マカオ旅行 その12 MGMコタイ (MGM Cotai) & ウィン・パレス (Wynn Palace)

MGMコタイ ウィン・パレス アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬にマカオへ行ってきました。前半はマカオ半島の世界遺産を、後半はコタイ地区のメガリゾートを回りました。この記事では、4日目のMGMコタイとウィン・パレスについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 港珠澳大橋経由でマカオへ
* 1日目: リスボア周辺(ライトアップ)
* 2日目: ペンニャ教会など
* 2日目: セナド広場など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、モンテの砦、ラザロ地区など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、セナド広場など(ライトアップ)
* 3日目: サンズ・コタイ・セントラル
* 3日目: ザ・ヴェネチアン・マカオ
* 3日目: ザ・パリジャン・マカオ(ライトアップ)
* 3日目: スタジオ・シティ・マカオ(ライトアップ)
* 4日目: シティー・オブ・ドリームス
* 4日目: MGMコタイ、ウィン・パレス[今回の記事]
* 4日目: ギャラクシー・マカオ
* 4日目: ザ・ヴェネチアン・マカオなど(ライトアップ)
* 5日目: マカオタワー
* 5日目: 帰国へ

【旅行日】
2018年12月14日-18日

【本編】

前回の続きで、シティー・オブ・ドリームスから移動し、MGMコタイとウィン・パレスを続けて回ります。コタイ地区におけるMGMコタイとウィン・パレスの位置関係は、次の通り。マカオ コタイ・ストリップ 地図

MGMコタイ散策

まずはMGMコタイから。""

「MGMコタイ(MGM Cotai/美獅美高梅)」は、2018年2月にオープンしたカジノリゾート。アメリカの「MGM Resorts International」が運営し、MGMグループにとってはマカオ半島側にある「MGMマカオ(MGM MACAU/澳門美高梅)」(関連記事)に続く、マカオで2つ目のカジノリゾートになります。

早速中に入ってみましょう。""

お洒落なスタバとか。マカオ MGMコタイ1

天上の装飾も見事ですね。マカオ MGMコタイ2

MGMコタイでは中央部分に「視博広場(Spectacle)」という巨大なホールを作り、人が集う空間を作り出しています。""

ホールではLEDディスプレーが壁一面に設置されていて、映像がアニメーションのように流れ、視覚的にも楽しいです。マカオ MGMコタイ3

天上の吹き抜けも開放感に溢れた雰囲気を演出しています。マカオ MGMコタイ4

ここら辺で軽く食事をとることにします。雰囲気良さげな「Janice Wong MGM」というスイーツや軽食メインのお店に入ってみました。マカオ MGMコタイ Janice Wong1

食事が提供されるまでの間、ご丁寧にも新聞や雑誌を持ってきてくれました。マカオ MGMコタイ Janice Wong2

聖ポール天主堂跡では夜7時からプロジェクションマッピングが行われているようで、2日目夜に訪れたものの(関連記事)、開始前に会場を後にしたことを知りちょっと後悔(笑)。""

かわいいワッフルをいただきました。マカオ MGMコタイ Janice Wong3

再び「視博広場(Spectacle)」内をブラブラと。マカオ MGMコタイ5

他のカジノリゾートも大体そうですが、MGMコタイでも施設中央にカジノを配置しています。""

MGMといえばこのライオンのマーク。ちなみにここでもカジノはスルーでw。""

上のフロアーからの眺めも中々です。マカオ MGMコタイ6

""

マカオ MGMコタイ7

""

最後はホテルロビーをチラッと見てマカオ MGMコタイ ホテル1

マカオ MGMコタイ ホテル2

""

MGMコタイを後にしました。マカオ MGMコタイ8

ウィン・パレス散策

MGMコタイの次に訪れたのは、道路を隔てて反対側に位置するウィン・パレス。マカオ ウィン・パレス1

「ウィン・パレス(Wynn Palace/永利皇宮)」は、2016年8月にオープンしたカジノリゾート。アメリカの「Wynn Resorts」が運営し、Wynnグループにとってはマカオ半島側にある「ウィン・マカオ(Wynn Macau/永利澳門)」(関連記事)に続く、マカオで2つ目のカジノリゾートになります。

ウィン・パレスのアトラクションの一つに「SkyCab」というゴンドラがあり、ゴンドラで施設入口まで向かうことになっています。マカオ ウィン・パレス2

という訳で、ゴンドラに乗ります。マカオ ウィン・パレス SkyCab1

幸い前後に乗客がいなかったので、ゴンドラを独り占め。マカオ ウィン・パレス SkyCab2

ただ残念なことに、肉眼で見る景色は良かったものの、この時間写り込みが激しく写真と撮るには不向きでした。""

左からMGMコタイ、サンズ・コタイ・セントラル、シティー・オブ・ドリームス。""

施設入口に到着。マカオ ウィン・パレス SkyCab3

ちなみに施設の前には巨大な池があり、「Performance Lake」という噴水ショーが定期的に行われています。""

ゴンドラで上まで上がってきて、入口に入ったら下に下がる謎のつくり(笑)。""

ウィン・パレスには「The Esplanade」と呼ばれるショッピングモールがあるほか、館内の至る所にアート作品が展示されているので、それらを見て回ります。マカオ ウィン・パレス3

以下、スナップです。マカオ ウィン・パレス4

マカオ ウィン・パレス5

マカオ ウィン・パレス6

マカオ ウィン・パレス7

""

""

グルッと一周したので、ウィン・パレスを後にします。マカオ ウィン・パレス8

コタイコネクション(Cotai Connection)で次の目的地へ

次の目的地であるギャラクシー・マカオへはかなり距離があるので、「コタイ・コネクション(Cotai Connection)」というコタイ地区のカジノリゾートを回る無料の循環バスで移動します。マカオ コタイ・コネクション(Cotai Connection)

ちなみにコタイ地区のカジノリゾートを回る無料の循環バスは2つのルートがあり、上記の「コタイ・コネクション(Cotai Connection)」は、「ギャラクシー・マカオ→ベネチアン→スタジオ・シティ→サンズ・コタイ・セントラル→シティー・オブ・ドリームス→ウィン・パレス」を回り、もう一つ「ギャラクシー・マカオ→スタジオ・シティ→ベネチアン」のルートで回る「コタイ・エクスプレス(Cotai Express)」があります。

【まとめ】

という訳で、4日目のMGMコタイとウィン・パレスの記事でした。

MGMコタイとウィン・パレスは共にコタイ地区のカジノリゾートの中では後発でオープンした施設であるため、メインストリートであるコタイ・ストリップを起点に考えると、ちょっとアクセスが不便かなあと思います。ですので、リピーターはともかく、初めてコタイ地区のカジノリゾートに宿泊する場合には、積極的にはオススメしづらいというのが正直な感想です。

しか〜し、そんな状況を一変させる可能性を秘めているのが、現在建設中で2019年開業予定の地下鉄(Light Rail Transit (LRT) )。""

青丸で囲んだ「Cotai East」駅がMGMコタイやウィン・パレスのすぐ近くで(→実際、駅舎自体の外観はほぼ完成している感じでした)、LRTが開業したら一気に利便性が増して、将来的にはコタイ・ストリップに代わりこちらがコタイ地区の中心になるかもしれません!?

次の記事では、4日目のギャラクシー・マカオについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 MGMコタイ
2 ウィン・パレス

[関連リンク]
マカオ観光局
MGM Cotai
ウィン・パレス

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。