マカオ旅行 その7 サンズ・コタイ・セントラル (Sands Cotai Central)

マカオ サンズ・コタイ・セントラル アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。12月中旬にマカオへ行ってきました。前半はマカオ半島の世界遺産を、後半はコタイ地区のメガリゾートを回りました。この記事では、3日目のサンズ・コタイ・セントラルについて書いていきます。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 港珠澳大橋経由でマカオへ
* 1日目: リスボア周辺(ライトアップ)
* 2日目: ペンニャ教会など
* 2日目: セナド広場など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、モンテの砦、ラザロ地区など
* 2日目: 聖ポール天主堂跡、セナド広場など(ライトアップ)
* 3日目: サンズ・コタイ・セントラル[今回の記事]
* 3日目: ザ・ヴェネチアン・マカオ
* 3日目: ザ・パリジャン・マカオ(ライトアップ)
* 3日目: スタジオ・シティ・マカオ(ライトアップ)
* 4日目: シティー・オブ・ドリームス
* 4日目: MGMコタイ、ウィン・パレス
* 4日目: ギャラクシー・マカオ
* 4日目: ザ・ヴェネチアン・マカオなど(ライトアップ)
* 5日目: マカオタワー
* 5日目: 帰国へ

【旅行日】
2018年12月14日-18日

【本編】

グランド・リズボアで朝食

マカオ旅行3日目です。まずは朝食から。

前日は宿泊しているホテル・リスボアの「Noite e Dia Café(不夜天Café)」で朝食をいただきましたが(関連記事)、この日はお隣りのグランド・リズボアにある「Round-The-Clock Coffee Shop」で朝食をとることにしました。マカオ グランド・リズボア Round-The-Clock Coffee Shop

「Round-The-Clock Coffee Shop」は前日の夕食で訪れ(関連記事)、味や雰囲気などが気に入ったので、再訪しました。

「Round-The-Clock Coffee Shop」での朝食はよくあるビュッフェ形式ではなく、「American Breakfast」「Continental Breakfast」「Chinese Breakfast」のコースメニューとアラカルトメニューからとなっていて、「Chinese Breakfast」を選択。マカオ グランド・リズボア Round-The-Clock Coffee Shop 朝食

ホテルの宿泊代金からするとレストランは比較的リーズナブルで、それでいてサービスはしっかりした感じでしたので、満足です。

ホテル・リスボアをチェックアウト

この日はホテルを移るので、マカオ旅行の前半に宿泊したホテル・リスボアをチェックアウトします。

マカオと言えばカジノで、老舗のホテル・リスボアももちろんカジノが併設されていますが、自分の場合「旅行写真を撮ること」が目的ですので、結局は一度も立ち入りませんでした(笑)。マカオ ホテル・リスボア カジノ

ホテル・リスボアをチェックアウト。マカオ ホテル・リスボア

ホテル・リスボアについて簡単に総括すると、「マカオ半島側で立地とコスパで選ぶとすると、有力な選択肢になるのでは?」と思います。まず世界遺産散策をする上で便利で、例えば、セナド広場までは歩いて約10分と抜群の立地です。また宿泊代金は、お隣りのグランド・リズボアの半分程度です(確かに後からできたグランド・リズボアに比べるとゴージャスさでは引けを取りますが)。ホテル・リスボアとグランド・リズボアは連絡通路でつながっていて、「宿泊はホテル・リスボアにして、食事はグランド・リズボアにも行ってみよう」といったことも容易ですので、コスパ重視であればオススメできるとかと。

コタイ地区へ移動

旅の前半は世界遺産を中心としたマカオ半島側に滞在しましたが、後半は近年開発が著しいコタイ地区へと舞台を移します。日本に比べてタクシー代の安いマカオなので、タクシーで移動するのが効率的ですが、時間に余裕があるため、無料のシャトルバスを乗り継いで移動することにします。

まずはホテル・リスボアのシャトルバスに乗ります(→実際は後ろに写っているバンでした)。正面のドアマンはとてもお喋り好きで、バスを待つ間ひたすら話しかけてきました(笑)。マカオ ホテル・リスボア ドアマン

約10分ほどでマカオ半島側のフェリーターミナル「Outer Harbour Ferry Terminal(外港客運碼頭)」に到着。マカオ Outer Harbour Ferry Terminal

今度はマカオ旅行後半の滞在先「サンズ・コタイ・セントラル(Sands Cotai Central/金沙城中心)」行きのシャトルバスに乗ります。マカオ サンズ・コタイ・セントラル シャトルバス

サンズ・コタイ・セントラル

約20分ほどでサンズ・コタイ・セントラルに到着。""

サンズ・コタイ・セントラルは2012年にオープンのカジノリゾート。名前から想像できる通り、アメリカのラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)が施設を運営していてます。

コタイ地区は目抜き通りのコタイ・ストリップ(Cotai Strip)を中心にカジノリゾートが建ち並び、サンズ・コタイ・セントラルはちょうど真ん中に位置することから、周辺のカジノリゾートを回るのにうってつけのロケーションにあります。マカオ コタイ・ストリップ 地図

