが、記事の構成の関係で1本の記事でまとめて書いていくため、普段より分量が多くなりますが、その点はご容赦を。

朝のスナップ

まずは朝のスナップを。朝食は、ホテル近くのTOAST BOXへ。シンガポール TOAST BOX

シンガポールの朝ご飯の定番、カヤトーストのセットを注文しました。シンガポール TOAST BOX カヤ・トースト

朝食後、シティ・ホール周辺へ。シンガポールの美術館・博物館はそのほとんどが10時からオープンとやや遅いので、周りの写真を撮って時間を潰すことに。

ラッフルズ卿上陸地点。シンガポール ラッフルズ卿上陸地点

2日目に訪れたナショナル・ギャラリー・シンガポール。ナショナル・ギャラリー・シンガポール

シンガポール川とリバー・クルーズの船。シンガポール川 リバー・クルーズ

アジア文明博物館

この日のシンガポールの美術館・博物館巡りで最初に訪れたのは、アジア文明博物館。シンガポール アジア文明博物館1

アジア文明博物館(Asian Civilisations Museum)は、中国・東南アジア・インドなどアジア全域の文化・文明に関する展示を行うミュージアム。1997年にオープンし、2003年に今の場所に移転してきました。ちなみに、アジア文明博物館の初代館長は、現シンガポール首相のリー・シェンロンだそうです。

“Tang Shipwreck”(唐王朝時代の難破船)という展示。""

“Trade”(貿易・交易)のギャラリー。シンガポール アジア文明博物館2

""

“Southeast Asia”(東南アジア)のエリア。シンガポール アジア文明博物館3

キリスト教関連の展示。シンガポール アジア文明博物館4

""

こんなアートなオブジェも。""

""

“South Asia and the Islamic World”(南アジア及びイスラムの世界)より。シンガポール アジア文明博物館5

""

""

シンガポール アジア文明博物館6

""

最後は、”Chinese Ceramics”(中国の陶磁器)のギャラリーから。シンガポール アジア文明博物館7

""

昼のスナップ

アジア文明博物館を後にして、再びシティ・ホール周辺をブラブラと。

ヴィクトリア・シアター&コンサート・ホール。シンガポール ヴィクトリア・シアター&コンサート・ホール

ここにもラッフルズ卿の像が。シンガポール ヴィクトリア・シアター&コンサート・ホール ラッフルズ卿

MRTシティ・ホール駅直結のショッピングモール、ラッフルズ・シティ。シンガポール ラッフルズ・シティ

ラッフルズ・シティのフードコートでお昼に。ローカルフードのラクサを注文。シンガポール ラクサ

2日目にも訪れていますが、ラッフルズ・ホテル。シンガポール ラッフルズ・ホテル

前回名物のターバン姿のドアマンの写真を撮り忘れていたので、再訪しました。シンガポール ラッフルズ・ホテル ドアマン

近くではダック・ツアーズの車両(→水陸両用車です)も見かけました。シンガポール ダック・ツアーズ

Singapore Management University(シンガポール経営大学)、通称SMU。ちょうど卒業シーズンなのか、卒業式用のガウンを着て写真を撮っているグループに遭遇しました。Singapore Management University(シンガポール経営大学)

プラナカン博物館

プラナカン博物館にやってきました。シンガポール プラナカン博物館1

プラナカンとは元々は混血の人々(子孫)を意味する言葉ですが、特にシンガポールでは、マレー半島にやってきた中国人と現地のマレー系の人々が結婚して生まれた子孫を指します。中国とマレーの文化が混ざり合った独自の文化として「プラナカン文化」が生まれ、そうしたプラナカンの生活・文化を紹介する博物館が、プラナカン博物館(Peranakan Museum)です。

博物館の建物入ってすぐの”Origin”(起源)というギャラリー。プラナカンの人々のパネル写真に圧倒されます。シンガポール プラナカン博物館2

こうしたビーズ刺繍は、プラナカン文化の特徴の一つです。プラナカン ビーズ刺繍1

""

民族衣装のサロン・ケバヤ。プラナカン サロン・ケバヤ

陶器。プラナカン 陶器1

プラナカン 陶器2

淡いパステルカラーもプラナカン文化の特徴かと。プラナカン ビーズ刺繍2

プラナカン 靴

シンガポール国立博物館

プラナカン博物館の次は、シンガポール国立博物館へ。シンガポール国立博物館1

シンガポール国立博物館(National Museum of Singapore)は、1887年オープンのシンガポール最古のミュージアムです。

主に、シンガポールの歴史や文化に関する展示を行っています。""

ラッフルズ卿。シンガポール国立博物館 ラッフルズ卿

ここら辺は、第二次世界大戦に関するエリア。""

シンガポール国立博物館2

""

""

ご存知の方も多いかと思いますが、1942年から1945年までの約3年間は、それまで植民地としていたイギリスに代わり、日本がシンガポールを占領していました。""

第二次世界大戦後のシンガポールは、イギリス植民地支配の再開、マレーシア連邦への加盟、シンガポールとしての分離独立(実質はマレーシア連邦からの追放)と波乱の歴史を辿ります。シンガポール国立博物館には、1965年8月9日に行われたシンガポール初代首相リー・クアンユー(現首相リー・シェンロンの父親)の独立宣言の映像も残されていて、これは足を止めて見る価値があるかと。シンガポール国立博物館 リー・クアンユー1

ギャラリー後半は、シンガポールが目覚ましい勢いで発展していく様子が描かれています。""

""

""

""

なお、シンガポール初代首相リー・クアンユーは2015年3月23日に満91才で亡くなられ、それに関する映像・展示もありました。シンガポール国立博物館 リー・クアンユー2

シンガポール美術館

シンガポールの美術館・博物館巡り最後は、シンガポール美術館。シンガポール美術館1

シンガポール美術館(Singapore Art Museum)は、世界中の現代アート、特にシンガポール・東南アジアにフォーカスしたミュージアム。19世紀に建てられたミッション・スクールを改築し、1996年にオープンしました。

シンガポール美術館は定期的に展示会(企画展)を行っているのですが、ちょうど訪れた時には入れ替えのタイミングで、展示物に限りがあるということで、入場無料でした。以下、その時のスナップです。""

シンガポール美術館2

""

""

""

シンガポール美術館3

""

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、6日目のシンガポールの美術館・博物館巡りでした。恐らく多くの方にとって、シンガポールとアートはあまり結びつかないかもしれませんが、意外にも(?)シンガポールには多種多様な美術館・博物館が揃っています。こうした多彩なアートは、多民族国家であるシンガポールの多様な文化から生まれたのではないでしょうか。2日目に回ったナショナル・ギャラリー・シンガポール(関連記事)を含めて、今回回った美術館・博物館は、MRTのシティ・ホール駅からドービー・ゴート駅にかけて近接した位置にあります(下記の地図には、ナショナル・ギャラリー・シンガポールと今回の記事で回った4箇所の美術館・博物館の場所・ルートを示しています)。なので、もしシンガポールを旅行する機会があり、アート好きであれば、1日かけてシンガポールの美術館・博物館巡りするのもいいかなと思います。

さて、次の記事では、6日目の夕方から夜にかけて訪れたフラトン・ホテル・シンガポール及び周辺の夜景について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
TOAST BOX
Asian Civilisation Museum
Peranakan Museum
National Museum of Singapore
Singapore Art Museum


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。