シンガポール再訪 その10 セントーサ島ケーブルカーとヘンダーソン・ウェーブ

セントーサ ヘンダーソン・ウェーブ アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。6月下旬に2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回は定番スポットに加えて、今まで訪れたことのない場所にも足を延ばしました。シンガポールには以前1年半ほど住んだことがあり、こうして再訪すると新しい発見がありますね。この記事では、3日目セントーサ島のケーブルカーとヘンダーソン・ウェーブについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: スクート (Scoot) でシンガポールへ
* 1日目: ドンムアン空港
* 2日目: ラッフルズ・マリーナ
* 2日目: チャイニーズ・ガーデン
* 2日目: ティオン・バル/アウトラム・パーク/タンジョン・パガー
* 2日目: オーチャード・ロード Part1
* 2日目: オーチャード・ロード Part2
* 3日目: セントーサ島 (マダム・タッソー/マーライオン等)
* 3日目: セントーサ島 (パラワンビーチ)
* 3日目: セントーサ島 (ケーブルカー)/ヘンダーソン・ウェーブ[今回の記事]
* 3日目: チャイナタウン
* 4日目: カトン地区/エスプラネード
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・バラージ Part1
* 4日目: マリーナ・バラージ Part2/ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
* 4日目: マリーナ・ベイ・サンズ等
* 5日目: library@orchard 等
* 5日目: リトル・インディア
* 5日目: ブギス地区
* 5日目: マリーナ地区 & 帰国

【旅行日】
2018年6月23日-27日

【本編】

セントーサ島ケーブルカー(Sentosa Line)

パラワンビーチ (Palawan Beach) を後にして、セントーサ・マーライオン (Sentosa Merlion) があるエリアに戻ってきました。シンガポール セントーサ マーライオン モノレール

今回のセントーサ島訪問の最大の目的はパラワンビーチ (Palawan Beach) でしたので、ひとまず所期の目的は達成したことになります。

一方で、購入したケーブルカーのチケットは、シンガポール本島とセントーサ島とを結ぶ “Mount Faber Line” と、セントーサ島内を横断する “Sentosa Line” の二つの路線それぞれで一往復ずつできるもので、せっかくなので “Sentosa Line” にも乗ってみることにしました。

シンガポール ケーブルカー

“Merlion Station” から”Sentosa Line” に乗り込みます。シンガポール セントーサ ケーブルカー1

途中の “Imbiah Lookout Station” 付近では、”Mount Faber Line” と交差する格好に。シンガポール セントーサ ケーブルカー2

ケーブルカーからはシロソビーチ (Siloso Beach) を眺めることができます。""

""

シンガポール セントーサ シロソビーチ

終点の “Siloso Point Station” に到着。シンガポール セントーサ シロソポイント

“Siloso Point Station” の近くには「シロソ砦」という昔の要塞もあるのですが、スケジュールの関係上パス。シンガポール セントーサ シロソ砦

代わりに駅に入っていた “Co+Nut+Ink” というお店で休憩。シンガポール セントーサ Co+Nut+Ink

ココナッツ・アイスクリームをいただきました。シンガポール セントーサ Co+Nut+Ink ココナッツ・アイスクリーム

セントーサ島ケーブルカー(Mount Faber Line)

“Siloso Point Station” から引き返して、”Mount Faber Line” に乗り換えて、セントーサ島を後にします。シンガポール セントーサ ケーブルカー3

パラワンビーチ (Palawan Beach) を訪れた時にはうまい具合に天気が回復したのですが、再び雲が多くなってきました 。シンガポール セントーサ1

シンガポール セントーサ2

シンガポール セントーサ3

""

""

""

来るときに利用した”Habourfront Station” では降りず、そのまま乗車し続けます。""

""

""

終点の “Mount Faber Station” に到着。""

マウント・フェーバー・パークのマーライオン

マウント・フェーバー (Mount Faber) は高さ105mの小高い丘で、シンガポール本島で二番目に高い場所になります。周辺はマウント・フェーバー・パーク (Mount Faber Park) として、散策路が整備されています。

駅から西に向かうと、途中過去に使用されていた(?)ケーブルカーの車両が。シンガポール マウント・フェーバー ケーブルカー

マウント・フェーバー・パーク (Mount Faber Park) には、マーライオンもいます。シンガポール マウント・フェーバー マーライオン1

本家マーライオン・パークやセントーサ島の巨大マーライオンは旅行者に屈指の人気スポットですが、ここのマーライオンはほとんど周りに人がおらず。シンガポール マウント・フェーバー マーライオン2

お陰で自由に写真を撮ることができました。シンガポール マウント・フェーバー マーライオン3

またマーライオンのあるフェーバー・ポイント (Faber Point) にはちょっとした展望台もあります。シンガポール フェーバー・ポイント1

シンガポール フェーバー・ポイント2

シンガポール フェーバー・ポイント3

ヘンダーソン・ウェーブ

さらに西へ進み、ヘンダーソン・ウェーブ (Henderson Waves) に到着しました。""

ヘンダーソン・ウェーブ (Henderson Waves) は、長さ274メートルに及ぶ遊歩橋。曲線のデザインが特徴的で、Googleで「シンガポール インスタ映え スポット」等で検索するとしばしば出てきます。

皆さん思い思いに時間を過ごしている感じ。シンガポール ヘンダーソン・ウェーブ1

シンガポール ヘンダーソン・ウェーブ2

""

自分も寝転がり、真上を見上げてみました。""

君は何を思う?シンガポール ヘンダーソン・ウェーブ3

この後真下のHenderson Roadまで降りて、タクシーを捕まえて、次の目的地チャイナタウンへと向かいます。シンガポール ヘンダーソン・ウェーブ4

【まとめ】

という訳で、3日目のセントーサ島のケーブルカーとヘンダーソン・ウェーブの記事でした。

ヘンダーソン・ウェーブ (Henderson Waves) はアクセスにやや難があるため、ガイドブック等ではそれ程取り上げられていない印象ですが、ご覧いただいた通り、波のようにうねった独特の形状は一見の価値があります。夕方以降はライトアップされ、実際ネットで検索するとライトアップされた素敵な写真がたくさん見つかるので、次シンガポールを訪れた時にはライトアップに合わせて再度訪れてみたいなと思います。

次の記事では、3日目のチャイナタウンについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 Sentosa Merlion
2 Merlion station
3 Siloso Point station
4 Sentosa station
5 Mount Faber station
6 Mount Faber Park
7 Henderson Waves

[関連リンク]
Visit Singapore
SENTOSA: Singapore’s Top Tourist Attraction(英語)
Singapore Cable Car(英語)

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。