マカオ旅行 その14 コタイ地区カジノリゾートの夕景・夜景

マカオ コタイ カジノリゾート アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬にマカオへ行ってきました。前半はマカオ半島の世界遺産を、後半はコタイ地区のメガリゾートを回りました。この記事では、4日目のコタイ地区カジノリゾートの夕景・夜景について書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 港珠澳大橋経由でマカオへ
* 1日目: リスボア周辺(ライトアップ)
* 2日目: ペンニャ教会など
* 2日目: セナド広場など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、モンテの砦、ラザロ地区など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、セナド広場など(ライトアップ)
* 3日目: サンズ・コタイ・セントラル
* 3日目: ザ・ヴェネチアン・マカオ
* 3日目: ザ・パリジャン・マカオ(ライトアップ)
* 3日目: スタジオ・シティ・マカオ(ライトアップ)
* 4日目: シティー・オブ・ドリームス
* 4日目: MGMコタイ、ウィン・パレス
* 4日目: ギャラクシー・マカオ
* 4日目: ザ・ヴェネチアン・マカオなど(ライトアップ)[今回の記事]
* 5日目: マカオタワー
* 5日目: 帰国へ

【旅行日】
2018年12月14日-18日

【本編】

前回の続きで、「コタイ・エクスプレス(Cotai Express)」でギャラクシー・マカオから宿泊しているコタイ・ストリップ界隈に戻ってきました。マカオ最後の夜ということもあり、コタイ・ストリップ沿いのカジノリゾートをもう一度回っていきます。

スタジオ・シティ・マカオ (Studio City Macau)

まずは3日目最後に訪れた「スタジオ・シティ・マカオ (Studio City Macau)」から(関連記事)。スタジオ・シティ・マカオ

前日訪れた時には既に営業時間外であった、8の字型の観覧車「Golden Reel」に乗ってみます。

幸い前後に他の乗客はいなかったので、観覧車を独り占め。""

観覧車からの眺め。スタジオ・シティ・マカオ Golden Reel1

8の字の外周を描くように上がっていきます。""

観覧車は足下を含めてガラス張りで、高所恐怖症の方は少し怖いかも!?""

少しずつ日が傾いてきました。""

1周約15分弱の搭乗が終〜了〜。""

観覧車を降りた後も間近で写真を何枚か撮りました。スタジオ・シティ・マカオ Golden Reel2

スタジオ・シティ・マカオ Golden Reel3

スタジオ・シティ・マカオ Golden Reel4

再訪する機会があれば、是非次回は夜のライトアップされた状態で乗りたいなあと。

ザ・パリジャン・マカオ (The Parisian Macao)

お次は「ザ・パリジャン・マカオ (The Parisian Macao)」へ。ザ・パリジャン・マカオ エッフェル塔1

ザ・パリジャン・マカオ最大の目玉といえるエッフェル塔には前日の日没直後に登りましたが(関連記事)、まだ日が明るい間の景色も見てみたく、再度エッフェル塔に登りました。ザ・パリジャン・マカオ エッフェル塔2

宿泊しているシェラトンがある「サンズ・コタイ・セントラル (Sands Cotai Central)」。マカオ サンズ・コタイ・セントラル

ホテルステイを重視すれば、ザ・パリジャン・マカオはいい選択肢かもしれません。ザ・パリジャン・マカオ

ここで夕食をとることにします。5Fにフードコートがあり、その中からマカオ料理のストール「AZORES EXPRESS」に立ち寄りました。ザ・パリジャン・マカオ フードコート

ダックライスとエッグタルトを注文。マカオ ダックライス

外に出るとちょうど日が沈んだ直後のいわゆるマジックアワーの時間帯です。ザ・パリジャン・マカオ エッフェル塔 夕景1

日没直後の背景とカラフルなエッフェル塔の組み合わせが素敵ですね。ザ・パリジャン・マカオ エッフェル塔 夕景2

このマジックアワーの時間帯は貴重と思い、スタジオ・シティ・マカオに戻ってみました。スタジオ・シティ・マカオ 夕景1

今回のマカオ旅行での最大の発見は、あまり情報もなくてそれほど期待していなかったスタジオ・シティ・マカオがとても写真映えするとわかったことかもしれません。スタジオ・シティ・マカオ 夕景2

完全に日も落ちて、再びザ・パリジャン・マカオを。ザ・パリジャン・マカオ 夜景

前日は気づきませんでしたが、道路(コタイ・ストリップ)を挟んで向こうから撮るのも絵になります。ザ・パリジャン・マカオ エッフェル塔 夜

ザ・ヴェネチアン・マカオ (The Venetian Macao)

