マカオ旅行 その11 シティー・オブ・ドリームス (City of Dreams)

マカオ シティー・オブ・ドリームス アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬にマカオへ行ってきました。前半はマカオ半島の世界遺産を、後半はコタイ地区のメガリゾートを回りました。この記事では、4日目のシティー・オブ・ドリームスについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 港珠澳大橋経由でマカオへ
* 1日目: リスボア周辺(ライトアップ)
* 2日目: ペンニャ教会など
* 2日目: セナド広場など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、モンテの砦、ラザロ地区など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、セナド広場など(ライトアップ)
* 3日目: サンズ・コタイ・セントラル
* 3日目: ザ・ヴェネチアン・マカオ
* 3日目: ザ・パリジャン・マカオ(ライトアップ)
* 3日目: スタジオ・シティ・マカオ(ライトアップ)
* 4日目: シティー・オブ・ドリームス[今回の記事]
* 4日目: MGMコタイ、ウィン・パレス
* 4日目: ギャラクシー・マカオ
* 4日目: ザ・ヴェネチアン・マカオなど(ライトアップ)
* 5日目: マカオタワー
* 5日目: 帰国へ

【旅行日】
2018年12月14日-18日

【本編】

サンズ・コタイ・セントラルでの朝食(@Rice Empire)

マカオ旅行の4日目です。まずは朝食から。

宿泊しているサンズ・コタイ・セントラルには朝早くから営業しているレストランがいくつかあり、その中から「Rice Empire」というお店に入ってみました。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Rice Empire1

店内の様子。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Rice Empire2

中華を中心としたアジア系のメニュー全般を取り扱っていて、シンガポールの「Hainanese Style Chicken Rice(海南雞飯)」をチョイス。マカオ サンズ・コタイ・セントラル 朝食

「マカオに来てシンガポール料理はどうよ!?」と思わなくもないのですが、少し気分転換も兼ねて注文してみました。

朝のお散歩

マカオ旅行4日目も、3日目同様にコタイ地区のカジノリゾートを回ります。ただ、午前中の早い時間帯だとオープン前のお店も多くて活気があまりないと思われたこと、前日に回ったカジノリゾートは夜しか外観を撮っていなかったことから、まずは昨日訪れたカジノリゾートの外観を改めて軽く撮っていきます。

前日に訪れた順番とは反対に、まずはスタジオ・シティ・マカオ(関連記事)。スタジオ・シティ・マカオ1

スタジオ・シティ・マカオ2

ザ・パリジャン・マカオ(関連記事)。ザ・パリジャン・マカオ1

ザ・パリジャン・マカオ2

ザ・パリジャン・マカオ3

ザ・ヴェネチアン・マカオ(関連記事)。ザ・ヴェネチアン・マカオ1

ザ・ヴェネチアン・マカオ2

ザ・ヴェネチアン・マカオ3

そして宿泊しているサンズ・コタイ・セントラル(関連記事)。マカオ サンズ・コタイ・セントラル

またコタイ地区のメインストリートであるコタイ・ストリップの北端には「路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo)」という円形の陸橋があります。マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo)1

マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo)2

マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo)3

陸橋の上からはコタイ・ストリップ沿いのカジノリゾートを眺めることができます。マカオ コタイ・ストリップ

シティー・オブ・ドリームス散策

ここからは新たなカジノリゾートを回ります。シティー・オブ・ドリームスからスタートで、コタイ地区における位置関係は、次の通り。マカオ コタイ・ストリップ 地図

「シティー・オブ・ドリームス(City of Dreams/新濠天地)」は、2009年オープンのカジノリゾート。コタイ地区にあるカジノリゾートの中では、2007年開業のザ・ヴェネチアン・マカオに続く2番目のカジノリゾートとなります。また、シティー・オブ・ドリームスの運営は、スタジオ・シティ・マカオ と同じ香港の「Melco Resorts & Entertainment」が行っています。