またサンズ・コタイ・セントラルにはコンラッド(Conrad)、シェラトン(Sheraton)、ホリデイ・イン(Holiday Inn)、セントレジス(St. Regis)の4つのホテルがあり、このうちシェラトンとホリデイ・インは周辺のカジノリゾートの中でも比較的リーズナブルな料金設定で、今回の宿泊日程ではより安価なシェラトンに宿泊することにしました。

ホテルのレセプションで確認したところ午後1時からチェックイン可能とのことでしたので、それまでサンズ・コタイ・セントラル内を散策することにします。

建物1F〜3Fが「Shoppes at Cotai Central」というショッピングモールになっています。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Shoppes at Cotai Central1

マカオ サンズ・コタイ・セントラル Shoppes at Cotai Central2

""

""

マカオ サンズ・コタイ・セントラル Shoppes at Cotai Central3

マカオ サンズ・コタイ・セントラル Shoppes at Cotai Central4

サンズ・コタイ・セントラルにはカジノが2箇所あり、以下はそのうちの一つ(→結局は立ち寄ることはありませんでしたがw)。マカオ サンズ・コタイ・セントラル カジノ

最近アップルストアもオープンしたそうです。マカオ サンズ・コタイ・セントラル アップルストア1

マカオ サンズ・コタイ・セントラル アップルストア2

マカオ サンズ・コタイ・セントラル アップルストア3

マカオ サンズ・コタイ・セントラル アップルストア4

宿泊するシェラトン以外のホテルも少し覗いてみます。こちらはホリデイ・イン。マカオ サンズ・コタイ・セントラル ホリデイ・イン(Holiday Inn)

コンラッド(→宿泊代金が高くて手が出ないw)。マカオ サンズ・コタイ・セントラル コンラッド(Conrad)

セントレジス(→同じくw)。マカオ サンズ・コタイ・セントラル セントレジス(St. Regis)

館内にはお土産屋さんもいくつかあり、滞在中にどこかで立ち寄ろうかと思います。""

お洒落なマックカフェなんかもあります。マカオ サンズ・コタイ・セントラル マックカフェ

また常設のシアターもありました。マカオ サンズ・コタイ・セントラル シアター

Koufuで昼食

そろそろお昼をと思い、3Fにフードコート「Koufu(口福)」へ。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)1

シンガポール在住者又は在住経験者であれば「あれ、Koufu?」と思うかもしれませんが、Koufuはシンガポールのフードコート運営会社。有名な所だと、マリーナ・ベイ・サンズのフードコート「Rasapura Masters」などもKoufuが運営しています。そんなKoufuがマカオにもあると知り、訪れてみました。

店内はやはりアジア系のお店がメインです。例えば、シンガポール料理のストール。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)2

台湾料理のストール。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)3

中華。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)4

ドリンクコーナー。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)5

そしてマカオ・ポルトガル料理のストール。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)6

「Koufuなのでシンガポール料理にしようかな?」とも思ったのですが、結局は上のマカオ・ポルトガル料理のストールでお肉料理を注文。ただ、びっくりするくらい無愛想で、お釣りを投げつけるように返すなど店の人の感じがあまり良くなかったので、ちょっと後悔(苦笑)。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)7

時間が進むにつれて混んできたので、タイミングを見計らった方がいいかもしれません。マカオ サンズ・コタイ・セントラル Koufu(口福)8

シェラトングランド・マカオホテルにチェックイン

この後も適当にブラブラし、午後1時になったのでチェックインへと向かいます。宿泊する「シェラトングランド・マカオホテル(Sheraton Grand Macao Hotel)」は4,001室の客室数を誇り、これはマカオのホテルの中でも、またシェラトンホテルを運営するスターウッドグループの中でも最大だそうです。

元々スターウッドグループの「Starwood Preferred Guest」のアカウントを持っていて(*)、公式サイトから予約したので、専用のラウンジ(カウンター)でチェックイン。""
*:スターウッドグループは2016年4月にマリオットグループ傘下となり、2018年8月からポイントの統合が始まりました。記事を書いている2019年1月には名称も「Marriott Rewards」になっていて、さらに2019年2月中旬からは「Marriott Bonvoy」という新しい名称になるそうです。

一番グレードの低いお部屋ですが、自分には十分過ぎるくらい。シェラトングランド・マカオホテル(Sheraton Grand Macao Hotel)

この後、連絡通路を渡ってザ・ヴェネチアン・マカオへと向かいます。""

【まとめ】

という訳で、3日目のサンズ・コタイ・セントラルの記事でした。

サンズ・コタイ・セントラルについては、同じくラスベガス・サンズの運営でこの後回るヴェネチアンやパリジャンなどに比べると、施設自体のエンターテインメント性は少し弱いかもしれません。ただ、コタイ地区のカジノリゾートをはしごして回る上ではロケーションが良く、またホテルもより高級なもの(コンラッド、セントレジス)から比較的リーズナブルなもの(シェラトン、ホリデイ・イン)まで選択肢の幅があるので、そういった点ではオススメできると思います!

次の記事では、3日目のザ・ヴェネチアン・マカオについて書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1 ホテル・リスボア
2 マカオフェリーターミナル
3 サンズ・コタイ・セントラル

[関連リンク]
マカオ観光局
Grand Lisboa Macau
Hotel Lisboa
Sands Cotai Central
シェラトングランド・マカオホテル

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。