セントーサ島巡り2:巨大なマーライオンにシロソ・ビーチなど

シンガポール セントーサ島 シロソビーチ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。以前大学院への留学で1年半で住んだことのあるシンガポールへ3年半振りに訪れました。その同窓会(Reunion)がシンガポールで行われたことがきっかけです。写真をそれなりに撮るようになってからは初めてなので、今回改めてじっくり7泊8日かけてシンガポールを回りました。この記事では、7日目のセントーサ島のマーライオンやシロソ・ビーチなどについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
*1日目(1)シンガポール航空にてシンガポールへ
*1日目(2)マーライオン・パーク
*1日目(3)マーライオン・パーク(夜景)
*2日目(1)ナショナル・ギャラリー・シンガポール、ラッフルズ・ホテル
*2日目(2)アートサイエンス・ミュージアム、シンガポール・フライヤー
*2日目(3)マリーナ・ベイ・サンズ
*2日目(4)マリーナ・ベイ・サンズ(夜景)
*3日目(1)シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)
*3日目(2)オーチャード・ロード
*3日目(3)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
*3日目(4)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(夜景)
*4日目(1)リトル・インディア
*4日目(2)チャイナタウン
*4日目(3)アラブ・ストリート
*5日目(1)シンガポール動物園
*5日目(2)リバーサファリ
*5日目(3)クラーク・キー(夜景)
*6日目(1)シンガポール国立博物館・プラナカン博物館など
*6日目(2)フラトン・ホテル・シンガポール(夜景)
*7日目(1)セントーサ島:シー・アクアリウムなど
*7日目(2)セントーサ島:マーライオン、シロソ・ビーチなど[今回の記事]
*7日目(3)オーチャード・ロード(夜景)
*8日目(1)シンガポール航空にて帰国

【旅行日】
2016年8月23日-30日

【本編】

前回の続きで、引き続きセントーサ島を散策していきます。

リゾート・ワールド・セントーサをブラブラ

前回はリゾート・ワールド・セントーサ内にあるシー・アクアリウム回り、その後マレーシアン・フード・ストリートで食事しましたが、リゾート・ワールド・セントーサの他の箇所も軽く見て回ることに。

まずは今回園内は行きませんでしたが、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの外観を。シンガポール セントーサ島 ユニバーサル・スタジオ1

シンガポール セントーサ島 ユニバーサル・スタジオ2

シンガポール セントーサ島 ユニバーサル・スタジオ3

リゾート・ワールド・セントーサの北側をブラブラと。シンガポール リゾート・ワールド・セントーサ1

シンガポール リゾート・ワールド・セントーサ2

シンガポール本土とセントーサ島を結ぶ移動手段の一つとして、ケーブルカー(マウント・フェーバー・ライン)があります。シンガポール セントーサ島 ケーブルカー

リゾート・ワールド・セントーサの中心部に戻ってきました。シンガポール リゾート・ワールド・セントーサ3

ショッピング・レストランエリア。シンガポール リゾート・ワールド・セントーサ4

自分自身ギャンブルに興味はないですが、カジノ。シンガポール セントーサ島 カジノ

リゾート・ワールド・セントーサ散策はこのくらいにして、次の目的地セントーサ・マーライオンへと向かいます。シンガポール セントーサ・マーライオン1

セントーサ・マーライオン

という訳で、セントーサ・マーライオンへ。リゾート・ワールド・セントーサからは、道一本でつながっています。""

「sentosa」のロゴ(オブジェ)の前にて記念撮影。シンガポール セントーサ・マーライオン2

セントーサ・マーライオンは、高さが37メートルにも及びます。シンガポール セントーサ・マーライオン3

そして有料ですが、エレベーターで上がると口の中が展望台になっています。シンガポール セントーサ・マーライオン 展望台

後ろからのショット。シンガポール セントーサ・マーライオン4

先ほどケーブルカーの写真を載せましたが、シンガポール本土とセントーサ島を結ぶもう一つの移動手段としてモノレール(セントーサ・エクスプレス)があります。シンガポール セントーサ島 モノレール(セントーサ・エクスプレス)

シロソ・ビーチ

セントーサ島南側にあるビーチエリアにやってきました。""

セントーサ島には、シロソ・ビーチ(Siloso Beach)、パラワン・ビーチ(Palawan Beach)、タンジョン・ビーチ(Tanjong Beach)の3つのビーチがありますが、最もポピュラーなシロソ・ビーチ周辺を軽く見て回ることに。

シロソ・ビーチ・ウォーク(Siloso Beach Walk)という通り。""

通り沿いには飲食店等色々お店があります。""

軽くビーチにも足を運んでみました。""

シンガポール セントーサ島 シロソ・ビーチ1

シンガポール セントーサ島 シロソ・ビーチ2

""

""

小物を中心に。""

シンガポール セントーサ島 シロソ・ビーチ3

シンガポール セントーサ島 シロソ・ビーチ4

再びシロソ・ビーチ・ウォーク(Siloso Beach Walk)をブラブラと。""

セグウェイの体験もできるようです。シンガポール セントーサ島 セグウェイ

こんな感じでシロソ・ビーチを後にし、""

モノレール(セントーサ・エクスプレス)に乗って、セントーサ島を後にしました。""

アイスカチャン@VivoCity

シンガポール本土に戻り、駅直結のVivoCityにあるフードコート(foodrepublic)で休憩。シンガポール VivoCity フードコート(foodrepubloc)1

中はこんな感じでレトロな雰囲気です。シンガポール VivoCity フードコート(foodrepubloc)2

シンガポール VivoCity フードコート(foodrepubloc)3

かき氷など冷たいスイーツや飲み物などを売っているストールで""

定番のアイス・カチャンを頼みました。シンガポール アイス・カチャン

この後、夕方から夜へとシンガポール最後の夜を満喫すべくオーチャード等に繰り出しますが、それについては次の記事で。

【まとめ】

という訳で、3年半振りのシンガポール再訪で、7日目のセントーサ島のマーライオンやシロソ・ビーチなどでした。今回セントーサ島には日帰りで訪れましたが、島にはホテル等の宿泊施設も複数あります。特にご家族連れとかであれば、セントーサ島に1泊して、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールを回ったり、ビーチでゆったり過ごすというのもオススメのプランかなと思います。

さて、次の記事では、シンガポール最後の夜としてオーチャードの夜景等を見ていきます。以上、kosuでした。

[地図]

[関連リンク]
シンガポール政府観光局公式ウェブサイト – YourSingapore.com
Sentosa
Resort World Sentosa
セントーサ・マーライオン(日本語)
VivoCity


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。