上海旅行 その14 ライトアップが幻想的!夜の「豫園」散策

海 豫園 ライトアップ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。5月下旬に中国の上海へ行ってきました。中国語ができればもっと楽しめたと思う部分も多々ありますが、レトロとモダンが上手に調和し、特にキャッシュレス化は日本の遥か先を行っている印象です。この記事では、4日目の豫園のライトアップについて書いていきます。上海の夜景と言えば、外灘と浦東の高層ビル群が真っ先に挙がりますが、ライトアップされた豫園も幻想的で、これまた素敵でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 上海虹橋国際空港へ
* 1日目: 外灘
* 1日目: 外灘(ライトアップ)
* 2日目: 東方明珠塔
* 2日目: 金茂大厦
* 2日目: 上海タワー
* 2日目: 上海ワールドフィナンシャルセンター
* 2日目: 浦東(ライトアップ)
* 3日目: 豫園
* 3日目: 新天地・淮海中路・衡山路・田子坊
* 3日目: 南京東路(ライトアップ)
* 4日目: 世博会博物館
* 4日目: 上海自然博物館・上海海洋水族館・中華芸術宮
* 4日目: 豫園(ライトアップ)[今回の記事]
* 5日目: 大世界・静安寺・上海展覧中心など
* 5日目: 上海浦東国際空港から帰国

【旅行日】
2018年5月23日 – 27日

【本編】

ライトアップされた「豫園」

上海旅行最後の夜は、3日目午前中に訪れた「豫園」(関連記事)を再訪し、ライトアップの様子を撮っていきます。

庭園である「豫園」自体は営業を終えていますが、土産物店が集まる周辺の商業街「豫園商城」は夕方・夜もオープンしています。上海 豫園 ライトアップ1

この日の昼間は終日雨でしたが、ここに来て雨が上がりました。""

""

「I Love Yuyuan」のオブジェ。上海 豫園 ライトアップ2

あちこちで記念写真を撮る観光客で見かけます。上海 豫園 ライトアップ3

メインストリートを離れて、「豫園商城」周辺をブラブラと。""

""

""

""

雨も上がったので、水たまりをアクセントに。上海 豫園 ライトアップ4

再び商業エリアの「豫園商城」へ。""

""

雨が上がったお陰で歩きやすいです。""

""

人気の小籠包専門店「南翔饅頭店」脇の通。""

フレームっぽく。""

豫園最大のフォトスポットである「湖心亭」もライトアップされています。上海 豫園 湖心亭 ライトアップ1

上海 豫園 南翔饅頭店 ライトアップ1

「湖心亭」から見た「南翔饅頭店」。上海 豫園 南翔饅頭店 ライトアップ2

「湖心亭」近くにはこんな小舟も。""

「湖心亭」周辺はどこから撮っても絵になります。""

遠くの木陰からも。""

庭園周辺の通りをブラブラします。""

""

3日午前に訪れた時には朝9時くらいから既に多くの店がオープンしていましたが、夜も遅くまで開いているようです。""

まあ、それだけお客さんが見込めるということなんでしょうね。""

""

職場で配るお土産をこのお店で購入しました。""

再び「湖心亭」近辺へ。""

この時間でも相変わらずの賑わいです。""

最後は改めて「湖心亭」を写真に収めます。上海 豫園 湖心亭 ライトアップ2

ライトアップは時間と共に色が変わるので、ずっと見ていたいくらい。。上海 豫園 湖心亭 ライトアップ3

周辺も色鮮やかに。上海 豫園 南翔饅頭店 ライトアップ3

こんな感じでライトアップされた夜の豫園を後にしました。上海 豫園 南翔饅頭店 ライトアップ4

最後おまけで、ホテルに戻る途中地下鉄の駅で見かけた広告を。""

これにて上海旅行4日目が終了となり、残すは最終日5日目となります。

【まとめ】

という訳で、4日目の豫園のライトアップの記事でした。

上海の夜景と言えば、租界時代の名残が残る外灘(関連記事)と浦東の高層ビル群(関連記事)が真っ先に挙がりますが、豫園のライトアップもこれまた素敵です。かなり観光地化された側面はあるものの、古代中国の雰囲気が感じられ、かつライトアップでより幻想的な豫園にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の記事では、5日目の 大世界・静安寺・上海展覧中心などについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 湖心亭
2 豫園商城

[関連リンク]
上海館-上海市文化観光局オフィシャルホームページ
上海旅行情報ガイド「上海ナビ」

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。