ザ・パリジャン・マカオから北進して、「ザ・ヴェネチアン・マカオ (The Venetian Macao)」へ。ザ・ヴェネチアン・マカオ 夜景1

""

ヴェネチアンと言えば、ベネチアの街並みを再現した館内のショッピングモールが有名ですが(関連記事)、こうして外観を撮るのもいいなあと。ザ・ヴェネチアン・マカオ 夜景2

現在のコタイ地区のカジノリゾートの隆盛は、2007年にヴェネチアンが最初にオープンしたことが出発点で、そういう意味では当時何もなかったこの地にカジノリゾートを開発した Las Vegas Sandsの先見の明には感心するばかりです。ザ・ヴェネチアン・マカオ 夜景3

シティー・オブ・ドリームス (City of Dreams)

お次はヴェネチアンの向かい側にあり、コタイ地区ではヴェネチアンに続き二番目にオープンした「シティー・オブ・ドリームス (City of Dreams)」。マカオ シティー・オブ・ドリームス 夜景1

右手に見える宿泊しているシェラトンのある「サンズ・コタイ・セントラル (Sands Cotai Central)」からもすぐ近く。マカオ シティー・オブ・ドリームス 夜景2

""

シティー・オブ・ドリームスについては、建物中の内装やホテルロビーのデザインが特徴でしたが(関連記事)、建物の外も写真映えします。マカオ シティー・オブ・ドリームス 夜景3

「C」のところに人を交えて。マカオ シティー・オブ・ドリームス 夜景4

シティー・オブ・ドリームスと最初のスタジオ・シティ・マカオは、共に香港の「Melco Resorts & Entertainment」が経営していて、両者に共通するのはデザインのセンスの良さでした。マカオ シティー・オブ・ドリームス 夜景5

路氹連貫公路圓形地 Rotunda do Istmo

この日の朝も訪れましたが(関連記事)、コタイ地区のメインストリートであるコタイ・ストリップの北端には「路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo)」という円形の陸橋があります。

夜なのでシャッタースピードを遅めにして、車の軌跡を出しました。マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo) 夜景1

ただ、複数の車線の合流地点でもあり、車の流れが一定せず、こんな感じで車が残ったりもしました。""

陸橋の上から。マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo) 夜景2

シャッタースピードを短めにして、少しボカした感じでも撮ってみました。マカオ 路氹連貫公路圓形地(Rotunda do Istmo) 夜景3

ギャラクシー・マカオ (Galaxy Macau)

最後、コタイ・ストリップから少し離れた「ウィン・パレス (Wynn Palace)」か「ギャラクシー・マカオ (Galaxy Macau)」のどちらかに行こうと思い、少し悩んだ結果、ギャラクシー・マカオに行ってみました。

ギャラクシー・マカオの最大の目玉は館内の「Fortune Diamond」ですが(関連記事)、夜のライトアップも中々でした。ギャラクシー・マカオ 夜景1

""

ギャラクシー・マカオ 夜景2

最後は「ブロードウェイ・マカオ (Broadway Macau)」との連絡橋を。ブロードウェイ・マカオ 夜景

この後、無料の循環バス「コタイ・コネクション(Cotai Connection)」でサンズ・コタイ・セントラルまで戻り、マカオ旅行の4日目終了です。

【まとめ】

という訳で、4日目のコタイ地区カジノリゾートの夕景・夜景の記事でした。

マカオの観光エリアは、世界遺産のあるマカオ半島側とカジノリゾートが建ち並ぶコタイ地区に大きく分かれ、宿泊はマカオ半島側にして、コタイ地区のカジノリゾートへは日帰りで立ち寄る方も少なくないと思います。ただ、写真を撮る観点で言えば、ライトアップされた夜のカジノリゾートはとても魅力的な被写体です。その場合にはコタイ地区に宿泊した方が何かと便利ですので、可能であればコタイ地区のカジノリゾートに宿泊されることをオススメします!

次の記事では、5日目のマカオタワーについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 スタジオ・シティ・マカオ
2 ザ・パリジャン・マカオ
3 ザ・ヴェネチアン・マカオ
4 シティー・オブ・ドリームス
5 路氹連貫公路圓形地 Rotunda do Istmo
6 ギャラクシー・マカオ

[関連リンク]
マカオ観光局
Studio City Macau
ザ・パリジャン・マカオ
ザ・ヴェネチアン・マカオ
City of Dreams
Galaxy Macau

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。