シリーズ最終回:チャンギ空港からシンガポール航空で帰国へ

シンガポール チャンギ空港 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、8日目のチャンギ空港やシンガポール航空のフライトなど帰国の様子などについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国[今回の記事]

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

いよいよ7泊8日のシンガポール旅行の最終日8日目になりました。この日は実質移動日です。

シンガポール・チャンギ国際空港

フライトはお昼過ぎですが、早めにチャンギ空港に行って空港散策をすることに。""

シンガポール・チャンギ国際空港は1981年開業のシンガポールの国際空港で、東南アジア有数のハブ空港として機能しています。開業以来数々の賞を受賞してきており、世界的に影響力が大きいとされる”Skytrax World Airport Awards”の2016年版でも第1位にランキングされています。

チャンギ空港には3つのターミナルがあり、利用するシンガポール航空の東京便は一番新しいターミナル3です(→日系航空会社ですと、JALがターミナル1で、ANAがターミナル2)。このほか、2017年にはターミナル4が開業予定となっていて、現時点ではキャセイパシフィック航空、エアアジア、エアアジア・インドネシア、タイ・エアアジア、大韓航空、ベトナム航空の利用が決まっているそうです。そんなチャンギ空港を時間を割いて見ていきます。

まずは出発ロビー。シンガポール チャンギ空港1

""

美珍香(Bee Cheng Hiang)でお土産を購入。シンガポール 美珍香(Bee Cheng Hiang)

美珍香(Bee Cheng Hiang)はビーフジャーキー、ポークジャーキーなどがメインのお店で、シンガポール及び周辺各国に展開しており、今年9月には銀座にもお店をオープンさせ日本進出を果たしています。

シンガポール航空のカウンターでチェックイン。シンガポール航空 チャンギ空港 カウンター

シンガポール・シリーズ初回の記事で書いた通り、諸般の事情で(?)ビジネスクラスです。

出国審査を通過し、免税店エリア等をブラブラと。シンガポール チャンギ空港2

""

""

""

""

ここは24時間営業のSingapore Food Street。""

実は昔シンガポールを旅行した時に、フェデックスの貨物便の着陸失敗により成田空港が滑走路閉鎖となる事故があり、帰りのシンガポールのフライトがキャンセルのため帰国が1日ずれたことがあります。その時シンガポール航空が用意したホテルには行かず、24時間運営しているチャンギ空港で一晩過ごすことにしました。その時は色々施設を巡る一方で、シンガポール航空はミールクーポンをたくさん用意してくれたので、このSingapore Food Streetを3回くらい利用した記憶があります(笑)。

以下は、トランジット・エリア。有料のトランジット用ホテルもありますが、無料のレストスペースも充実しています。""

シンガポール チャンギ空港3

""

""

また、トランジット・エリアはパブリック・エリアよりも一つ上のフロアーに位置するため、こんな感じでパブリック・エリアを見下ろすことができます。シンガポール チャンギ空港4

""

出発までの間、軽くラウンジも覗いておきます。シンガポールのビジネスクラスでは、こちらのSilverKris Loungeを利用。シンガポール航空 チャンギ空港 SilverKris Lounge1

シンガポール航空 チャンギ空港 SilverKris Lounge2

その気になれば一食分は十分に選べるくらいの種類がありましたが、この後の機内食のことを考え、ここではコーヒーとヨーグルト程度に留めました。シンガポール航空 チャンギ空港 SilverKris Lounge3

SQ634便ビジネスクラス

そろそろ出発ゲートに移動します。""

帰国便は、シンガポール航空634便(SQ634便)です。シンガポールから東京への直行便は、JAL・ANAも含めて、「シンガポールを朝出発して、東京(成田・羽田)に夕方到着」か「シンガポールを夜出発して、東京(成田・羽田)に翌朝に到着」のいずれかですが、このSQ634便は唯一の例外で、「シンガポールを昼過ぎに出発して、東京(羽田)に夜到着」というパターンです。東京(羽田)到着のが午後10時近くですが、それが問題なければ利用しやすいフライトかと思います。

見渡すと日本人も多く、「ああ〜、日本に戻るんだ」としみじみ。""

感傷に浸ってもしょうがないので、乗り込みます。""

