韓国ソウル旅行 その3 ライトアップが煌びやかな夜の明洞散策

ソウル 明洞 夜 アイキャッチ画像

【はじめに】

kosuです。9月上旬に韓国のソウルへ行ってきました。天候面ではまったく恵まれませんでしたが、食事は美味しく、親切な人が多くて楽しめました。また旅行手配直後から日韓関係が悪化して「旅行しづらいのでは?」という懸念も杞憂に終わりました。この記事では、1日目の夜の明洞散策について書いていきます。夜の明洞は屋台の営業も始まり、昼間以上に賑やかな雰囲気でした。

【訪れた場所(記事のシリーズ)】
* 1日目: 金浦国際空港へ
* 1日目: 明洞
* 1日目: 明洞(ライトアップ)[今回の記事]
* 2日目: 国立中央博物館
* 2日目: 戦争記念館
* 2日目: 東大門
* 2日目: 東大門(ライトアップ)
* 3日目: 景福宮
* 3日目: 国立現代美術館など
* 3日目: ソウル駅
* 3日目: ソウル駅(ライトアップ)
* 4日目: COEXアクアリウム・ピョルマダン図書館
* 4日目: ロッテワールド
* 4日目: ロッテワールド(ライトアップ)
* 5日目: パラダイスシティ
* 5日目: 仁川国際空港から帰国&成田空港で一夜

【旅行日】
2019年9月5日-9日

【本編】

王妃家の牛カルビ定食

前回の続きで、ホテルに一旦戻って少し様子を見たら雨が小降りになってきたので、再び明洞散策に繰り出します。

まずは夕食から。ホテル近くの「王妃家」というお店に入りました。ソウル 明洞 王妃家1

店内の様子。ソウル 明洞 王妃家2

前菜として、おかずがたくさん。韓国料理 おかず

メインとして注文した牛カルビ定食。韓国料理 牛カルビ定食

定食にはチゲまでついてきて、これは想定していなかったので、お腹いっぱいです。韓国料理 チゲ

「王妃家」もそうですが、前の記事で訪れた「古宮」、さらには空港のコンビニにおいても、ソウルの若い店員の方は英語でコミュニケーションがとれる人が多いですね〜。5月の上海旅行では、空港やホテル以外ではあまり英語が通じなかったので、余計にそう感じました。

夜の明洞散策

食事が終わりお店を出ると、雨があがっていました。傘を差さずに回れるので、助かります。""

雨が止んだせいか、昼間よりも人が多いです。ソウル 明洞 夜 ライトアップ1

メインストリートも煌びやかに。ソウル 明洞 夜 ライトアップ2

近くには猫カフェもあり、着ぐるみを着た人がチラシを配っていました。""

ペコちゃんとか。ソウル 明洞 夜 ライトアップ3

夜の明洞の特徴として、通りには屋台が並びます。ソウル 明洞 屋台1

ソウル 明洞 屋台2

ソウル 明洞 屋台3

昼間も訪れた明洞聖堂に再びやって来ました。ソウル 明洞聖堂 夜 ライトアップ1

夜はライトアップされて、より厳かな雰囲気に。ソウル 明洞聖堂 夜 ライトアップ2

""

東南アジアでよく見かける「The Coffee Bean」は、ソウルにもあるんですね。""

「OLIVE YOUNG」というドラッグストアの前では、踊り(?)が披露されていました。""

ここからはショッピングモールが集まる一帯を。まずは「NOON SQUARE」。ソウル 明洞 NOON SQUARE

若者向けの「ロッテ・ヤング・プラザ」。ソウル 明洞 ロッテ・ヤング・プラザ

一方で「ロッテ百貨店」は高級感に溢れています。""

ソウル 明洞 ロッテ百貨店1

ソウル 明洞 ロッテ百貨店2

何やらやけにレトロな建物を発見。韓国銀行 貨幣金融博物館1

こちらは1912年に建設された旧朝鮮銀行本店で、現在は韓国銀行の貨幣金融博物館として一般公開されているそうです。韓国銀行 貨幣金融博物館2

その他スナップ。""

ソウル 明洞 夜 ライトアップ4

""

""

最後は「LINEフレンズ フラッグシップストア」の巨大なブラウンを。ソウル 明洞 LINEフレンズ フラッグシップストア

この後ホテルに戻り、韓国ソウル旅行の1日目が終了です。

【まとめ】

という訳で、1日目の夜の明洞散策の記事でした。

明洞は夜になると屋台の営業も始まり、昼間以上に賑やかな雰囲気でした。特にショッピングモールが集まる一帯はショーウィンドウもライトアップされて、写真を撮る観点でもそこかしこに魅力的な被写体に溢れています。ソウル最大の繁華街である明洞を訪れる機会があれば、是非昼と夜の両方を過ごすことをオススメします!

次の記事では、2日目の国立中央博物館について書いていきます。以上、kosuでした。

[地図]

1. 王妃家
2. 明洞聖堂
3. NOON SQUARE
4. ロッテ・ヤング・プラザ
5. ロッテ百貨店
6. 韓国銀行 貨幣金融博物館
7. LINEフレンズ フラッグシップストア

[関連リンク]
Visit Seoul – ソウル市観光公式サイト

↓よろしければSNSでのシェアしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。