建物外観。マカオ シティー・オブ・ドリームス1

中に入ってみましょう。""

他のカジノリゾートと同様にショッピングモールがありますので、ブラブラとします。""

モールは2フロアーに渡り、一部吹き抜けになっています。マカオ シティー・オブ・ドリームス2

何かシュールな感じですね(笑)。""

レトロな車のオブジェ。マカオ シティー・オブ・ドリームス3

「ダックスフンドかよ!」とツッコミたくなるくらい長い車体です。""

シティー・オブ・ドリームスには4つのホテルがあり、そのうちの1つ「Morpheus」。マカオ シティー・オブ・ドリームス Morpheus1

シティー・オブ・ドリームスのホテルの中では一番新しい2018年オープンのホテルで、前衛的なデザインが特徴です。マカオ シティー・オブ・ドリームス Morpheus2

ご覧の通りロビーは吹き抜けになっており、エレベーターからの眺めは壮観なんでしょうね。マカオ シティー・オブ・ドリームス Morpheus3

カジノリゾートなので、当然カジノもあります。""

が、自分はカジノには一切目もくれずひたすら写真を撮っていました(笑)。""

シティー・オブ・ドリームスの2Fには「SOHO」という飲食店街があるので、ちょっと覗いてみます。マカオ シティー・オブ・ドリームス SOHO1

お昼前ということで営業開始前のお店が多く、スタバがかろうじてオープンしていました。マカオ シティー・オブ・ドリームス SOHO2

ただ、雰囲気は良さげで、再訪する機会があれば次は時間帯を選んで訪れたいと思いました。マカオ シティー・オブ・ドリームス SOHO3

""

マカオ シティー・オブ・ドリームス SOHO4

再び1Fをブラブラと。""

ソフトバンクのペッパー君(Pepper)もいました。マカオ シティー・オブ・ドリームス4

こちらはシティー・オブ・ドリームス内のホテルの1つ「The Countdown Hotel」。マカオ シティー・オブ・ドリームス Countdown Hotel

元々は「Hard Rock Hotel」で、2017年7月にリブランド。ネットで見た記事によると、当初は2018年3月までの期間限定の名称変更で、そこまでのカウントダウン・タイマーをロビーに設置とあったのですが、今でも引き続き継続しているようです!?

その他スナップ。マカオ シティー・オブ・ドリームス5

マカオ シティー・オブ・ドリームス6

""

最後は「Grand Hyatt Macau」のロビーをチラッと見て、次の目的地へと向かいます。マカオ シティー・オブ・ドリームス Grand Hyatt Macau

【まとめ】

という訳で、4日目のシティー・オブ・ドリームスの記事でした。

ここまで回ったコタイ地区のカジノリゾートの印象として、運営会社の個性みたいなものがあると感じました。Las Vegas Sands運営のザ・ヴェネチアン・マカオやザ・パリジャン・マカオは、アメリカ資本の会社らしく「ドーン、どうだ!」と言わんばかりの豪華さを前面に出しているのに対して、同じ系列のシティー・オブ・ドリームスやスタジオ・シティ・マカオは「センスで勝負!」みたいな印象です。シティー・オブ・ドリームスにはホテルが4つあり、価格も高級路線から比較的リーズナブルなものまで予算に応じた選択が可能ですので、次回はここに宿泊するのもありかと思いました!

次の記事では、4日目のMGMコタイ、ウィン・パレスについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 サンズ・コタイ・セントラル
2 スタジオ・シティ・マカオ
3 ザ・パリジャン・マカオ
4 ザ・ヴェネチアン・マカオ
5 路氹連貫公路圓形地 Rotunda do Istmo
6 シティー・オブ・ドリームス

[関連リンク]
マカオ観光局
City of Dreams
Sands Cotai Central
Studio City Macau
ザ・パリジャン・マカオ
ザ・ヴェネチアン・マカオ

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。