行き(SQ631便)の機材がボーイング777-300ERに対して、帰り(SQ634便)の機材は一世代前のノーマルのボーイング777-300。座席の配置は2-2-2なので、通路に出やすいようお一人様の自分としては真ん中の座席を選択。座席を含めたビジネスクラス搭乗記は最新鋭機材の行きの記事を参照してもらうとして、帰りの便では「ブック・ザ・クック」(Book the Cook)というビジネスクラス以上で利用可能な食事の事前予約サービスを利用したので食事の様子を中心に。

シンガポール・スリングとナッツ類。行きが1-2-1の配置だったので、やはりちょっと隣の人が気になるなと思ったり。""

前菜です。シンガポール航空 ビジネスクラス 機内食

メインは「ブック・ザ・クック」(Book the Cook)から選んだ「ニョニャ風ナシパダン」(Nonya Nasi Padang)。シンガポール航空 ビジネスクラス 機内食 ブック・ザ・クックニョニャ風ナシパダン(Nonya Nasi Padang)

「ニョニャ風ナシパダン」とは、インドネシアの名物料理「ナシパダン」をぺラナカン風にアレンジした一品。シンガポール出発便の場合選択肢が豊富なので、シンガポール航空のビジネスクラス以上を利用される方は、「ブック・ザ・クック」(Book the Cook)を利用してみては。

前菜とメインで十分お腹がいっぱいですが、デザートにアイスが。""

さらにチーズとフルーツの盛り合わせも。""

羽田空港に到着。""

この看板を見て、一気に現実へと引き戻されました。""

シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典

最後おまけで、「シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典」(Singapore Airlines Boarding Pass Privilege)について軽くご紹介しておきます。シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典

「シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典」は、シンガポール航空を利用してシンガポールを旅行した場合、搭乗券の提示でホテル、レンタカー、レストラン、ブティック、ショッピングモール、観光スポットの特別割引が受けられるというサービスです。今までシンガポール航空は何度も利用したことがあり、この「シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典」の存在も知ってはいましたが、具体的にどの施設等で割引が受けられるなどの検討はしてきませんでした。

今回7泊8日かけてシンガポールを回るに当たって事前に確認し、以下の施設で割引の適用を受けました。

  • ナショナル・ギャラリー・シンガポール(関連記事
  • マリーナ・ベイ・サンズのスカイデッキ(関連記事:その1その2
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(関連記事

このほか、シンガポール動物園(関連記事)とリバー・サファリ(関連記事)については別途セット券があり、そちらの方がより安いため利用しませんでしたが、どちらか一方だけ行く場合には、この搭乗券特典を使えば割引の対象となります。

各施設等の割引は10%程度と個々の割引額はそう大した金額ではありませんが、通算すると「塵も積もれば山となる」になるかと思います。特に搭乗クラスの制限等はありませんので、シンガポール航空でシンガポールを旅行される場合には、「シンガポール航空(SIA) 搭乗券特典」も事前にチェックされてはいかがでしょうか。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、8日目のチャンギ空港やシンガポール航空のフライトなど帰国の様子でした。シンガポール・シリーズ最終回として全体を振り返ると、改めてシンガポールは面白い国だなあと再認識しました。ここ数年の間には、マリーナ・ベイ・サンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイのような目玉となるような巨大施設の開業はありませんが、新たなショッピングモールがいくつかオープンしていたり、自分がシンガポールに住んでいた頃にはなかった新しいレストランが次々とオープンしたりと年々バージョンアップを繰り返している印象です。その一方で、シンガポール航空やチャンギ空港の素晴らしさは相変わらずですし、マリーナ・エリアやオーチャード・ロードなどこれまで何度も足を運んできたエリアを再訪すると、当時とは違う新たな側面を発見したりと実りある旅でした。

本ブログを開設以降、1回の旅行としては過去最多の23回に渡った書いてきたシンガポール・シリーズは、これにて完結です。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。本ブログを通じて、1人でも多くの方がシンガポールに興味を持ってくれたら嬉しいです。

さて、次の旅行はもう直前まで迫ってきており、このブログではお馴染みの(?)「みきゃん」のいる愛媛県に行ってきます。今年はゆるキャラグランプリが愛媛県で開催され(「ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ」)、その観戦が旅行の一番の目的ですので、ちょっと個人的嗜好が強い感じになりますが(笑)、よろしくければご覧頂ければと。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Singapore Changi Airport
美珍香(Bee Cheng Hiang)
シンガポール航空(日本語)
Singapore Airlines Boarding Pass Privilege


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。